2011年04月09日

ウクライナ紙が拉致のパレスチナ人に関するイスラエルの主張を退ける

2011年04月08日

キエフ - ハマースのミサイル技術者トップという咎への応酬で、諜報員らに拉致されたパレスチナ人技術者へのイスラエルの主張は、事実誤認でいっぱいと、主導的ウクライナ紙は、金曜日、報じた。

公安当局は、ガザ回廊住民、ディラル・アブ・シシを、2月に、ウクライナの都市、ハルキウから首都キエフまで移動する列車から強奪した。彼は後に、秘かにイスラエルに輸送された。

月曜日、アブ・シシは、ベールシェバ地方裁判所で、テロリスト組織のメンバー、殺人未遂、殺人犯罪謀議、武器製造を含む刑事訴因9件で告発され、罪状認否を問われた。

イスラエルの告発によれば、彼は、イスラエルにロケット砲撃する組織、ハマースによる運動の重要人物であり、ウクライナの最高航空宇宙研究所でミサイル工学の養成過程を受けた。

ウクライナ最大の新聞、Segodnyaは、金曜日、ベールシェバ裁判所で、アブ・シシに対してなされた主張を検討する記事を掲載した。

イスラエル検察官らにより主張された、ウクライナでのアブ・シシの教育の殆どすべての詳細は、明らかに誤っていると、新聞は報じた。

アブ・シシは、キエフの軍事工学学士院で学んだことがないと、新聞は見出した。イスラエル法務省声明は、アブ・シシが、そこで博士号を受け、主導的ソ連のミサイル科学者に教わったと述べた。

(略)

全文:m&c

関連記事:「イスラエル治安当局筋:アブ・シシ暗殺は選択肢だった」The Palestinian Information Center
2011年04月07日

被占領エルサレム、(PIC)-- ガザの技術者、ディラル・アブ・シシの暗殺は、イスラエル公安組織で議論された選択肢だったと、公安情報筋が語ったと、木曜日、イスラエルのテレビにより引用された。

(略)

アーカイヴ:アブ・シシ:わたしはShalitについて何も知らない(04月03日)

 嘘つきは泥棒の始まりというけれど、イスラエルは1948年の建国以来、63年というもの、殺戮や強奪を正当化するため、嘘をつき通してきたのだから、文化として板に着いてきたようだ。東京電力の原発事故で、この国の政治家も官僚もTVで喋る「専門家」たちも、なかなかどうして、イスラエルに負けていない。


posted by mizya at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一連の攻撃でガザで14人が殺され数十人負傷

2011年04月08日

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエルの空爆と砲兵射撃は、金曜日、9回ガザに命中、9人を殺して、木曜日午後以来の総死者数を、民間人を含む14人とした。

母親と娘、年配の男が、ハーンユーニス近くのふたつの別の攻撃で殺戮され、4人目は - アル-カッサム旅団闘士と確認された - ガザ市近くで殺され、特定されていない男ふたりが、ガザ市東部の彼の家屋に砲弾が命中して殺された。

イスラエル軍の声明は、民間人死傷者を認め、軍は、「ハマーステロリスト組織が、一般住民の中で『人間の盾』としてそれを使用する作戦を選択することを遺憾」とした。

ガザのハマース職員は、イスラエル軍報道官が否定した主張、一般住民に向け白リンミサイルを発砲するイスラエルを非難する声明を発表した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「イスラエル占領軍が最新攻撃で白リン弾使用」The Palestinian Information Center
2011年04月08日

ガザ、(PIC)-- ガザの内務省は、イスラエル占領軍部隊が、木曜日、白リン弾3発をガザ回廊に発砲したと語った。

金曜日の声明で省は、木曜日18時50分、ガザ回廊中央地区の東、ジュフル・アッディーク地区に爆弾3発が発砲されたと語った。

ガザ回廊に対するイスラエル占領侵攻は、過去数週間に渡り拡大されてきており、この数日、ゴールドストーン判事による記事、2008年-2009年の攻撃で、ガザにおけるイスラエル戦争犯罪に関する彼の報告の結論からの事実上の撤退後ことさら激化した。

