2011年03月10日

イスラエルが最も評判よくない国家の中にランクされた

BBCのためなされた世界的世論調査でイスラエルより下にランクされたのはたった3ヵ国 - パキスタン、北朝鮮、イラン

Ynet
2011年03月07日

異なる27ヵ国で、BBCのためGlobescanにより行われた調査によると、イスラエルは、世界で最も評判よくない国のひとつだ。

2010年12月から今年2月まで、世界中の様々な国に対する態度を評価するよう設計された調査で、2万8000人以上が調査対象となった。

調査された21%だけがイスラエルに肯定的意見を表明、一方、49%が、ユダヤ国家に対する否定的態度を示した。惨めとはいえ、親-イスラエルがたった19%だった去年から、数の改善がみられる。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:世界世論調査:積極的輝きでイスラエルを見るのは19%のみ(2010年04月24日)

 アーカイヴは1年前の調査結果、このような記事を毎年掲載するところをみると、調査結果が気になるらしい。まともな国と広告だけしてみても、世界の目は節穴ではない。広告するだけでは足りない、実際まともな国になることが必要なのだと、もう学んでもいい頃だと思う。


posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがエルサレムの通り名をヘブライ語に変える

2011年03月08日

被占領エルサレム、(PIC)-- 社会的・経済的権利のためのエルサレムセンター、調査・記録部は、パレスチナ聖都のイスラエル市議会が、最近、旧市街の路地と通りのいくつかをアラブ名からヘブライ名に置き換え始めたと語った。

調査・記録部は、市議会のイスラエル公務員が、エルサレム旧市街、バブ・アル-ジャディード通りのパレスチナ人家屋の壁に、その通り名をDer Bacillusとする標識を据え付けたと付け加えた。

調査・記録部は、このイスラエルの行為は、個人的資産への襲撃であり、エルサレムの歴史の著しい歪曲と考えられると強調した。

原文:The Palestinian Information Center

 国連公用語のひとつ、アラビア語を使用するのは4億人ほど、翻って、古代ヘブライ語からつくり出されたイスラエル語を使用するのは600万人ほど、困るね、アラビア語のアルファベットなら読めるけれど、イスラエル語はマイナー過ぎて、アルファベットだけでさえ学ぶ気にもなれない。
posted by mizya at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル国防軍兵士ら、『ジェニン、ジェニン』監督が名誉棄損訴訟で最高裁判所対決

2011年03月07日

下級裁判所は、戦時行動の性格描写のため、映画制作者、モハメド・バクリに対して起こされた中傷訴訟が、実態を欠くと認めた。
Tomer Zarchin

2002年のジェニンでの戦闘に参加したイスラエル国防軍兵士グループは、今朝、最高裁判所で、論議呼ぶドキュメンタリー『ジェニン、ジェニン』を監督した映画制作者、モハメド・バクリを、相手とするだろう。

(略)

Mazuzは上告に参加する

2007年、兵士5人が、モハメド・バクリに、賠償金、250万シェケルを要求して、名誉棄損訴訟を起こした。原告自身が映画に現れず、彼らの名前に言及されもしないことに注意が集まる。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:国は『ジェニン、ジェニン』映画監督を名誉毀損で起訴しない(2010年01月10日)

 国連調査団がジェニンに入ることをイスラエルは拒絶したのだから、イスラエルにとって知られてまずいことがジェニンで遂行されたことは確かだ、と、世界は考えている、イスラエルの兵士らはともかく...
posted by mizya at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1948年に破壊されたパレスチナ村の新建設に対する仮差し止め命令

2011年03月08日火曜日
Tania Kepler
the Alternative Information Center (AIC)

イスラエル裁判所は、1948年、その住民が追放され追い出された、歴史的パレスチナ村、リフタ遺跡の高級な区画販売に、仮差し止め命令を出した。

Picture32111.jpg

イスラエル裁判官、Yigal Marzelは、月曜日 (3月7日) 、イスラエル土地行政に、歴史的パレスチナ村、リフタに建設するための区画賃貸入札結果の公表凍結を命じる仮差し止め命令を出した。

(略:アーカイヴ参照)

リフタ救済の請願は、日曜日、リフタ(住民)家系、Bnei Lifta協会、人権のラビたち、ジャフラ協会を含むエルサレム活動家たちを代理する弁護士、サミ・アルシドにより提出された。

(略)

1948年のイスラエル建国以前、パレスチナ人3,000人以上がリフタに住んでいたが、1948年戦争で村は住民を減らし、部分的に破壊された。それ以来、イスラエル軍により完全には破壊されなかった500ヵ村のうちの僅かな村のひとつである。

(略)

多くの組織、ことさらBIMKOM、Zochrot、FASTは、村が、パレスチナ人とイスラエル人の間の和解の象徴として、ユネスコにより遺産遺跡としてリストに加えられるよう運動し、代替計画を、彼らは土地住宅調査センターとまとめてきた。

2005年、パレスチナの「正義のための建築家・(都市)計画家たち」は、Times紙に、世界中の建築家・都市計画家、彼らの多くが、元来のパレスチナ住民のためリフタ救済を支援する学術人を含む高名な人物、350人以上が署名した広告を載せた。

(略)

全文:The Alternative Information Center

アーカイヴ:イスラエルが見捨てられたパレスチナ村を高級住宅プロジェクトに変える動き(01月23日)

 ここに掲載した写真は原文が掲載するものと違う(アーカイヴ掲載写真と同じだし)。リフタの写真はここ、写真ばかりではない画像を含め100枚ほど集められている。これら写真を何枚か見るだけで、京都の町家同様、これが保存されなければならない貴重なものと判るだろう。リフタをなくすことになれば、わたしたち世界市民は、アジアの貴重な文化をひとつ失ったことになるし、ユネスコは、消滅しかねない文化救済を仕損なったことになる。
posted by mizya at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。