2011年03月08日

Facebook抗議:イスラエル紙幣に「Free Palestine」と

Facebookの集団は、イスラエル通貨のすべてに(紙幣に、ということだと思う - mizya)「パレスチナを解放せよ」と書くことによる、平和的抗議の促進をメンバーに求めた。設立者たちは、ネタニアフが「メッセージを得る」ことを望む

Elior Levy
2011年03月07日

(本文翻訳省略)

Untitled-1_wa.jpg
紙幣 - インドとフィンランドから支持を得る

 インドの集団メンバーは、彼らが何かシェケルを見つけたら、それにメッセージを書くと述べた。フィンランドの集団メンバーは、アイディアは素晴らしいのに、国でどんなシェケルもみつからなかったので残念とコメントした。

全文:Ynet news.com

 わたしもシェケル紙幣を持っていた筈と、パレスチナで使う札入れを開いてみたら、20シェケル1枚と100シェケル1枚、殆どは米国通貨、ドルだった(パレスチナではドルも広く流通しているので)。掲載の画像にはコインと読めるけど...


posted by mizya at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプト人がガザ国境に行進

2011年03月06日日曜日

asohrabi20110305233453043.jpg
ガザ回廊とエジプト間の国境

エジプト人何百人もが、その解放を求め、ガザ回廊との国境に行進する。

彼らは現在、ラファから50キロメートルほどのアル-アリーシュにいる。

Press TV特派員、Roshan Muhammed Salihもまた、封鎖領域に入る目的で日曜日、境界でデモンストレーションをする計画と彼に告げたエジプト人活動家何人かと彼が話したアル-アリーシュにいる。

(略)

ガザ境界解放のイニシアティヴは、エジプトが革命以来本当に変化したのか程度を計りたいと、その組織者たちが語る、Tahrir4Gazaキャンペーンの新構想だ。

主要キャンペーン組織者、アフマド・エル-アッシは、「ムバラク政権は、パレスチナ人を弱めておくためイスラエルと協力したが、今や彼は打倒されたのだから現状を維持する必要はない」とPress TVに語った。

エル-アッシは、数日前、キャンペーン開始のためエジプト当局に拘束されたと付け加えた。彼は、当局がタイミングが悪いと主張し、境界への行進を彼に思いとどまらせようとしたと語った。

「多くの恐れと威嚇はあるが、わたしたちはパレスチナ問題がエジプト人にとり重要と知っており、わたしたちは成功の革命に続く勢いを維持する必要がある」と彼は述べた。

エジプト人と外国人の集団は、土曜日午前、ラファ国境に向け、カイロを出発した。彼らは少なくとも、12の軍検問所を通り抜けなければならず、彼らのひとりが2時間拘束された。結局彼らは、ラファから50キロメートルのアル-アリーシュまで進むことが許された。アル・アリーシュに到着すると、地元住民は両手を広げて歓迎し、日曜日にラファに伴うと約束した。

Tahrir4Gazaキャンペーンの別のメンバーはPress TVに語った、「ガザ入域を拒絶されるなら、わたしたちは境界に恒久的キャンプを設立すると考えている。これは、本当に新しいエジプトなのかどうか、あるいは古いエジプトが残っているのかどうかの、試金石だ」。

全文:Press TV

 このような記事を読むと、やはりエジプトに起こったこれは革命だったと思う。欧米政府・マスメディアが「暴動」としてやり過ごしたいとしても。中東が抱える地域的状況ということにしたいらしいが、欧米諸国にしても抱える状況は同じ、多国籍大企業が蓄財し、大方は仕事もなく餓えているのだから。これを不正と見抜く文化を持ち合わせているかどうかが問われている。
posted by mizya at 13:08| Comment(1) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトがガザ学生入域許可

2011年03月06日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ回廊国境・検問局は、日曜日、エジプト当局が、エジプトの大学在籍のガザ学生たちに、火曜日、国への入域を許可するだろうと語った。

 局は、大学のオンラインで登録した学生71人のリストが、火曜日にエジプトに渡る許可に同意した、エジプト当局に送られたとMa'anに語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺された汚れなき名前たち

Vera Macht
2011年03月06日

この一編はオマル・マルーフに関するもの。世界中で日々、罪なき人びとが何十人も死ぬ時、何がこれをそれほど重要にするか? 何故これに関する一編なのか?

