2011年02月11日

ネゲヴに新入植地建設で生来のベドゥイン・コミュニティをユダヤ領域に置き換える

2011年02月07日月曜日
Tania Kepler
the Alternative Information Center (AIC)

Carmit新ネゲヴ入植地の最初の住宅区画が、今週発売された。

 ネゲヴとガリラヤで入植地建設を進める、Or Movementの代表は、Carmitが「英語圏からの富裕移民」のための町として広告されていたと語った。

「来ることになっているイギリス・アメリカ・南アフリカ共和国の80家族がある」と、Or Movement共同設立者、Roni Flamerは、2010年3月に述べた。

(略)

 最初の116区画が、現在市販されており、居住者たちは、2013年に、最初の地区に移ると思われている。入植地は、それぞれが1.5エーカーの面積に建つ、戸建て住宅2,500戸以上での構成が意図されている。

(略)

「すべてのための生活条件改善」計画は、その地域生来のベドゥイン・コミュニティを除く。

(略)

 ベドゥインの土地収用は、止まなければならない。ネゲヴに家を購入する外国人たちは、彼らが、他の人たちをその人たちのものから追い出したと気づかなければならない。イスラエルは、ベドゥインが、イスラエル国が存在する前から、彼らがその土地で営んできた伝統的生活の権利を持ち、破壊と非-承認の心理作戦は続け得ないと認めなければならない。

全文:the Alternative Information Center (AIC)

アーカイヴ:「入域審査委員会」法案が承認準備(02月06日)


posted by mizya at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがガザの医療支援物資倉庫を爆撃

2011年02月09日水曜日

独占写真

 イスラエル航空機は、2月9日水曜日早くから、ガザ回廊に多くの空襲を実施し、ガザ市の医療支援物資倉庫を破壊した。襲撃は、真夜中過ぎまもなく始まり、北はジャバリヤから南はエジプトとの国境、ラファまで、回廊中のあちこちを襲った。

 炎は、消防士とヴォランティアたちが、医療品と支援物資を救助しようとした、朝の早い時間を通し猛威をふるった。倉庫に隣接した大工の作業所もまた、爆撃で影響を被った。

 緊急業務のプレス報道官、アブ・アドハムは、イスラエルの爆弾により、子どもふたりと婦人3人を含む、市民8人が負傷したと語った。負傷者は、ガザ北部のカマル・アドゥワン病院に運ばれた。アブ・アドハムは、領域への継続的イスラエルによる封鎖で、ガザ回廊で、医薬品と医療品の既に深刻な不足があると指摘した。彼の判断で、空爆は、一般市民をさらに抑圧する目論見で、医薬品倉庫を標的とした。イスラエルF-16戦闘爆撃機はまた、ガザ市の南東、空の埋立て地にミサイル2機を発射した;死傷者は報告されていない。男2人が、ガザ回廊南部で負傷した。

原文と画像8点:Middle East Monitor

関連記事:「ガザ攻撃でパレスチナ人10人負傷」Ma'an News Agency
2011年02月09日水曜日

     「PFLPの派がイスラエル軍用ジープを砲撃したと語る」Ma'an News Agency
2011年02月09日水曜日

ガザ市 (Ma'an) -- パレスチナ解放人民戦線の武装派、アブ・アリ・ムスタファ旅団は、闘士たちが、水曜日午前、ガザ市の東、アッシュジャイヤ地区のイスラエル軍用ジープに発射体を発砲したと語った。

先行記事:「イスラエル軍がガザ北部襲撃」Ahlul Bayt News Agency
2011年02月08日

ガザ (Ahlul Bayt News Agency) - イスラエル占領軍 (IOF) は、激化する発砲の中、ベイト・ラーヒア町に近いガザ回廊北部に、500メートル前進したと、地元筋は報告した。

アーカイヴ:2011年2月9日、イスラエルが故意にガザの医療品供給建物を爆撃 - ケン・オキーフ(02月10日)
posted by mizya at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者活動家がヘブロン訪問中のスペイン外務大臣を口汚く罵る

2011年02月08日火曜日
Circarre Parrhesia - IMEMC & Agencies

ヘブロン訪問中の月曜日、スペイン外務大臣、Trinidad Jiménezは、彼女が会うのに同意していた入植者グループからの悪態のほとばしりに遭遇した。

225pxtrinidad_jimnez_2.jpg

 入植者活動家、Itamar Ben-Gvirは、イブラヒミ・モスクを離れた時、Jiménezに、「反-セム人」「イスラエル嫌い」と怒鳴り、「出ていく」べきと彼女に告げた。

(略)

 現在、ヘブロンのH2地区は、シュハーダ通りと旧市街の店舗の多くの閉鎖で、殆どが貧困に生活するパレスチナ人30、000人が住む。その地区はまた、500人ほどの入植者らに居住され、入植者一人当たり、イスラエル軍兵士およそ4名を都市に配置させる。

(略)

全文:International Middle East Media Center

関連記事(イスラエルヴァージョン):「右派がスペイン外務大臣を『反-セム人』と呼ぶ」Ynet news.com
Yair Altman
2011年02月08日

 英語で、anti-Semiteは、日本語で「反ユダヤ主義」とか「反ユダヤ主義者」と訳される。この記事のようにユダヤ人から発せられることが殆どだから、と、思う。しかし、Semiteはセム人、セム系民族を指すのであって、ユダヤ人ばかりを指すわけではない。アラブ人もセム系民族だから、「anti-Semite」とユダヤ人がパレスチナ人に叫ぶなら、「そんなことはない、わたしたちとてセムなのだから」と応じる。あるいはユダヤ人入植者らに「anti-Semite」と投げ返すことだってできる。Arb(アラブ)とAbr(アブル/ハブル)- セム系言語は母音表記をしなかったか省略していたので - は同根の民族なのだ。現代イスラエルに住むユダヤ人たちは果たしてセム系民族だろうか。
posted by mizya at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。