2011年02月24日

S.Y Agnonのひ孫がイアン・マキューアンに「アパルトヘイトと握手するなかれ」と告げる

 Boycott From Withinのイスラエル活動家たちは、イギリス作家、イアン・マキューアンの、エルサレムでの今晩のイヴェントを中断させた。今年の文学のエルサレム賞受賞者、マキューアンは、イスラエルとパレスチナの活動家たちに、賞をボイコットし、西岸、ガザ、東エルサレムでのイスラエルの国際法違反の「体裁繕い」をしないよう求められた。ボイコットの呼びかけを無視して、マキューアンは賞を受け入れ、パレスチナ人に向け、イスラエルの行動を糾弾する強いスピーチをした。マキューアンはまた、イスラエル作家、デヴィッド・グロスマンと共に、東エルサレム、シェイフ・ジャッラ地区での入植地活動に反対する毎週の抗議を訪ねた。


guybo111

 今晩、活動家たちは、エルサレム図書見本市に関係する大きな文学イヴェントのマキューアンの前でバナーを広げた。「イアン・マキューアンはアパルトヘイトと握手」のバナーは、彼の賞の承認の一部としての、エルサレム市長、 Nir Barkatとイスラエル大統領、シモン・ペレスとのマキューアンの撮影機会への言及だった。相応しいことに、バナーを持っていた活動家のひとりは、ノーベル賞を受賞したイスラエル作家、S.Y.Agnon(シュムエル・ヨセフ・アグノン)のひ孫だ。 活動家たちはまた、オーディトリアムホールでBDSに関するちらしを手渡した(以下参照)。


guybo111

(略)

全文:Joseph Dana

アーカイヴ:イアン・マキューアンはイスラエル図書賞は受けるが占領を批判する(02月21日)

 シュムエル・ヨセフ・アグノンは、50シェケル紙幣に描かれているらしい。


posted by mizya at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルメディアはエルサレムでのアラブ人若者殺害で人種差別動機から傍観したのか?

 先週、エジプトから放射する革命の歓声のただ中で、イスラエルのユダヤ人グループが、西エルサレム中心でパレスチナ人を攻撃し殺した。24歳のパレスチナ人、フッサム・ルウェイディは、仕事から家に向かっている時「アラブ人に死を」と叫ぶ国粋主義ユダヤ人若者グループにより殺された。イスラエル政府は、エルサレム、イスラエルと西岸のパレスチナ人からの暴力的反応を恐れ、即座にこの事件の報道管制を敷いた。報道管制がいったん解除されると、高級イスラエルメディア媒体は「酒の喧嘩が悪く展開」とする話を報道した。攻撃の後に犠牲者たちを助けたエルサレム住人によると、彼らのどちらも飲んでいなかった。


aicvideo

 Alternative Information Centerは、聖都での殺害と人種差別についてヴィデオ報告を掲示した。 エルサレムを訪問したことがある誰も、攻撃が起こった通りを、市への生得権旅行と旅行者たちのグラウンドゼロと認識するだろう。

更新:15:11
 この断片が掲示された時点で、Ynetは、若い入植者4人が、犯罪との関与で逮捕されたと報じた。話は、今日14:44に掲示され、現在、ヘブライ語のみだ。ここで見ることができ(ヘブライ語が読める方は原文からアクセスを)、いかなる新たな主要な展開も、それらが起こったなら、掲示するつもりだ。

原文:Joseph Dana

 最初このニュースが報じられた時、何と曖昧な記事だろうと思ったが、そうか、報道管制が敷かれたのだ。というわけで、アーカイヴはその最初の記事。

アーカイヴ:メディア:イスラエル人たちとの口論でパレスチナ人が殺戮される(02月13日)
posted by mizya at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ発電所所長がウクライナで行方不明

2011年02月22日

ガザ市 (Ma’an) -- ガザの唯一の発電所の所長が行方不明と、兄弟を訪ねた後、5日前にウクライナを離れて以来、彼から連絡がないと語った親類により、火曜日、報告された。

 親族は、彼らが、ディラル・アブ・シシが誘拐されたと恐れると語り、ガザ市の国際赤十字社事務所の外で座り込みを始め、ウクライナ大統領にディラルを探す助力を求めた。

 1月下旬の彼のウクライナ入国で、アブ・シシは尋問を受けパスポートを没収されたと、親族は語った。彼は、行方不明になる2日前、水曜日にパスポートは彼に返されたと親族に告げた。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連上級職員がイスラエルによるパレスチナシェルターの破壊を非難