 激化も当然、ゴールドストーンの報告書からの撤退は、イスラエルの戦争犯罪を問わないと宣言したも同じなのだから。しかしながら、ゴールドストーン報告は、ゴールドストーンから自立するとする以下の記事:

先行記事:「国連人権理事会がゴールドストーン報告を守る」Ynet news.com

理事会報道官は、特別解説記事は判事の個人的見解を表明したもので、委員会のものでないと主張;否定の報告は、大多数の評決を取ると断言する

Eldad Beck
2011年04月05日

ベルリン - 国際連合人権理事会は、彼が今や彼自身の調査結果を疑問とする起草者の告白にも拘らず、ゴールドストーン報告を守る:UNHRC報道官、Cedric Sapeyは、月曜日、Yediot Ahronotに、金曜日にワシントンポストに掲載されたリチャード・ゴールドストーンにより書かれた特別解説記事は、判事の個人的意見を表明したもので、他の委員会メンバーを代表するものでないと語った。

Sapeyは、特別解説記事が、公式に拘束力を持つ文書でなく、したがって委員会は、それに応ずるつもりはないと説明した。 彼は、仮にゴールドストーンが理事会議長に - 委員会の他のメンバーたちにより署名された - 公式の書簡を送るなら、理事会は必要な措置を取るだろうと、さらに説明した。

(略)

 ガザへのイスラエルによる攻撃の記事はあまりに多く掲載しきれない。先行記事を纏めて以下に:

先行記事:「ガザへの攻撃で1日に5人死亡、旅団がイスラエルで2人を負傷」Ma'an News Agency
2011年04月07日木曜日

ガザ市 (Ma'an) -- スクールバスに命中してふたりが負傷したベールシェバへの対戦車ミサイル発砲に続き、闘士4人が、回廊南部同様、ガザ市内と周辺への連続攻撃で殺された。

木曜日午後、砲兵砲撃がまたガザ回廊南部に命中し、目撃者たちは、砲兵砲撃が、小さな子どもを含む5人を負傷させ、砲弾が、ガザ市、アッシュジャイエ地区の彼の家屋近くに着弾後、マフムード・アル-マナスラ、50歳を殺したと語った。

(略)

     「ガザへの夜通しの連続攻撃でひとり負傷」Ma'an News Agency
2011年04月07日木曜日

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル軍用機が、木曜日午前、ガザ回廊南部を標的とする3件、ガザ市の東地区で4件目の爆撃任務を遂行、ひとりが負傷した。

(略)

     「医療関係者:ガザへのイスラエルによる攻撃で4人負傷」Ma'an News Agency
2011年04月06日水曜日

60448_345x230.jpg

ガザ市 (AFP) -- イスラエル航空機が水曜日、ガザ回廊の標的2ヵ所を攻撃し、4人を負傷させたと、パレスチナ医療関係者と目撃者たちは語った。

彼らは、目標が、ともにガザ市東部の闘士集団とプラスチック工場だったと語った。

負傷者のすべては工場にいたと、彼らは付け加えた。

Ma'an通信員は、負傷者のうちふたりが女で、ひとりは妊娠していたと語った。

(略)

(イスラエルヴァージョン):「イスラエル空軍がガザテロトンネル標的;4人が負傷」Ynet news.com

パレスチナは、回廊の爆発物密輸トンネルに対する空軍攻撃後、4人が負傷したと報じる
Hanan Greenberg
2011年04月06日

(本文翻訳省略)

 パレスチナが「 爆発物密輸トンネル」などと言う筈ない。先行記事をもうひとつ:

先行記事:「イスラエルの砲弾がガザの電話・インターネット回線を破壊」Ma'an News Agency
2011年04月05日火曜日

ガザ市 (Ma'an) -- 火曜日、ガザで男ひとりを殺し、ふたりを負傷させたイスラエルの砲兵砲撃はまた、ガザ回廊北部に電話とインターネットアクセスを提供する、主要光ファイバー回線を切断したと、政府当局は語った。
posted by mizya at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ男性がイスラエルの砲撃で殺される

2011年04月05日火曜日

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル兵士らは、火曜日、ガザ回廊北部の国境近くで、パレスチナ人男性を射殺した。

目撃者は、砲撃により他のふたりが負傷したと語った。

彼らは、男たちのグループがエレツ検問所近くで、建設骨材に使用するセメント小片を集めていたと語った。

イスラエル軍報道官は、兵士らが、男ひとりが武装していると確認したと語り、そして「彼に向け発砲、直接命中したと確認する」。

午前10時頃に起こった事件は、ベイト・ラヒヤのアル-ブラ地区の目撃者に呼ばれた医療関係者により確認された。救急隊員たちは、1遺体を回収したと語った。

パレスチナ医療情報筋は、男を22歳のムハマド・ジアド・シャルハと確認した。

原文:Ma'an News Agency

関連記事(イスラエルヴァージョン):「イスラエル国防軍がガザ国境フェンスに近づく武装パレスチナ人を殺す」Haaretz.com
2011年04月05日

先行記事:「3人が空爆で殺された後ガザの休戦『終る』」Ma'an News Agency
2011年04月02日土曜日

ガザ市 (Ma'an) -- 国民抵抗旅団は、土曜日朝、ハマース武装部門指導者3人が殺された夜通しのイスラエルの空爆に続き、休戦はガザ回廊で終ったと発表した。

パレスチナ解放民主戦線軍事組織の旅団は、殺戮に対し報復するだろう、そして、イスラエルは「この犯罪の影響を負わねばならないだろう」と声明で述べた。

目撃者は、イスラエル無人機が、真夜中頃、ガザ回廊南部、ハーンユーニスとデイル・アル-バレの間、サラハッディーン通りを移動する白いトヨタにミサイルを発射したと語った。

死亡者は、ガザ回廊北部、アッシャティ難民キャンプのイスマイール・ラバド、31歳と彼の弟アブドゥッラ、24歳、そして、ガザ市、ザイトゥーン地区のムハマド・アッダイア、31歳と確認された。

(略)

     「医療関係者:3人がガザ南部でイスラエルの空爆で殺さる」Ma'an News Agency
2011年04月02日土曜日

110388_345x230.jpg

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル戦闘機は、金曜日、夜通しガザ回廊南部を攻撃し、パレスチナ人3人を殺戮し、4人目に重傷を負わせたと、医療関係者は語った。

ガザ医療業務報道官、アドハム・アブ・サルミーヤは、死亡者たちがハーンユーニスのアル-アクサー病院に運ばれたと語り、彼らの遺体は攻撃の激しさから黒こげだったと付け加えた。

(略)

 イスラエルはガザの抵抗運動を「テロ」呼ばわりし、イスラエル国民の保護を吹聴するが、殺されるのは一方的にいつもパレスチナ人、イスラエルこそがテロ国家と知れるだろう。
 ニッポンもどうやらテロ国家、飯舘村の村民の被爆線量を気にかけているようには見えない。原子力(不)安全委員会などという、原子力政策のおかげで仕事にありついている連中、いわば原発推進派が査定する、水道水、野菜や魚の「安全基準」をどうして信じられるだろう。シンガポールのヨウ素基準値が100Bq、ニッポンは2000Bq、20倍だ。ニッポン政府の「基準値」が信用されていない時、生産者が「風評被害」と叫んでみても無意味、産品に検出された核種の数値を記すことだけが「風評被害」をなくす方策だろう。
posted by mizya at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。