2011年02月20日

軍がエルサレムの屋上を占拠して家族が追い出される

Jillian Kestler-D'Amours
The Electronic Intifada
2011年02月18日

110218-kestler-d_amours.jpg
イスラエル警察とパレスチナ人若者間の衝突で火のついたシルワンの家、2011年1月 (Anne Paq/ActiveStills)

 最近の夜、イスラエル軍が、被占領東エルサレム、戦陣化したシルワン地区の屋根の上の彼らの持ち場に向かったとき、階段5階分を踏み鳴らす重いブーツの音が、アパート全体に鳴り響いた。

「(パレスチナ人若者とイスラエル兵士らの間で)衝突があるかもしれないが、軍が家を占拠する権利があると意味しない」と、4人の子のパレスチナ人父親、アビド・アブ・ラムズは語った。兵士らを一目見ようと子どもたちが正面玄関の扉に急いで移動した。

(略)

「洗濯したいなら、わたしたちは階段でしなければならない。警察からの許可証がある場合のみ、技術者だけが今、(屋上に)昇ることができる」と、アブ・ラムズは説明した。

 少なくとも5カ月というもの、イスラエル軍は、シルワンのバテン・アル-ハワ地区中心にある -- モスク同様、別々の7家族、合計69人の住居である -- アブ・ラムズの建物の屋上に配置されてきた。

 1カ月前、兵士らが、エルサレム地区の警察署に彼を招き、2つのオプションを提示したとアブ・ラムズは語った:「(彼に)屋上の賃料を払うか、裁判所に行き、ただで使用する(許可を得る)」かどちらかだ、と。

 彼は、裁判所に行くよう告げた。そして、2月7日、イスラエル軍は、テルアヴィヴのイスラエル防衛省(防衛省は裁判所ではない - mizya)から、2012年8月まで、彼らの見張り基地として建物屋上を使用する許可を受けた。

「イスラエルの人々は、彼らが子供たちをどこに送っているか知らない。彼らの子供たちは険悪な方法で振る舞っている」と、アブ・ラムズは語った。大きな銃声が上から鳴り響いた。

(略:長いので:ストレスからくる流産、子どもたちの心的外傷などが語られ、子どもたちを護るためにこの建物を離れざるを得ない心情が述べられる)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:イスラエル軍がシルワンで屋上占拠(02月14日)


posted by mizya at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル国防軍はヨルダン渓谷の地雷除去を誇大宣伝するが主たるゴランは危険のまま残る

2011年02月18日

境界沿いの地雷の殆どは対人地雷で、それらは除去されていない。
Anshel Pfeffer

 イスラエル国防軍工作兵団は、ヨルダン渓谷での地雷除去のペースを加速した。

 地雷は、30年から40年前、イスラエルが東戦線で敵対的活動を恐れ、国境フェンスと実際の国境(1.5キロメートル程離れた、ヨルダン川)の間に埋められた。ゴラン高原でも、シリアとの戦争で、何百もの地雷原がまだ防衛線の一部を形成する。

1673414503.jpg
この土地が地雷原:今週前半、ヨルダン渓谷の地雷原を除去する兵士ら。地雷7,000個が昨年除去された。
Photo by: Tomer Appelbaum

 イスラエル国防軍は、比較的撤廃容易な、対戦車地雷のみを除去しているが、その領域の地雷の90パーセント以上は対人地雷だ。

(略)

 イスラエル国防軍は、国境沿いの正確な地雷の数を明らかにしないだろうが、中央司令部消息筋は、250キロメートルに及んで埋められた地雷は、35万から40万の間と語る。

 ヨルダンとの1994年の平和条約後、地雷はもう、イスラエル治安に必要でなく、その領域での農耕と観光への危険な障害となった。2004年、時のGOC中央司令部少将、Yair Navehは、地雷除去の開始を決めたが、最近、地雷除去のペースは加速された。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ヨルダン渓谷のイスラエル併合がパレスチナを搾取して干上がらせる(2010年10月02日)

 イスラエル軍が、少なくてもヨルダン渓谷(被占領西岸)で地雷除去に精を出すのは、パレスチナ人に土地を返却するつもりでなく、ユダヤ人入植地の入植者らが農業できるようにするためである。でも違法入植地の産品を誰が買うのだろう。
posted by mizya at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大使館:パレスチナ人学生たちはエジプトに戻ることができる

2011年02月17日木曜日

カイロ (Ma'an) -- パレスチナ人学生たちは、春の学期に登録されるなら、エジプトに入ることができるだろうと、木曜日、職員は語った。

 パレスチナ人たちは、政権の倒れる前、当局が権力にしがみついて戦った2月7日以来、エジプト入りを禁止されてきた。

 カイロのパレスチナ大使、バラカット・アル-ファラは、今年、学生たちの入域を確保するため、大使館が介入したと語った。

原文:Ma'an News Agency

 ムバラク政権を倒して得た効果、その一、といったところ。
posted by mizya at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連が入植地決議投票に着手;米国は拒否権準備

2011年02月18日

米国は、決議に反対する唯一の安全保障理事国だ;入植地に関するワシントンの姿勢と衝突しない言葉選びにも拘らず、決議が通過するなら、和平会談更新への障害になると恐れる。
Barak Ravid、Natasha Mozgovaya、Shlomo Shamir

 国連安全保障理事会は、今日、西岸のユダヤ人入植地を違法であり、二国家解決の障害と言明する、アラブ諸国とパレスチナ自治政府によりもたらされた決議について投票すると思われる。合衆国は、バラク・オバマ大統領が2年前就任して以来、そうした行動の最初となる、決議に拒否権を行使すると思われる。

 拒否権を行使するのを避けるため、オバマ政権は、安全保障理事会代表職からの入植地活動を非難する拘束力のない声明と追加の外交的誘因に賛成し、パレスチナが決議を引き上げるよう説得を試みた。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ライス:「論争の余地ない」イスラエルの合法性(02月18日)

 米国が「拒否権」行使を避けたいのは、イスラエル/パレスチナ問題の仲裁者としての正当性を持ち合わせていないと宣言するようなものだからだ。もちろん、パレスチナ問題に関わってきた人びとにとって、米国は常に、仲裁者として不当だったが、拒否権行使により、もっと広く、その不当が明らかとなる。だから、米国が拒否権を行使しないことが望ましいにしろ、行使したところで、米国の負けなのである。
posted by mizya at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロー・キティがアーリヤーをなす

そのイメージがヨーロッパで28万個の製品に使用されてきた日本架空のキャラクターは、新チェーン店の一部として正式にイスラエルに着地する。

Shoshana Chen
2011年02月18日

(本文翻訳省略)

全文:Ynet news.com

 Ynetの記事のタイトル、ハロー・キティがアーリヤーをなす、つまり「キティ」はユダヤ人ならぬユダヤ猫だった、と解釈できる。う〜ん、キティのキャラクターのついたものなんて持っていない。無印良品の寝具やカーテンは使っていたけれど(イスラエルへの出店を止めたので今も使っている)。
 記事を読むと、携帯電話会社(オレンジといった)やテレビゲームとのフランチャイズ、記事の中でフランチュアイザー(サンリオ)は「何も作る必要はない」と語る。ダウンロードされるとフランチャイザー/チャイジーとも儲かる、というわけなのだ。このような商売に対するBDS運動の形態をわたしたちも模索しなければならない。アーリヤーをなすからにはハロー・キティ、黒いドレスに黒のリボン?
posted by mizya at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。