2011年05月31日

ハマース職員がマレーシア支援をガザに入れるようエジプトに促す

2011年05月30日

ガザ市 (Ma'an) -- ハマース高官、ムハマド・シェバーブは、月曜日、エジプトに、マレーシア船の支援物資をガザ回廊に入れるよう求めた。

マレーシア船は、イスラエル海上封鎖を破り、ガザ港に支援物資を運ぼうと試みた。しかしイスラエル軍は、船に向け警告弾を発砲し、エジプトのアリーシュ港の埠頭につくよう強いられた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

先行記事:「PGPFはエジプトがガザ行きPVCパイプの陸路輸送を許すよう望む」BERNAMA
2011年05月28日

KUALA NERANG、5月28日 (Bernama) -- Perdana Global Peace財団 (PGPF) は、エジプト当局が、ガザ行き塩化ヴィニール管を、イスラエルを経由するのでなく、陸路輸送させるよう望むと表明した。

(略)

アーカイヴ:活動家たちがガザ支援をイスラエル経由で送るのを拒絶(05月28日)

 エジプトにしろイスラエルにしろ、塩化ヴィニール管を恐れているとは思えない。ポリの管なのだから。悪意とするなら相当なもの、狂ってる。疲れるよ、このような狂気に沈黙している「国際社会」とかいうやつに。


posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国企業がイスラエルへのエジプトガス供給再開を求める

東地中海ガス会社 (EMG) の米国投資家らが、エジプト政府に対し、イスラエルへのガス供給再開を確実にするよう、法的措置を取ったと、EMGの米国パートナー職員は、月曜日、Reutersに語った

Reuters
2011年05月30日月曜日

(本文翻訳省略:Reutersの記事は翻訳の情熱をそぐ)

全文:ahram online

アーカイヴ:イスラエルのエジプトガス問題(04月30日)

 アーカイヴの記事によれば、ホスニ・ムバラク政権下での契約で、割引価格に関する不正を調査中、まあ、この不正に米国投資家らも一枚噛んでる可能性は濃厚だ。通常、投資家らが告発するのは儲けを薄くする「割引価格」の方なのだから。
posted by mizya at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペインが9月以前にパレスチナ国家承認

2011年05月30日

ラマッラ、2011年5月30日、(WAFA) - ファタハ中央委員会メンバー、ナビル・シャースは、月曜日、東エルサレム駐在スペイン総領事、Alfonso Portableが、9月以前にパレスチナ国家を承認する彼の国の意志を強調したと語った。

シャースは、Portableとの会談後、プレスリリースで、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフのアメリカ議会での演説後、パレスチナ国家の完全な承認を求めるパレスチナの戦略を説明したと述べた。

彼は、9月に独立パレスチナ国家の国際支援を獲得するためさらなる努力をすると強調した。

(略)

全文:WAFA

アーカイヴ:メドベージェフ:1988年同様、ロシアはまだ独立パレスチナを承認する(01月19日)
posted by mizya at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナは公正に渇く

2011年05月30日月曜日
Francesc Cabré Sánchez
Alternative Information Center (AIC)

イスラエルは、被占領パレスチナ領域の水源の殆どを支配し、この命に関わる液体へのパレスチナ人のアクセスを深刻に妨害する。「公正に渇く」キャンペーンは、この問題を世界的議題に載せようと目指す。

palestinian_water.jpg

ガザと西岸のパレスチナ人は、ふたつの領域に繋がりを欠くにも拘らず、問題を共有してきた。最も深刻なひとつが、水の必要を満たすことでの障害だ。パレスチナの建物の多くが、屋上に雨水を集めるタンクを持っているのは偶然の一致でない - これは生存に不可欠だ。

給水問題は、ユダヤ市民の利益のためにパレスチナ人を害し、国際法に違反するイスラエル政策により引き起こされる。アムネスティ・インタナショナルなどの組織の報告は、主としてイスラエル支配下にある領域での水資源の分配が、決して公正でなく、それがパレスチナ人の健康と環境に深刻な結果を生んでいると示す。

ヨーロッパ政府と市民たちに影響を及ぼし、この領域での慣例を変えるようイスラエルへの圧力を目的として、Oxfam、Save the Children、ユニセフを含む30組織ほどが集まった集団、緊急上下水衛生集団 (EWASH) が、3月22日、「公正に渇く」キャンペーンに乗り出した。「パレスチナ人は、需要を満たすに足る潜在的水を持っているのに、イスラエルが法律を遵守しないので、それにアクセスできない」と、キャンペーン報道担当、ズィヤード・ルナティは語った。

(略)

全文:The Alternative Information Center (AIC)

先行記事:「専門家:ガザの水の95%は飲めない」Gaza TV

2011年05月27日

ガザで木曜日に持たれたMizan人権センターによる主催のワークショップで、パレスチナの専門家たちは、ガザ回廊の地下水95%が、飲用に適さないと語った。

(略)

アーカイヴ:パレスチナの水危機は悪化する(2010年10月18日)
posted by mizya at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがラファ再開非難

2011年05月29日

エルサレム (AFP) -- イスラエル大臣は、日曜日、テロリスト集団が検問所を通して兵器や人びとを自由に移動できると警告して、ガザとのラファ国境検問所を再開するエジプトの決定を非難した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ガザ国境検問所はヨーロッパ・オブザーバにとらわれずに存続するとハマース職員」Haaretz.com
2011年05月29日

集団のal-Aqsa Radioと話して、高官は、2007年以来沿岸飛び地を支配するハマースが、ガザのラファ検問所を管理できると立証したと語る。
DPA

ハマースは、エジプトとの新たに開かれた国境検問所を管理するために、国際的オブザーバを求めないだろうと、闘士集団高官は、600人ほどが新たに開かれた国境を利用した日曜日、語った。

ガズィ・ハマドは、パレスチナが、イスラエルとの2005年取引で規定された、議論ある検問所へのヨーロッパ・オブザーバの即時復帰は必要ないと見ていると語った。

1876911199.jpg
ガザ回廊南部、ラファ検問所でエジプト係官に父親のパスポートを提示するパレスチナ少年。2011年5月28日
Photo by: AP

「パレスチナは、ラファ検問所を管理する能力を立証した」と、事実上のハマース政権の副外務大臣でガザ国境当局のトップ、ハマドは語った。

(略)

 ハマースの武装部門が活動しなかったとはいわないが、イスラエル占領軍が殺戮してきたパレスチナ人の数があまりに多いので、相対的に、ハマースには武装部門さえないようにみえる。もともと学校や病院の設立、貧困者への支援からハマースは始まった。そのハマースを「テロリスト集団」に指定するのは、「ユダヤ人問題」をアジアに押し付けたい欧米に思惑あってのことだが、殺戮数を基準にするならイスラエルの方が比べるべくなく「テロリスト集団」だ。
 haaretzはイスラエル紙、Ma'anが転載するAFPはフランス通信社だ。
posted by mizya at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。