2011年2月21日 - 国連上級職員は今日、西岸都市、ナブルスに近いヒルベト・タナの、このコミュニティに影響するこの類いの事件で、今月二回目となる(冬の冷たい - 訳注)天候から家族を保護する一時的なテント構造の破壊を非難した。

「これら破壊に究極的に責任ある当局が、攻撃されやすいパレスチナコミュニティへの破壊的衝撃を見ることができるなら、それらは、彼らの行為の残酷さを映し出すだろう」と、ヒルベト・タナを訪問した後、国連被占領パレスチナ領域居住・人道調整官、Maxwell Gaylardは語った。

 国連人道問題調整事務所 (OCHA) によると、西岸北部の、イスラエルが支配する「エリア C」に位置するこのコミュニティに、およそ250人が住む。

(略)

 彼は、国際法下、占領権力としてイスラエルは「軍事作戦が絶対的に必要である時を除き、個人やコミュニティに属する土地家屋を破壊することは禁止されている」と付け加えた。

全文:UN News Centre
posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MIFTAH「犯罪とその数」

土地没収:274,405.5 ドナム(1ドナム=0.25エーカー、あるいは1,000平米);農地破壊:83,279 ドナム;引き抜かれた樹木概算:1,193,220;破壊された家屋: 10,522

2000年9月28日 - 2011年1月31日までの死傷者と物的損失

MIFTAH's Facts & Figures
Casualties and material losses from
September 28, 2000 - January 31, 2011

Total number of Palestinian deaths: 7406
Children: 1300
Women: 583
Men: 5519

Palestinians killed by Jewish settlers: 83
Palestinians killed as a result of Israeli shelling: 2914
Deaths as a result of preventing medical personnel at Israeli checkpoints: 401
Stillbirths (Palestinian babies born dead at checkpoints): 32

Number of Palestinians extra-judicially killed and assassinated: 841
Bystanders killed during extra-judicial killings: 354

Total number Israeli deaths: 1676
Children: 123
Women: 306
Men: 642

Settlers: 240
Soldiers: 345

Area distribution of Palestinian deaths:
West Bank (including east Jerusalem): 2129
Gaza Strip: 5081

Palestinians injured by Israeli forces and settlers: 51292
Live ammunition: 9126
Rubber-coated steel bullets: 17532
Tear gas: 6971
Miscellaneous: 17663

Number of Palestinians permanently disabled or maimed by injuries: 3643

Education Statistics:
School students killed 932 Injured 4135 Detained 932
University students killed 200 Injured 1270 Detained 726
Teachers killed 37 Injured 59 Detained 192


Destruction of Palestinian property in dunums (1 dunum = 1000 m )
Confiscated land: 274405.5
Razed land: 83279
Estimated number of uprooted trees: 1193220
Homes demolished: 10522

Sources:

[1]: The Palestinian Central Bureau of Statistics (PCBS) * main source
[2]: Palestinian Ministry of Education and Higher Education
[3]: Applied Research Institute Jerusalem (ARIJ)
[4]: Palestinian Red Crescent Society (PRCS)
[5]: Palestinian Centre for Human Rights (PCHR)
[6]: Palestine Monitor
[7]: International Solidarity Movement

所在:MIFTAH
posted by mizya at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受難者となったフッサム・ルウェイディの最後の瞬間

2011年02月20日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- ムラード・ハデル・ジューラニは、2月11日西エルサレムで、彼らが右翼イスラエル過激派の若者グループにより襲撃された時の、フッサム・ルウェイディの人生、友人の最後の瞬間を思い浮かべた。ナイフによる攻撃が、ルウェイディの死とジューラニの重傷をもたらした。

 ジューラニは、西エルサレムキング・ジョージ通りで、ルウェイディと彼に、彼らがアラブ人か否かを問う若いイスラエル人2人が近づいた攻撃の日、2月11日を思い浮かべる。ルウェイディとジューラニは彼らを無視し、若者2人が、見えない鋭い道具で彼らに激しく襲いかかかろうとしたその間際、刃とはっきり確認した。ジューラニは、耳の間の深い裂け目から出血しているルウェイディの顔を見た。別の若いイスラエル人5人が、次にふたりを取り囲み肉体的に襲撃した。

 ジューラニは、助けを求め、近くのレストランにルウェイディを引いていくことができた。ルウェイディの顔の血を拭うため、ジューラニに紙ナプキンを手渡したひとを除いて、イスラエルの客たちの誰もふたりを手助けしようとはしなかった。ジューラニはそこで、彼自身、警察に電話をすることができ、そこで、事件の調査が開始された。

(略)

全文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan

アーカイヴ:イスラエル警察が殺人事件被害者のエルサレムでの埋葬拒絶(02月15日)
posted by mizya at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。