2011年05月18日

パレスチナ人何千人もがイスラエルで帰還の行進

Jillian Kestler-D'Amours
The Electronic Intifada
2011年05月13日

110513-march-of-return-sized.jpg
イスラエルのパレスチナ系市民が例年の帰還行進に参加、2011年5月10日 (Jillian Kestler-D’Amours)

5月10日、国家独立を記す国粋主義的パーティとフェスティヴァルがイスラエル中で開催された時、パレスチナ人とその支持者たち数千人は、彼らの先祖の村々、家への帰還権を求めて、ガリラヤで彼ら自身の記念を開催した。

「この日は国の独立記念日だが、また、パレスチナ民衆にとってナクバの日でもある」と、行進を組織した集団、イスラエル国内強制退去者権利委員会総代、ワーキム・ワーキムは説明した。

帰還行進参加者たちは、今や14年目となる、イスラエル北部、アクレ(アッカ)から遠くないふたつの元パレスチナ村、al-Damunとal-Ruwaysの間を歩いた。両村は、ナクバで破壊された。

(略)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼らの独立はわたしたちのナクバ;木曜日にパレスチナ人何千人もが行進

2011年05月12日

Munjed Jadou – PNN Editor in Chief- 彼らの独立はわたしたちのナクバである。それが、今年の抗議に選ばれたスローガンである。西岸やガザ回廊の主要都市同様ベツレヘムで;学童、教師たちや政治家、同様に宗教指導者たち;ムスリム、クリスチャンどちらもが、パレスチナ内外の難民、今日470万人の帰還権を主張して行進した。

(略)

全文:Palestine News Network

関連記事:「PLO職員:帰還権は譲歩しないだろう」Ma'an News Agency

2011年05月13日金曜日

67105_345x230.jpg

ラマッラ (Ma'an) -- パレスチナ難民が彼らの家に帰還する権利は譲歩しないだろうと、PLO職員、ザカリヤ・アル-アグハは木曜日に語った。

PLO難民業務局のトップ、アル-アグハは、誰も、1948年の国連決議194で安置された難民帰還権を否定する権利はないと語った。

決議を発行したにも拘らず、国際社会は、63年間、世界中に四散させられた、1948年に追放されたパレスチナ人の帰還を促進してこなかったと、アル-アグハは言及した。

(略)
posted by mizya at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。