2011年04月26日

ユダヤ人入植者・イスラエル軍・イスラエル警察 - 4題

ユダヤ人入植者が東エルサレム地区で発砲
2011年04月24日

エルサレム、2011年4月24日 (WAFA)- 目撃者によれば、ユダヤ人入植者は、日曜日、東エルサレムのワディ・アル-ジョズ地区の通りで、地区のパレスチナ住民の中にパニックを引き起こし、発砲した。

al-Maqdesee for Social Development所長、モアズ・アル-ザタリは、入植者がヒステリックに行動し、入植者に撃たれる恐れから、イスラエル警察が彼を逮捕しに来るのを待って人びとは家屋に留まったと語った。

(略)

全文:WAFA

イスラエル軍がバテン・アル-ハワでパレスチナ資産を粉砕
2011年04月24日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- イスラエル軍が通りで、パレスチナ住民所有の車輌数台を打ち壊し、催涙ガス、ゴム(皮膜金属)弾や音響爆弾を発砲し、暴力的衝突が昨夜、シルワンのバテン・アル-ハワ地区で突発した。若いパレスチナ人たちは、イスラエル軍に占拠された地区中心のパレスチナの建物の屋上に火炎瓶を投げた。負傷は報告されなかったが、住民資産にもたらされた膨大な損傷が記録された。

原文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan

軍がアッズーン村を孤立させる
2011年04月23日土曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル兵士らが金曜日、西岸北部、カルキリヤ市近くのアッズーン村を孤立させ、住民すべての出入域を妨げた。

地元筋は、周辺領域から村を完全に孤立させる、小さいものや未舗装道を含む村の入り口すべてに兵士らが配置されたと報告した。

(略)

全文:International Middle East Media Center

イスラエル警察官が教会に行く途中のパレスチナ人クリスチャンを殴る
2011年04月23日

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル警察官は「聖なる土曜日」で被占領エルサレムの聖墳墓教会を訪れる途中のパレスチナ人クリスチャン集団を殴りつける。

パレスチナ関係筋は、衝突につながった、バリケードを配置する警察が、外国人旅行者何十人もにイスラエル観光ガイドと一緒に通過を許す一方、(パレスチナ)青年たちが聖地に行くのを妨げたと語った。

クリスチャン活動家は、非-ユダヤ人すべてに対するイスラエルの宗教的嫌がらせを非難した。

その一部で、サワシヤ人権センターは、イスラエルが、非-ユダヤ人の被占領エルサレム入域を妨げるよう計画していると非難した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。