2011年05月22日

パレスチナ国家支持者は国連で米国拒否権行使を回避できる

2011年05月20日
Pamela Falk

オバマ大統領は木曜日、「イスラエルを非合法化する」パレスチナの「努力は失敗に終わるだろう」と語り、「国連で9月に、イスラエルを孤立させる象徴的行動は、独立国家をもたらさないだろう」と付け加えた。

公式な国連会員の条件で、彼は正しい。国連憲章の第II章、第4条は「国連会員となるいかなる国家の入会も、安全保障理事会の勧告に於いての総会の決定で遂げられる」と述べる。

それは、イスラエルとの交渉に成功しないなら、いかなるパレスチナの会員資格にも、安全保障理事会メンバー、米国が、拒否権を行使するだろうと示唆する。

しかし、米国拒否権は結局重要でないかもしれない。努力は、総会がパレスチナ会員資格に賛成票を投じる支持を集めるため、国連で進行中だ。総会の必要な2/3の大多数を得るため、支持者、193票を見つけなければならないだろう。

計画はそして、「平和のための結集」と題された、総会決議377 A (V) を頼ることだ。国連条約文書によれば、1950年に通過したそれは「安全保障理事会で、常任理事国の満場一致を欠き、国際的平和・安全の維持のため主たる責任を行使し得ない場合、総会がその問題自体を握るだろうと述べる」。それは基本的に、国連総会が国連安全保障理事会を迂回することを意味する。

(略)

全文:CBSNEWS


posted by mizya at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ラグビースターがガザ支援小艦隊に加わる

Barry Duggan
2011年05月19日木曜日

レンスターラグビーファン数千人が今週末のハイネケン・カップ決勝で、カーディフへの大移動を始める時、ラグビースターは、はるかに手強い旅を準備している。

レンスターとマンスターの両方で、100試合以上に出場したトレバー・ホーガン(31)は、来月、ガザ回廊へのイスラエル海上封鎖突破を望む主要小艦隊のアイルランド人30人のひとりになるだろう。

(略)

アイルランドのため4回試合したホーガンは、昨1月、ひざの故障でプロラグビーから引退せざるを得なかった。レンスターで競技している時、彼は、元コーチ、Michael CheikaとUCDでアラブ-イスラエル紛争を学んだ。

「そこでの不正は、わたしがゆっくり意識するようになった何かだ。わたしは、パレスチナの歴史とアイルランドの歴史に類似を見ることができる」と、トレバーは説明した。

「パレスチナ民衆に起こったことは、不正で、わたしたちは、来月の平和使節の一部として、人道支援物資を提供することを望んでいる」。

(略)

全文:Independent.ie
posted by mizya at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。