2011年05月23日

ガザ支援船がエジプトから供給入手

2011年5月21日土曜日
ISABELLE LAI
isabellelai@thestar.com.my

ペタリンジャヤ:MV Finchの乗客と乗組員に新鮮な食料と水が提供された。

Perdana Global Peace財団報道官、シャムスル・アズハルは、供給が現在十分と語り、エジプト当局にその支援を感謝した。

「レイチェル・コリーの精神」号としてもまた知られる船は、エジプトのアリーシュ港に停泊されるのを待つ間、過去4日間、錨を下ろしていた。

「現在、すべてがいい。しかしながら、これら活動家の何人かは、海で初めてあまり何日も過ごし、彼らの精神はちょっと低調」と彼は語った。

船が港の待ち受け区域を離れるよう命じられたとの、木曜日のメディア報道について訊かれて、シャムスルは、多くの混乱があったと語った。

「彼らがわたしたちを停泊させなかったということでない。単に、彼らが従わなければならない幾つかの手順があるということだ」と彼は語り、カイロのマレーシア大使館が、エジプト当局と話すことにより補助していたと付け加えた。

(略)

全文:the star online

先行記事:「ガザ封鎖を破るため、フェイスブックとツイッターにこのメッセージを転送して」Global Research.ca

アップデート;モントリオール、5月19日
Global Researchは(北米)東部夏時間午前8時20分に船と接触。

アル-アリーシュのエジプト港湾当局は、水と食糧を約束した。しかし、水と食糧は提供されていない。決定がカイロとテルアヴィヴでなされると意味する、「わたしたちは指示を待っている」。

彼らはまた、船がアル-アリーシュ港の埠頭につくのを許容すると約束した。しかしこれらもまた、カイロから青信号を必要とする空約束だ。そして、カイロはテルアヴィヴの青信号を必要とする。

エジプト政府は、イスラエルのため仕事している。実際、イスラエルの封鎖は、アル-アリーシュからエジプト-ガザ国境まで、エジプト海岸線(土地とエジプト領海)に沿って広がる。(下の地図参照、ガザとの国境は------ で示される)


al_arish_egypt_map.gif

カイロ政府は、テルアヴィヴの事実上の代理人だ。エジプト民衆は、彼らの連帯とガザ封鎖を破る決意を表明してきた。カイロ政府は国際法を無視して行動する。

「レイチェル・コリーの精神」号は、「エジプトの封鎖」を破り、人道物資の輸送を陸路で確実にするため、アル-アリーシュ港に近づくと決めた。


(略)

 本当に「従うべき手順」の問題だけであったかどうか疑わしい。先行記事の運動呼びかけがあったから、「従うべき手順」の問題となった、と考えられる。やっぱり、エジプト旅行は時期尚早かもしれない。ムバラク政権と同様のことを続けるなら、現政権もムバラク政権と同様の運命を辿る。
「アラブの春」を眺めながら「ニッポンの春」は来るのだろうかと考えてみる。民主党政権がよくやっているとは思わない(官僚の思惑に惑わされるな)、が、自民党政権だったなら、もっと酷いことになっただろうと断言できる。東京電力から政治献金を受けていたのは自民党だ。民主党から「政権」を奪い、税金を投入して東京電力を救いたい「腹」が丸見えだ。


posted by mizya at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HRWがイスラエルに「ナクバの日」の死の調査要求

RON FRIEDMAN
2011年05月21日

ヒューマン・ライツ・ウオッチは、イスラエル国防軍の実弾使用を非難する;国境の抗議者たちが武装していた、あるいは軍に発砲したとする証拠は全くないと語る。

NGO、ヒューマン・ライツ・ウオッチは、金曜日、イスラエルと国連に「5月15日の軍による抗議者たちの殺害に関する、迅速、徹底的、独立の犯罪捜査」を行うよう呼びかけた。

(略)

全文:The Jerusalem Post

アーカイヴ:アムネスティがナクバの日の死の調査を求める(05月21日)
posted by mizya at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル国防軍はイタマル殺人者を死刑にしたい

2011年05月20日金曜日
Dimi Reider

Haaretzは今朝、軍事検察当局が、イタマル入植地のフォーゲル家族の殺人容疑者ふたりの起訴状の準備を終え、死刑宣告を求めるつもりと報じた。Chaim Levinsonは述べる:

軍は、3月の西岸入植地、イタマルのフォーゲル一家家族5人の殺人者に、どうやら死刑を求めるらしい。これは、1990年代半ば以来、死刑を求める最初となるだろう。

そうした要求は、死刑がイスラエルで現実に執行された唯一のケースが、1962年のナチ戦争犯罪者、アドルフ・アイヒマンのものだったので、おそらく単に象徴だろう。死刑宣告は、国家の初期、時折、テロリストに対して出されたが、常に減刑された。


現在拘置の容疑者ふたりが、本当に殺人者と仮定すれば、そして、彼らが有罪と宣告されると仮定すれば - どちらもしかし確実でない - 3点が考慮されるべきだ:

(略:「容疑者ふたりが、本当に殺人者と仮定すれば」の考察なので)