オマル・マルーフは、重武装で最新の西洋軍需産業が提供すべきすべてでよく装備された兵士に殺された。オマルは、古い汚れた服を着て、ロバと共に石を集めていた。オマルは、軍事攻撃で、残念ながら流れ弾や爆弾が命中したいわゆる「巻き添え被害」でさえなかった。すべてが正確に計算されるわたしたちの現代戦争で、時々、誰かがまさしく間違った時に間違った場所にいる。しかし、そのようではなかった。いえ、重武装でよく装備された若い兵士が、粗末な服で石を手にしてそこに立っていたオマルを標的に、彼を撃つと決めた。太陽注ぐ冬の朝、若い兵士は、恐らく彼がそう重要とは思えない彼と同じ年頃の男を殺す必要を感じた。 彼は、この行為がいかなる結果ももたらさず、その行為を誰にも正当化する必要はないと知っていた。というのも、権利も持たずその命が数えられないパレスチナ人だったから。

(略)

それでここにあるのは、オマル・マルーフの死の物語。 彼は20歳、2歳の息子の父親。「境界に近づきすぎるな、それはあまりに危険」彼のいとこ、タラールは以前、彼に警告した。彼は選択の余地なく、オマルは応じた。彼は、食糧を必要とする息子がいた。それで彼は、石を集めに境界に行った。それは2011年2月28日午前9時半、タラールは境界から700メートルほど離れた彼自身の土地にいた。イスラエル兵士らが発砲し始めた時、オマルは400メートルにいた。彼は、いわゆる緩衝地帯、イスラエル軍が死を脅して入るのを禁止するイスラエルとの境界沿い300メートル幅の帯状の外にいた。境界に近い彼自身の農地にいる隣国のいかなる市民も撃つと公的に宣言することが、合法か否か論争の余地がある。しかしそれは重要でない、オマルはこの領域から100ヤード以上離れていた。

(略)

「いったいこの兵士は彼を撃った時、何を考えていたのか?」 彼のいとこがわたしに訊く。「彼が何か危険を引き起こすとでも考えたのか? 彼には、子どものミルクを買うお金さえなかった。彼が武器を買うお金でもあったと考えたのか? 彼が戦車でも持っていると考えたのか?」まるでわたしが答をもっているかのように。それでわたしは兵士らが何故オマルを連れて行ったのか質問を続ける。彼らは彼を助けたかったと、家族は納得する。

わたしは兄弟のひとりに、彼の身体に治療の痕跡があったかどうか訊く。彼は頭を横に振る。「ノー」と彼は言い、「ぼくは彼の身体を見た。注射の穴の印もないし、包帯もない。弾丸は、彼の身体の左側から入り、反対側に出ていった」。最大の損傷をもたらすダムダム弾。身体の内部の衝撃で爆発する弾丸は、ジュネーヴ条約1889、宣言3で禁止されている。わたしは、兵士らが助けたかったというヴァージョンにほとんど合致していないと言及しない。彼らのひとりが実際、オマルを助けを必要とする人間と看做したという考えは、恐らくあまりに安らかすぎる。

(略)

オマル・マルーフは、ここ2カ月で、緩衝地帯で射殺される市民の8人目だ。昨年初めから緩衝地帯で、労働者たちや農夫たち、100人よりはるかに多くがイスラエル狙撃兵により撃たれ、彼らの18人は死んだ。

全文:Dissident Voice
posted by mizya at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

イスラエル占領当局がジェニンの土地支配を2013年まで延長

2011年03月06日

ジェニン、(PIC)-- イスラエル占領当局 (IOA) は、ジェニン市の東西の10ヵ村のパレスチナ市民に、彼らの土地が2013年までIOA支配下に残るだろうと、知らせた。

 影響を受ける市民たちは、IOAが、ジェニンの東5ヵ村と西の5ヵ村の彼らの土地、746ドナムが、2013年まで、IOA支配下に留まるだろうと知らせたと語った。

 彼らは、それら当局により受け入れられないのが通常の、決定に反対するための2週間を、IOAが彼らに与えたと付け加えた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが破壊費用でベドゥイン村人たちを訴える

2011年03月04日金曜日
David Steele

Alternative Information Centerは、イスラエルが、彼らの家屋破壊の経費のため、ネゲヴ砂漠のベドゥイン村、アル-アラキブ住民を訴える計画をしていると報告する。

