2011年04月13日

Al-Maqdesi:2011年が始まって以来エルサレムで200件の破壊命令

2011年04月12日
OCCUPIEDPALESTINE

被占領エルサレム、 (PIC)– Al-Maqdesi社会啓発基金は、イスラエル占領当局 (IOA) が、今年始まって以来、被占領エルサレムのパレスチナ人家屋に対して少なくとも200件の破壊命令を出していると語った。

報告で、Al-Maqdesiは、今年起こった、あるいは、東エルサレムで起こったイスラエルの違反のいくつかを強調した。

(略)

全文:Occupied Palestine

関連記事:「エルサレムのパレスチナ人居住権のイスラエルによる取消しに対する高裁請願」The Alternative Information Center

2011年04月11日月曜日
Tania Kepler for the Alternative Information Center (AIC)

イスラエルが都市でパレスチナ人永住権許可証取り消しを止めるよう要請する請願が、イスラエル高等裁判所に提出された。

HaMoked:イスラエル市民権個人と協会防衛センター (ACRI) は、4月7日木曜日、エルサレムのパレスチナ住民を代表して、内務省の永住権取り消し停止を要請する請願を提出した。

東エルサレムのパレスチナ人、膨大な大多数は、イスラエル永住者であるが、市民ではなく、彼らの都市に住む法的権利を失う常なる脅威下にある。HaMokedによると、近年、居住権取り消しにおける急激な上昇があり、2008年は、4,577件の取り消しが記録された。イスラエルの1967年のエルサレム併合以来、許可証取り消し総数の殆ど50%は、2006年から2008年の数年間に起こった。

イスラエルの法律は、外国で学んだり、外国人配偶者の国に住んだりすることを途方もないリスクとする、7年間不在のパレスチナエルサレム住民の居住権を無効とする。問題をつくることで(? - 原文参照)、エルサレムからわずか数キロのベツレヘムのような場所に住むことさえ、イスラエル当局により移住と考えられ、居住権無効の理由となる。

(略)


posted by mizya at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連陪審団がイスラエルによる致命的小艦隊襲撃についてトルコに聞く

2011年04月11日月曜日

イスラエルにより攻撃された、スタッフと物資、マヴィ・マルマラを提供したIHHは、6月のトルコ選挙後、ガザに向けて発つ別の小艦隊を派遣する計画と発表した。

World Bulletin / News Desk

2010年5月31日の支援小艦隊へのイスラエル襲撃を調査するため準備された国連陪審団が、4月26日にトルコの口頭による発表を聞き、4月27日にイスラエルのを聞くと、ニューヨークで発表するだろう陪審団のアンカラの仲介者、Mithat Rende大使は、月曜日、記者団に語った。

(略)

全文:World Bulletin

関連記事:「チェコの記者たちが小艦隊襲撃でイスラエルを訴える」Ynet news.com

ジャーナリストふたりは、ユダヤ国家が、ガザ行き船への特攻作戦で没収した金と設備をまだ返していないと語り、謝罪を要求
Ronen Medzini
2011年04月10日

(本文翻訳省略)

     「イスラエルがヨーロッパに『自由小艦隊2』のガザへの航行を止めるよう主張」Haaretz.com
2011年04月11日

親-パレスチナ活動家たちは、活動家9人がイスラエルの特攻隊襲撃で殺戮された、昨年の小艦隊記念日の出航を計画する。
DPA

ベンヤミン・ネタニアフ首相は、月曜日、5月下旬にガザへの出発が計画されている小艦隊参加を、その国民に妨げるためできることをするよう、ヨーロッパに主張した。

     「アテネ-自由小艦隊 2 - わたしたちは脅されるつもりはない」Irish Ship to Gaza
掲載:smac

わたしたちは脅されるつもりはない
アテネ
2011年04月11日


自由小艦隊 2プレスリリース
アテネ - 自由小艦隊 2運営委員会は、4月9日と10日、来る小艦隊の準備継続でアテネで会った。前回のアムステルダムでの会議以来、イスラエルは、小艦隊と、世界中から参加するその提携メンバーに対し、煽動の国際キャンペーンを開始してきた。

(略)

わたしたちはイスラエルに告知する...

わたしたちは行く
わたしたちは非武装である
わたしたちは民間人である
あなたにわたしたちを脅す権利はない
わたしたちはいかなる妨害もないガザ到達を要求する。


先行記事:「IHH:ガザ輸送船団は海路、陸路、空路で続行」The Palestinian Information Center

2011年04月09日

アンタルヤ、(PIC)-- トルコのIHH救援協会会長、Bulent Yildirimは、トルコのマヴィ・マルマラが、ヨーロッパからの次の旅のため装備されたなら、ガザ支援輸送船団は、陸路、空路、海路で続くだろうと認めた。

彼は、イスラエル占領軍が、昨年5月、人道支援をガザ回廊に届ける途上にあったマヴィ・マルマラ号を襲撃した時、射殺されたトルコ人9人を追悼するアンタルヤの式典で、そう語った。

(略)

アーカイヴ:イスラエルはガザ小艦隊に降りる前に砲撃を開始したと解放された活動家たちは語る(2010年06月03日)
posted by mizya at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもたちがイスラエル軍に起こされる

2011年04月08日金曜日

アンナビ・サレ村は、高速道路465号沿い、ラマッラの北東30キロメートルに位置する。毎週のデモンストレーションは、アンナビ・サレの向かい側に位置する、違法なイスラエル入植地、ハラミシュ (Neve Zuf) による、パレスチナの土地の違法な強奪に抗議する。フィルムは、ナビ・サレの子どもたちを脅すイスラエル軍の新手法を示す:兵士らが真夜中、家に入って10歳以上の子どもたちを起こし写真に撮って立ち去る。


DCIPS

原文:Palestine Video
posted by mizya at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。