全文:+972

アーカイヴ:イタマルの殺し屋は見つかったのか?(04月20日)
     :イタマル「解明」まだ不明確(04月20日)
     :社説:短絡な応答(03月22日)
posted by mizya at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが死海の土地14万ドナム没収計画

2011年05月21日

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル占領当局は、新プロジェクトが、ユダヤ人入植者らの利益のため使用されるよう、後退した死海の土地、14万ドナム没収を目指すと宣言した。

イスラエル政府資産職員は、その支配を手にし国家資産と宣言するため、死海に沿った土地、土地のいくつかは水の下の、12の請願を提出した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:イスラエルが「ヨルダン渓谷資源搾取」(05月15日)
     :Ahava死海製品のボイコット効果あり(2009年12月08日)
     :イスラエルが死海沿岸を国家の土地と宣言:Peace Now(2009年07月22日)
posted by mizya at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

パレスチナ国家支持者は国連で米国拒否権行使を回避できる

2011年05月20日
Pamela Falk

オバマ大統領は木曜日、「イスラエルを非合法化する」パレスチナの「努力は失敗に終わるだろう」と語り、「国連で9月に、イスラエルを孤立させる象徴的行動は、独立国家をもたらさないだろう」と付け加えた。

公式な国連会員の条件で、彼は正しい。国連憲章の第II章、第4条は「国連会員となるいかなる国家の入会も、安全保障理事会の勧告に於いての総会の決定で遂げられる」と述べる。

それは、イスラエルとの交渉に成功しないなら、いかなるパレスチナの会員資格にも、安全保障理事会メンバー、米国が、拒否権を行使するだろうと示唆する。

しかし、米国拒否権は結局重要でないかもしれない。努力は、総会がパレスチナ会員資格に賛成票を投じる支持を集めるため、国連で進行中だ。総会の必要な2/3の大多数を得るため、支持者、193票を見つけなければならないだろう。

計画はそして、「平和のための結集」と題された、総会決議377 A (V) を頼ることだ。国連条約文書によれば、1950年に通過したそれは「安全保障理事会で、常任理事国の満場一致を欠き、国際的平和・安全の維持のため主たる責任を行使し得ない場合、総会がその問題自体を握るだろうと述べる」。それは基本的に、国連総会が国連安全保障理事会を迂回することを意味する。

(略)

全文:CBSNEWS
posted by mizya at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ラグビースターがガザ支援小艦隊に加わる

Barry Duggan
2011年05月19日木曜日

レンスターラグビーファン数千人が今週末のハイネケン・カップ決勝で、カーディフへの大移動を始める時、ラグビースターは、はるかに手強い旅を準備している。

レンスターとマンスターの両方で、100試合以上に出場したトレバー・ホーガン(31)は、来月、ガザ回廊へのイスラエル海上封鎖突破を望む主要小艦隊のアイルランド人30人のひとりになるだろう。

(略)

アイルランドのため4回試合したホーガンは、昨1月、ひざの故障でプロラグビーから引退せざるを得なかった。レンスターで競技している時、彼は、元コーチ、Michael CheikaとUCDでアラブ-イスラエル紛争を学んだ。

「そこでの不正は、わたしがゆっくり意識するようになった何かだ。わたしは、パレスチナの歴史とアイルランドの歴史に類似を見ることができる」と、トレバーは説明した。

「パレスチナ民衆に起こったことは、不正で、わたしたちは、来月の平和使節の一部として、人道支援物資を提供することを望んでいる」。

(略)

全文:Independent.ie
posted by mizya at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

多国籍企業が被占領パレスチナの土地を採掘する

Adri Nieuwhof
The Electronic Intifada
2011年05月17日


whoprofits

HeidelbergCementとCemex、ドイツとメキシコのふたつの建築資材産業は、それぞれ、被占領西岸での砕石作業に関わる。The Electronic Intifadaは、荷物を積載したトラックが違法な採石場を離れ、イスラエルに移動するのを示す、証拠資料を手に入れた。

国際法は、被占領の西岸、ガザ回廊、シリア領、ゴラン高原の天然資源の、利益のためのイスラエルの搾取を禁止する。

一方、西岸のイスラエル運営の採石場 - HeidelbergCementとCemexの子会社により運営される、ナハル・ラバとヤティル採石場を含む - は、イスラエルの建設資材の殆ど4分の1を供給する。

HeidelbergCementの子会社、ハンソン・イスラエルは、グリーンライン - イスラエルの国際的に認められる被占領西岸との境界 - の近くの西岸のナハル・ラバ採石場と、イスラエルのパレスチナ村、クファル・カシムを運営する。

Cemexは、その子会社、ReadyMix Industriesを通してヤティル採石場の50パーセントを所有する。ヤティル採石場は、西岸のヘブロンの丘南部のイスラエル入植地、Teneh Omarimの隣に位置する。

(略)

110517-quarry-truck.jpg
人権調査官により撮られた写真は、ヤティル採石場から資材を積んだトラックがMeitar検問所経由でイスラエルに入るのを記録する、 2011年5月1日。(Dror Etkes)

(略)

全文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。