 アル-アラキブは昨年、JNFと保安部隊により、18回破壊された。国家代理人事務所が、百万シェケルを超えると見積もられるこれらの破壊経費で、住民を訴える準備中と報告される。村は、イスラエル国家により承認されておらず、1948年のイスラエル建国以来、承認のため進行中の闘いを闘ってきた。

 村人たちは、オスマン帝国時代にまで遡る土地権利証や税金を支払った領収証を持っているにも拘らず、イスラエル当局は、これらを有効と受け入れない。アル-アラキブの運命は、イスラエルの、ことさらネゲヴに住む大多数、ベドゥインコミュニティの、より大きな問題を示している。

 ベドゥイン11万人以上が、イスラエル国家自身より著しく前から - アル-アラキブのような多くの、いわゆる「未承認村」に住む。未承認の村々は、とりわけ、上下水道業務、電気、道路、教育供給などの、国家が承認の入植地に提供する業務の権利を与えられていない。

 アル-アラキブのような村々の問題は、JNFの作戦「ネゲヴ計画」が続く時、激化しそうだ。アル-アラキブは、そこでのJNF植樹作戦を容易にするため破壊されている。

原文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:「福音主義者」による支持のユダヤ民族基金 (JNF) がネゲヴに植林(2010年11月21日)
posted by mizya at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ人入植者暴虐 - 3題

入植者らがパレスチナ村人攻撃

2011年03月05日

ナブルス、(PIC)-- ユダヤ入植者らは、土曜日、ナブルス市の南、イラク・ブリンの村人たちを攻撃し、彼らの村になだれ込もうとしたが、その住民たちにはねつけられたと、地元筋は語った。

 目撃者たちは、Bracha入植地の入植者らが、村近くでパレスチナ人農夫と羊飼いを攻撃し、彼らに石を投げたとPICに語った。

 彼らは、村の住民たちが、同胞支援のため駆けつけ、双方が互いに石を投げ、暴力的衝突が続いたと語った。

 昨夜、武装入植者グループが、ジェニン市の東、ラバ村になだれ込み住民を恐れさたと、目撃者たちは語り、自転車に乗った20人ぼかりの武装入植者が、反アラブスローガンと脅しを繰り返しながら、20分間通りをぶらついたと付け加えた。

 ベツレヘムで、入植者らが、アルタス村の西に土石を棄てたと、地元住民は語り、トラック何10台もが、環境を脅かすそのような廃物を、日常的に同じ地域に投棄すると付け加えた。

原文:The Palestinian Information Center

入植者らがアル-ハリールでモスク冒涜

2011年03月04日

アル-ハリール、(PIC)-- 狂信的なユダヤ人入植者何十人もが、木曜日夜明け、西岸南部の都市、アル-ハリール(ヘブロン - 訳注)の北、ハルフール町のナビ・ユーニスモスクに乱入した。

 地元筋は、その何人かは武装した熱狂的入植者100人以上が、イスラエル占領軍 (IOF) 部隊の保護下、モスクに乱入し、住民の感情を逆なでる、モスクの内と外でタルムードの祭式を遂行したとPICに語った。

 地元住人はまた、IOF部隊が、モスクへの入植者らのアクセスを容易にするため、数時間、町の北入口をナビ・ユーニスジャンクションで閉鎖したと語った。

 一方、IOF部隊は、アル-ハリール市の兄弟ふたりを逮捕し、MuhammadとAbdul-Ghani Abu al-Dabaat、兄弟ふたりで営む店から車と車部品を没収した。

原文:The Palestinian Information Center

入植者らがナブルスの樹木500本をたたき切る

2011年03月04日金曜日

ナブルス (Ma'an) -- 入植者らは、金曜日、西岸のナブルス地方のパレスチナ人所有のオリーヴ樹500本以上をたたき切ったと、パレスチナ自治政府職員は語った。

 違法なShvut Rachel入植地居住者らは、クスラ村を襲い樹木をたたき切ったと、西岸北部入植地業務のパレスチナ自治政府職員、Ghassan Doughlasは語った。

 木曜日の「憤怒の日」に、右翼イスラエル人と入植者らは、エルサレムへの道路を塞ぎ、国の空港への列車軌道を閉鎖した。

 入植者らは、ナブルス近くの違法前哨基地でのイスラエル政府による構造物いくつかの破壊に抗議していた。彼らは、政府の「反-入植者」活動への応答で、パレスチナ人に対して「プライス・タグ(正札)」攻撃遂行を脅した。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。