2011年03月30日

ナクバ法とナクバ地図がナクバの夢を提示する

2011年03月26日土曜日
Yuval Ben-Ami

nakba-map.jpg

それは驚きだった。わたしは全くのところ、独立記念日まで、新たに制定される「ナクバ」 (「大災厄」) 法に反対するつもりはなかった。結局、法は、ことさらその機会に言及する。それは、1948年-1949年にパレスチナの人びとが被った莫大な損失を記念するのに、独立記念日を使用するいかなる組織も、国家により罰せられるだろうと述べる。

ナクバ記念日でもあるイスラエル独立記念日まで、まだ2カ月かそこらあるが、法は今週通過し、それは、わたしの制御できない夜の造反を奮い立たせたかもしれない。そう、あなたの名誉、わたしは昨夜、ナクバを夢みた。わたしにできることは何もない。

(略)

本の中に、友人とわたしは、地図の収集を発見した。50年代半ばに発行された、1:100,000のスケールで国を提示するそれらは、殆ど、40年代前半に作図されたイギリス(委任統治時代 - 訳注)の地図に基づく。

地図の発行元は、何年間かに創建された新イスラエル入植地それぞれの円周を加え、破壊されたパレスチナの村それぞれに「破壊済み」の言葉を標し、単にイギリスの地図を発行した。わたしは、それらコミュニティがどれ程大きかったか、どれ程多数で構成されたか、いかなる考えもなかった。そのような地図のひとつの抜粋を上に示す。全概要は文字通り悪夢の類いである。

全文:+972


posted by mizya at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。