2011年04月19日

ガザ警察がアッリゴーニ殺害容疑者特定

2011年04月19日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ警察は、月曜日、イタリア人活動家でジャーナリスト、ヴィットリオ・アッリゴーニ殺害の主要容疑者として特定された男4人の写真を公表した。

(略)

先に逮捕された男ふたりは、直接殺戮に関与しなかったと、警察は語った。

(略)

アッリゴーニの母親は、イタリア紙、Agenzia Giornalistica Italiaに、息子の遺体を、イスラエル経由でガザから戻らせないと語った。

「イスラエルは、彼が生きていた時、彼を望まなかったし、死んでも望まないだろう」と彼女はAGIに語った。

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ガザ警察:アッリゴーニ殺人者のひとりはヨルダン人」The Palestinian Information Center
2011年04月18日

ガザ、(PIC)-- ガザ警察は、イタリア人活動家、ヴィットリオ・アッリゴーニの殺人容疑者のひとりが、ヨルダン国民と明かした。警察は、彼らが、アッリゴーニ誘拐と殺人の「最重要指名手配」と警告し、彼とその仲間ふたりの写真を公表した。

(略)

ジャーナリズムと活動を通してパレスチナ問題を支援し、ここ3年間、ガザに住んだアッリゴーニは、政府が彼の名誉にかけ軍葬を開催し、ガザで哀悼された。

警察、市民、職員、何百人もが、月曜日開催された葬儀で、怒りと哀しみに包まれる中「テロリズムに死を」と叫び、パレスチナとイタリアの旗を振った。彼の遺体は、ラファ国境検問所で彼の家族に引き渡されるだろう。

(略)

イスラエルは、3年ばかり遡る、Free Gaza支援輸送船団に乗船して活動家がガザに到着する前、アッリゴーニを西岸から強制送還した。

彼の死は、イスラエル政治家らが、この5月、ガザに到着が予定されるガザ支援小艦隊を含む親-パレスチナ活動を妨害する努力を引き上げた時、現れた。


posted by mizya at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザの何百人もがイタリア人活動家を讃える…


nocommenttv

2011年04月18日

何百人もの人びとが、ガザ回廊でのイタリア人活動家の葬列に参加した。ヴィットリオ・アッリゴーニは、戦闘集団による誘拐に続き、殺され見捨てられた家に残された…

関連記事:「Michael Jansen:ヴィットリオ・アッリゴーニ殺害」The Gulf Today

2011年04月17日

ハマースは、木曜日、ガザ市の誰もいないアパートでその遺体が見つかったイタリア人人権活動家、ヴィットリオ・アッリゴーニの誘拐と殺戮のイスラエルの間接的責任を非難してきた。イスラエルは確かに、非難の多くを生む。イスラエルが、懲罰的攻囲と封鎖を沿岸回廊に課さなかったなら、アッリゴーニが、150万パレスチナ人の過酷な扱いに抗議するため、ガザに行くことはなかったろう。(略)

アッリゴーニと他のものたちは、ガザの事実上の首相、2007年、回廊支配を奪ったハマースのイスマイール・ハニーエにより、名誉パスポートを与えられた。彼らの滞在中、ハマースは、浜辺に面した最良のホテルを提供し、そのライバルのファタハやイスラエルが活動家たちに危害を加える恐れから、警備を提供した。

Free Gaza運動は、活動家たちと医療品を運ぶ、回廊へのいくつかの他の船旅をし、最後のが、2008年10月末だった。アッリゴーニは、その旅で回廊に行き、12月27日に始まり、2009年1月18日に終わった回廊へのイスラエルの戦争を通して留まった。(略)

エルサレムに集まったものの、イスラエルからもエジプトからもガザ入域を許可されなかった500人以上のジャーナリストの多くが、救急隊員と共にヴォランティアし、他の戦争業務を引き受けるISMメンバーとの希薄な携帯電話接続で受け取るニュースに依存した。この闘争の前後、アッリゴーニは、オスロ合意で定められた20海里制限の中で、彼らの網を打とうと、ガザの漁師たちと海に出た。

過去数年間にわたり、イスラエルは、許可された漁業水域を、6マイルに、そして3マイルに縮小した。(略)

