2011年05月07日

ガザが最初のマラソン開催

パレスチナ-国連イベントは、子どもたちがリレーに参加するとき、障害物が多いと気づき、ランナー1,500人の内9人だけが全コースに取り組む

Conal Urquhart in Jerusalem
guardian.co.uk
2011年05月05日木曜日

Gaza-marathon-007.jpg
ガザのマラソンはパレスチナ児童1,300人以上を引き付けた。Photograph: Ibraheem Abu Mustafa/Reuters

ロバの荷車、排気ガス、穴ぼこなどは、ただガザ回廊最初のマラソンで、ランナーにとっての障害のいくつかに過ぎなかった。

ルートが大変シンプルだったから、道路の封鎖もなく、警備テープもなく、先導もなかった:イスラエルとの国境で始まり、エジプトとの国境で止まった。

レースは、木曜日、日の出の3分後、現地時間午前6時に始まり、気温は既に摂氏21度だった。出発点は、北東、ベイトハヌーンから、ランナーは地中海のほう、西に向かった。

(略)

学童1,300人以上が、一度に1キロメートルのリレーでマラソンを走る一方、200人ほどが、ハーフマラソンか4分の1マラソンを走った。大人の参加者9人 - ガザ住民7人と国連で働くふたり - のみが全コースを走った。勝者は、北京オリンピックに5,000メートルを走り、2012年のロンドン大会で走ることを望んでいる、ベイトハヌーンのナデル・アル-マスリ、31歳だった。彼は2時間42分を記録した。

レースがガザ市に達するまでに、マスリは既に相当のリードを展開していた。沿岸道路は、イワシ漁師が漁獲を荷揚げする港を通って走る。ランナーたちは、ロバ荷車、幌馬車、漁師と商人たちが歓声をあげる、魚で満たされたブルーボックス何百もを通り抜けなければならなかった。

(略)

全文:guardian.co.uk

アーカイヴ:UNRWAガザマラソン2011(05月03日)


posted by mizya at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。