2011年03月28日

AIPACが爆弾攻撃募金打ち切りの謝罪

2011年03月24日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- アメリカの親-イスラエル圧力団体、AIPACは、その支持者に金を懇願し、エルサレムでの爆弾攻撃に使用したことを、水曜日、謝罪したと報道は述べた。

イギリス女性を殺し、30人を負傷させた攻撃の何時間か後、AIPACは、「今日、テロリストらは、ひとりを殺戮し、30人を負傷させ、15人が重態の、エルサレムバス停で包みを爆発させた」と読める書簡を回覧した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 結局、エルサレムバス停の爆破事件は、パレスチナ人の仕業と見せかけて憎悪を煽りたいシオニストユダヤ人の仕業だった。当初から怪しげだった。からくりが暴かれたところで、煽られたパレスチナ人への憎悪が鎮まる訳ではない。建国当時からイスラエルは、アラブ諸国のシナゴーグを爆破しては、アラブ諸国に住むユダヤ人の恐怖を煽り、イスラエル移住促進を謀った。同胞を殺してまで煽りたいものだろうか、憎悪や恐怖が。


posted by mizya at 16:45| Comment(1) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本がナハレル-バレドキャンプ再建に240万米ドル寄付

出処:国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)
2011年03月22日

ベイルート

レバノン駐在日本大使、H.E. Koichi Kawakamiと、UNRWAレバノン支局長、Salvatore Lombardoは今日、レバノン北部、ナハレル-バレドパレスチナ難民キャンプ再建の2億100万円 (240万米ドル) の寄付を正式にする交換文書に署名した。

この貢献は、主要商業通りやナハレル-バレドキャンプ再建の主要構成部分といったものを含むパッケージ3の再建に向けられるだろう。

現在キャンプ再建完了に、まだ、2億700万米ドルが要請され、770万米ドルが、まだパッケージ3のためだけに必要とされている。

(略)

NBC闘争の余波で、日本は、瞬間アピールと緊急アピール下、ナハレル-バレド救済支援のため、合計653万1257米ドルをUNRWAに寄付することにより、人道的緊急時に大変寛大に応答した。

この貢献は、大きなスケールの破壊と多くの人間の苦難を引き起こした、最近日本を荒廃させた激しい地震と津波の後で、より気高い。

全文:RelifWeb
posted by mizya at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの砲弾がガザの工場を爆破

2011年03月26日

ガザ、(PIC)-- 土曜日明け方、イスラエル占領軍 (IOF) による砲弾発砲が、ガザ回廊のソフトドリンク工場に、巨大な火災を起こし、施設に大きな損傷を与えた。

PICの記者たちは、砲弾が、ガザ市の郊外、ゼイトゥーンの東、アッサッタル工場に命中し、工場内のガソリンタンクに大きな爆発を引き起こしたと語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。