2011年02月22日

ガザ住民のエジプト入域にラファ検問所が開く

2011年02月20日日曜日

ガザ市 (Ma'an) -- ラファ検問所は、火曜日に始まるガザ住民のエジプト入りのため開くだろうと、パレスチナ検問所職員は語った。

 パレスチナ人300人ほどが、毎日、エジプトに渡ることができると、日曜日、ガザ職員は語った。

 エジプトは、金曜日夜、エジプトに足留めされていたパレスチナ人がガザに戻るため、ラファ検問所を再開した。ターミナルは、元指導者、ホスニ・ムバラク打倒を導いたエジプトの反乱の間、3週間以上閉じられてきた。

 金曜日以来、ガザ住民およそ850人が家に戻ったと、検問所スタッフは語った。

 カイロのパレスチナ大使、バラカト・アル-ファラは、エジプト当局が非常に協力的で、旅行者の滑らかな通過を容易にするための本格的対策をとったと語った。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イスラエルの孤立はヨーロッパとの経済的結びつきに影響するかもしれない」

国の官僚は、安全保障理事会での入植地建設を非難するパレスチナの努力の、ヨーロッパ諸国の支持に続き、政治的孤立を警告する。「入植地建設のすべての入札が、我々をヨーロッパから遠ざける。諸国のいくつかは、イスラエル製品をボイコットし、物事は悪化し得る」と、ある官僚が語る

Attila Somfalvi
2011年02月20日

(本文歩役省略)

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガッサーン・アル-マスリ:米国拒否権行使は「外交テロリズム」

2011年02月21日

ナブルス (Ma'an) -- 国連反-入植地決議の米国拒否権行使は「外交テロリズム」と、元PLO報道官、ガッサーン・アル-マスリは、日曜日、語った。

 米国は、金曜日、イスラエル入植地活動を非難する、国連決議のためのパレスチナの努力を無力にした。安全保障理事会の他の14加盟国は動議に賛成票を投じた。

 マフムード・アッバス大統領は、土壇場までの、米国大統領、バラク・オバマからの、努力を放棄するよう駆り立てる個人的要請にも拘らず、決議の投票に向け押し進んだ。

 アル-マスリは、拒否権行使も国際法追求をパレスチナ人に思いとどまらせるオバマの試みも、どちらも外交テロリズムの形態であると語り、そのどちらもしくじったと付け加えた。

 拒否権行使は、米国外交政策の本音を明らかにし、イスラエル-パレスチナの和平交渉後援者としての、残っていたワシントンの信憑性の土台を削り取ったとアル-マスリは語った。

 さらに彼は、それは、オバマがイスラエル占領の入植地政策に戦略的に類属し、大統領の宣言した二国家解決支持が虚偽と示しすことに光を当てたと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「国連安全保障理事会でのピュロスの(犠牲が大きすぎて引き合わない)勝利」Gush Shalom

 イスラエルは、イスラエル自体に注がれると同じ、国際的孤立に米国を運び込む、合衆国の債務となっている。

 イスラエルの違法行為が今まで修正されるのを妨げてきた、いわゆる「イスラエルロビー」は、イスラエルの未来に大いなる危険である。
(略)

     「それは公式:中東でのアメリカの役割は終わった」+972
2011年02月19日土曜日
Ami Kaufman

最新の米国拒否権行使 - オバマ政権初 - は、米国がこの地域に平和をもたらすことができないと立証する

 それらは「違法」でない。それらは「誤用」である。

 それが、自由と民主主義の指針たる世界最強国が、西岸でのイスラエル入植地が違法と求める国連安保理決議に何故拒否権を行使するのか説明するために思いついた口実だ。

 それが、彼らの手の最良である。

(略)

 あなたの大使、スーザン・ライスは、奇妙な説明をした。彼女は、一方的国連投票が、交渉を通して取引に到達する機会を妨げると語った。彼女は、正確に言うとどんな交渉について話していたのか? あなたが更新するのに失敗したやつ? そして、一方的な何かなどと、この決議に反対票を投じた唯一であったあなたがどうして主張できるのか?
(略)

     「イスラエル活動家たちはテルアヴィヴの大使館前で米国拒否権行使に抗議する」+972
2011年02月19日土曜日
Joseph Dana

DSC6858.jpg
テルアヴィヴのアメリカ大使館前の抗議。 Photo: Karen Zack/activestills.org

 イスラエル人およそ70人が、被占領西岸でのイスラエル入植地の違法性を確認する、国連決議への最近のアメリカ拒否権行使に抗議するため、テルアヴィヴの米国大使館前に集まった。活動家たちは、「米国は入植地建設を通しイスラエル占領と植民地化に完全に共謀する」と宣言するバナーの下に結集した。

DSC6809.jpg
テルアヴィヴのアメリカ大使館前の抗議。 Photo: Karen Zack/activestills.org
(略)

 イスラエルが、占領する西岸での抗議行動に対し、催涙ガス弾やゴム皮膜金属弾、時には実弾を発砲して徹底的に押し潰し、表現の自由も報道の自由も、つまり民主主義を全く認めていないにも拘らず、パレスチナ48、イスラエル国内ではとりあえず(とはいえ、パレスチナ系イスラエル人には銃を向け殺戮も厭わないが)、米国大使館前での抗議行動は問題ない。まあ、米国政府がイスラエルに忠誠を誓う以上、子分とでも考えているのだろうが、引き換え、ニッポンでは米国大使館前で抗議行動することができない。米国大使館に繋がる道路は封鎖されており、イスラエルが占領する西岸と変わらない状況が展開している。ニッポンは未だ米国の占領下にある、と、少なくてもニッポン外務省は考えているということだろう。中国のデモ弾圧を嗤えない。
posted by mizya at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国が国連決議投票で拒否権行使

2011年02月18日

http://www.youtube.com/watch?v=UlNwo52uEkE&feature=player_embedded


ReutersVideo
posted by mizya at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。