2011年03月20日

ノルウェー運動がパレスチナ国家承認を求める

2011年03月14日

オスロ、2011年3月14日 (WAFA) - ノルウェー労働組合運動は、政府に、1967年境界でのパレスチナ国家を承認し、西岸のすべての入植地製品をボイコットするよう求めた。

パレスチナ労働組合連盟代表、シャヘル・サアドは、月曜日のノルウェー・パレスチナ労働組合運動との会議で、1967年境界内のパレスチナ国家承認、入植地製品のボイコット、パレスチナ領域の占領を終わらせない場合、イスラエルへの圧力発布を求めた。

(略)

全文:WAFA

 パレスチナの状況を伝えるニュースは途切れることがないのに、わたしは東京電力の原発事故から目を離すことができない。福島市の放射線量は、自然から受ける放射線量に加えて許容されるとニッポン政府が定める1年間、もう1ミリSv/hに、2日間で達する。なぜ政府は福島市民を避難させないのだろう。


posted by mizya at 13:53| Comment(1) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。