2011年04月22日

アッバス:イギリスとフランスはパレスチナ国家を承認するだろう

2011年04月20日

パレスチナ日刊紙、アル-アッヤームとのインタヴュで、パレスチナ大統領は、パレスチナ自治政府が、9月のパレスチナ国家設立を見るため、オバマのヴィジョンを果たそうと努めていると語る。

Avi Issacharoff and Danna Harman

パレスチナ自治政府大統領、マフムード・アッバスは、パレスチナは国家の準備が整ったが、パレスチナ自治政府は、一時的国境とするイスラエルの考えに同意しないと繰り返した。

パレスチナ日刊紙、アル-アッヤームとの談話で、アッバスはまた、パレスチナ自治政府が、中東調停者、カルテットにより決定された9月のパレスチナ国家設立を見たいと語った、米国大統領、バラク・オバマのヴィジョンを果たすだろうと語った。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「オバマの計画:帰還権なしのパレスチナ国家」Ynet news.com

ホワイトハウスは、パレスチナが帰還権をあきらめる、パレスチナ国家を受け入れるイスラエルに焦点を合わせる和平協定を作り出す。首相は、クネセトと米国議会に自身の和平案提出を計画する。

Yitzhak Benhorin
2011年04月21日

(本文翻訳省略:何しろイスラエルの希望的観測の段階、決定したことではないので)


posted by mizya at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不法なオリーヴ樹窃盗を止めるべき

2011年04月20日

この10年ほどの間、古来オリーヴ樹の違法取引 - 引き抜いて盗み、西岸からイスラエルへの密輸を含む - が、伝えられるところによれば、繁盛している。

Haaretz社説


不道徳な富裕層は、新しく趣味の悪い戯れを持つ:彼らの屋敷の庭に古来のオリーヴ樹を飾る。

月曜日のHaaretzヘブライ語版掲載の、ジャーナリスト、Maya Zinshteinによる調査報告によれば、この10年ほどの間、古来オリーヴ樹の違法取引 - 引き抜いて盗み、そして西岸からイスラエルへの密輸を含む - が繁盛している。

それは、樹木1本が何万シェケルもで売れる、1年あたり何百万シェケルもに相当する市場だ。Haaretz報告は、土地とその樹木の種の愛と関係ない愛玩木への醜い強欲と共に、この点で犯罪行為の容疑を暴露した。

(略)

全文:Haareta.com

 強奪した土地に強奪したオリーヴ樹を植える、土地も古いし樹木も古いが、そこに住むユダヤ人たちはつい先だってヨーロッパから移民してきたばかり。
posted by mizya at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。