2011年02月12日

アイルランドのアーティストたちがガザ船資金集め着手に協力

2011年02月10日

Stephen-Rea-Ian-West-PA-Wire-310x415.jpg
俳優、スティーヴン・レイ
Image: Ian West/PA Wire

 俳優、スティーヴン・レイを含む、アイルランドのアーティスト集団は、アイルランド船が、今年の国際ガザ小艦隊に加わるのを援助する資金集めのプロジェクトを開始した。

 船上でのイスラエル軍との衝突で、活動家9人が死亡した、昨年の不幸な自由小艦隊の一周年記念と一致する5月末、「自由小艦隊 2」と称される船は、支援物資を運びガザ回廊支持を試みるだろう。

 レイは、美術家たち、Robert Ballagh、 Felim Egan、Guggi、Pat Harrisが開始する資金集めプロジェクトに加わるだろう。

 指導的美術家4人のそれぞれが、限定版版画に刷られ、番号がつけられ署名されて、オンラインで購入可能の、彼らの美術作品を寄付する。

(略)

全文:the journal.ie


posted by mizya at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナブルスの主要検問所撤去

2011年02月11日

ナブルス (Ma’an) -- ナブルス知事、ジェブリン・アル-バクリは、パレスチナ自治政府連絡当局から、イスラエル軍が、即刻、フワラ検問所とベイトフリク検問所の施設の撤去を始めるだろうと知らされた。

 アル-バクリは、知らせが、木曜日の朝早く届き、解体は、コンクリートブロックと遮断の何十かの撤去を含むだろうとMa'anに語った。彼は、ナブルス南部、ザタラ検問所での制限もまた、緩和されると語った。

 発表は、アル-バクリが語ったところでは、西岸北部を通した移動の自由なしに、経済発展は不可能と語り、イスラエル当局との8カ月の交渉の後に現れた。

 2008年まで、ナブルスは、検問所とバリケードの連続により、本質的には封鎖された。ナブルス-登録車は以前、かつて西岸の経済首都であったところへ/からの窒息させられる旅、長時間待つ悪名高いフワラ検問所を経由して地域を離れることから妨げられた。

(略)

 ベイトフリク検問所は、ナブルス住民を、本質的には封鎖して、都市を出る代替道路使用から妨げた。

 検問所撤去は、大都市間を旅するパレスチナ人の移動の自由をかなり緩和する一方、ナブルス地方だけで、検問所6ヵ所、部分的検問所3ヵ所、主要道に繋がる道路の出口を塞ぐ盛り土33ヵ所、バリケード8ヵ所、5,400メートルの堀と3,363メートルの土壁が、自由な移動を妨げる。

 人道問題調整事務所の国連職員は、継続的入植者専用道路の建設、入植地拡張、そしてパレスチナ人の、入植地と軍事施設の周りの西岸へのアクセスを促進する代替道路網創設は、その領域で入植地を固めるためにしか機能しないと警告した。

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベドゥイン村、アラキブの女・子どもが彼らの家屋16回目の破壊への沈黙の抗議で打たれる

2011年02月10日木曜日
Tania Kepler
the Alternative Information Center

 ベドゥイン村、アル-アラキブの女と子どもたちは、彼らの家屋資産に対する16回目の破壊を止める試みで、木曜日午前(2月10日)、イスラエル軍により打たれ、ガスを見舞われた。

Al_Araqib_2.jpg
今朝、アラキブでの破壊 (photo courtesty of Negev Coexistence Forum)

 イスラエル軍とユダヤ民族基金 (JNF) 労働者らは、ベドゥイン村に入り、住民の家屋を再び破壊、「平和の森」植林のための土地の準備を続けた。

 住民と活動家たちが、彼らの仕事を止めようと試みると、JNF労働者らとイスラエル警察は武力で攻撃した。女と子どもたちが、彼らの踏みにじられた市民権の表現として、皆イスラエル身分証明書を掲げながら、警察やブルドーザの前に立ち、通るのを阻止する一方、村の男たちは、捕らえられるか拘束された。警察はげんこつと催涙ガスで彼らを攻撃した。

 女4人と子ども2人、住民の6人が、ベールシェバのSoroka病院に入院した。その日遅く、女2人は入院したままだ。

(略)

全文と画像3点:The Alternative Information Center

「平和の森」のネーミング、土地を奪うために森にして、しかし、この領域の水の枯渇のスピードを考え合わせるなら、森は不可能だろう、だからこのネーミングは二重に欺瞞なのだ。

アーカイヴ:「福音主義者」による支持のユダヤ民族基金 (JNF) がネゲヴに植林(2010年11月21日)
posted by mizya at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Al Jazeera English: Live Stream

Al Jazeera English: Live Stream

 アルジャジーラのライヴ・ストリームをみている。ムバラク後のエジプト、ことさら米国との関係の行方を報じている。米国は相変わらず、エジプトのイスラエルとの関係維持を強制するつもりらしい。

追記:[エジプト革命]についてはこちら:イルコモンズのふた。
posted by mizya at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WHO:ガザの薬品不足は健康への「深刻な」危機

2011年02月09日水曜日

エルサレム (Ma'an) -- 世界保健機関報告は、ガザ回廊の基本的薬品の入手可能性を調べる調査に従事し(? - 原文参照)、「深刻な健康危機」を見いだした。

 薬品の入手不可能性への対処で、医師たちは時々、より効果の薄い、あるいはより悪い副作用のある代替薬品を処方すると、報告は述べた。他の場合で、患者たちは、診療所で入手不可能な薬品のため、独自にNGOにアプローチしなければならない。

 報告は、制癌剤、腎不全患者の薬品、先天性心疾患あるいは臓器移植患者の免疫抑制剤ということになれば、問題は最も過酷と述べた。

 ガザの保健省職員は、過去数年間、繰り返し不足を主張してきたが、主張は、通常、封鎖の沿岸飛び地への薬品大規模輸送を含む要請への、パレスチナ自治政府の応答により、緩和されてきた。

 WHO報告はしかしながら、基本的薬品の38パーセントが、2011年早い時点で、ガザでの在庫が切れると見いだした。国際機関は、調査に、最低在庫量レベルとして薬品の1カ月供給を仮定する、世界的に受け入れられた基準を使用した。

 調査官たちは、ガザでの、基本的健康管理の40パーセント、病院での治療業務の80パーセントを提供すると報告が述べた、保健省の施設すべてに、不足は影響を及ぼすと見いだした。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。