多くが、撃たれ、負傷させられ、殺され、それが続いている。「インタナショナルズ」の存在が、イスラエル人射手らを阻止する。アッリゴーニはまた、ブログや、イタリアの新聞社のために記事を、ひとたび戦争がおさまると、ガザとその人びとに関する本を書いた。

彼の友人は、イスラエルが彼の死に関与したと信じている。(略)

アッリゴーニの暗殺に関してなされるべき質問は:cui bono? 利益を得るのは誰か? Salafisではない。ハマースが鉄拳で彼らを打つのは間違いない。ハマースではない。(略)

歓迎するパレスチナ人の中で安全と感じてきた外国人活動家たちは今、彼らの仕事を進める時、彼らの安全を疑問とするかもしれない。

イスラエルはしかしながら、Salafisが、ガザに自身を現す - 西側世界の現在の敵対運動 - アルカーイダに繋がると、その結果、攻囲と封鎖は続かなければならないと主張できる。イスラエルは、Salafisの成功を許可するとされるハマース追放は続かなければならないと主張もできる。Cui bono(利益を得るのは誰か)はまた、メル-ハミスの殺害に関しても尋ねることができるが、それはもうひとつのストーリーだ。
posted by mizya at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラビーがガザへの支援物資を許可する完全な準備

2011年04月18日

カイロ、(PIC)-- エジプト外務大臣、ナビル・アル-アラビーが、エジプト-ガザ封鎖終結国際提携による訪問で、エジプトは人道支援物資や建設資材をガザ回廊に運び込むため援助するよう完全に準備されると確認したと、エジプト外務省報道官、マンハ・ブフームは語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:エジプトがガザへの建築資材を止める(04月05日)
posted by mizya at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザの「オリヴァ」: パレスチナ海域で人権監視する国際船進水

2011年04月17日日曜日

4月20日水曜日に、国際的乗組員で人権監視する船「オリヴァ」が、ガザ市の港から進水するだろう。現在、スペイン、合衆国、イタリア、ベルギーの民間人で構成されるCivil Peace Service(市民平和業務)の乗組員たちは、パレスチナ海域の中で、ガザの漁師たちに同伴するだろう。国際法違反は、監視され記録されるだろう。記録とヴィデオ素材が集められ、広められるだろう。

殺害された人権活動家、ヴィットリオ・アッリゴーニは、このプロジェクト設立に拘っており、したがって、彼の生活と仕事の記念が、記者会見の最後に持たれるだろう。ヴィクは、船名を選ぶのに拘っており、受難者にちなんで名付けるのでなくと彼の願望を表明していたので、船は、彼が支持したオリヴァの名前で進むだろうが、使命は彼の魂で続けられるだろう。

長さ8メートルの白いモーターボート、オリヴァの進水は、パレスチナ海域で市民平和業務の使命を開始するだろう。カストリード作戦以来、漁場へのアクセスは、一方的にイスラエルにより3海里に制限されてきた。オスロ合意で同意された20海里制限のこの劇的な縮小は、魚群の枯渇に近い漁場の乱獲をもたらした。 漁師たちは、パレスチナ海域で定期的に攻撃と侵入に着手する、イスラエル海軍による砲火、船や釣り道具の没収、逮捕で脅かされる。

赤十字国際委員会によると、ガザの漁師、4000人の殆ど90%は現在、貧しい(月収100から190米ドルの間)か、2008年に50%以上となった非常に貧しい(月収100ドル未満)と考えられている。

オリヴァの進水は、この状況の極端な脆弱性への応答だ。広域な国際機関が、パレスチナ人権センター、民衆闘争調整委員会、農業協同組合委員会、漁業・マリンスポーツ委員会といった地域的組織と提携して現れるこのイニシアティヴを支持している。

原文:Civil Peace Service Gaza

 皮肉といっていいかもしれない。ガザの漁師たちを攻撃して生活を破壊するイスラエル軍の医療団が、震災にあったニッポンの漁師町、南三陸町で、いかにも真っ当な国のそぶりで治療にあたったらしいのだから。というわけで、イスラエル軍に殺害された漁師の記事のひとつをアーカイヴに:

アーカイヴ:アル-メザンがイスラエル占領軍のガザでの漁師殺害を非難、国際社会に封鎖終結と市民保護を要請(2010年09月28日)
posted by mizya at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。