2011年06月08日

イスラエルがゴランに発砲して「23人死亡」

2011年06月05日日曜日

131928_345x230.jpg
デモンストレータたちは、イスラエルとのシリア境界沿いに集まっている時、イスラエルが催涙ガスを発砲するのから逃れる。イスラエル部隊は、日曜日、シリアからの抗議者たちが、被占領ゴラン高原の休戦ラインに突進した時、ダマスカスがデモンストレータ23人が殺戮されたと語る、射撃を開始した。 [AFP/Jack Guez]

マジュダル・シャムス、ゴラン高原 (AFP) -- イスラエル軍は、日曜日、シリアの抗議者たちが、被占領ゴラン高原の休戦ラインに突進した時、ダマスカスがデモンストレータ23人が殺戮されたと語る、射撃を開始した。

(略)

先の死傷者数を更新して、シリア国営メディアは、女と子どもを含む23人が殺戮され、350人が負傷したと報じた。イスラエル軍は、死傷者12人を認識していると語った。

合衆国は、静まるよう求めた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「イスラエル左翼指導者:イスラエル国防軍はナクサの日抗議に『過度の武力』を使用した」Haaretz.com
2011年06月05日

元クネセトメンバー(国会議員)、ウリ・アヴネリは、兵士らが「暴力的」ユダヤ人入植者らに慈悲深いにも拘らず、パレスチナ人のこととなると「好戦的」と語る;イスラエルのアラブ人クネセトメンバー(国会議員)、ジャマル・ザハルカは、イスラエル国防軍の抗議者殺戮を「戦争犯罪」と呼ぶ。

Haaretz Service

元クネセトメンバー(MK)で、左翼組織、グシュ・シャロームの活動家、ウリ・アヴネリは、日曜日、イスラエル国防軍 (IDF) が、ゴラン高原で抗議者たちに対し、過度の武力を使用したと語った。「暴力的入植者らが扱われる慈悲深さに比べる時、好戦的振舞いはことさら際立つ」と、彼は語った。

アヴネリは、国がその国境を防御し、領土への密入国を防ぐ権利があると認めながら、「その国境を効果的に防御するために、国家はまず、その国境がどこかを知らなければならず、それらを国際社会に認められなければならない - そしてこれは、イスラエルが長年避けてきた決定である」とさえ付け加えた。

2460094280.jpg
イスラエル兵士らが、ゴラン高原のドゥルーズ村、マジュダル・シャムス近くのシリア-イスラエル境界フェンス脇で、狙いをつける、2011年6月5日
Photo by: Reuters

「その土地を強奪し、そこに入植地を打ち立てる、その近隣境界侵害国家は、自身の境界を防御するためとられた行為を正当化する耐えがたい時を持つだろう」と、アヴネリは語った。「ネタニアフ首相が語ることとは裏腹に、唯一の承認され合意される国際的境界 - すなわち、1967年ラインに基づく境界 - が、防御可能な境界だ」。

バラド派閥活動家何十人もが、日曜日午後、70号線のShfaram合流点で、イスラエル-シリア境界で行われた事件に抗議してデモンストレーションした。

バラド議長、イスラエルのアラブ系クネセトメンバー (MK) 、ジャマル・ザハルカは、イスラエル国防軍の抗議者殺戮を「戦争犯罪」と呼び、イスラエル兵士らの「将来同様のデモンストレーションを思いとどまらせる目的での殺すための発砲」を非難した。

「わたしたちは、国際的国境が、丘でなくキナレットにあり、イスラエルが、国境を侵害するもので、抗議者たちではないと思い出さなければならない」と、ザハルカは語った。(略)


posted by mizya at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カランディアでイスラエル兵士らによりパレスチナ人90人が負傷

2011年06月05日

エルサレム、2011年6月5日 (WAFA) - 日曜日、ナクサの日;6月5日、1967年戦争44周年を記念して抗議するパレスチナ人90人は、目撃者たちによると、カランディア検問所でイスラエル兵士らとの衝突で負傷した。

カランディア難民キャンプを攻撃するイスラエル兵士らの企ては、彼らに軍事境界に向け退却を強いた、石や空のガラスビン、鋭い物などを兵士らに投げるパレスチナ人たちに挫かれた。衝突は、現在までその地域で広く続いている。

アルアクサー救急車委員会活動家たちは、兵士らが、失神、手足のコントロール喪失、目のやけどなど様々な度合いで引き起こす、新種の毒性催涙ガス爆弾を撃っていると語った。これらの爆弾は、同様の衝突で、イスラエル兵士らが通常使用するものより強い衝撃を持つ。

(略)

全文:WAFA

関連記事:「イスラエル兵士らがベツレヘムのナクサの日を記念する行進を止める」WAFA

2011年06月05日

ベツレヘム、2011年6月5日 (WAFA) - イスラエル兵士らは、ベツレヘムの西の村、アル-ワラジャで、日曜日、ナクサの日、6月5日、1967年戦争44周年を記念する、パレスチナ人の行進を取り囲み妨げた。

村議会議長、サリフ・ハリーファは、イスラエル兵士らが、複数の呼吸困難を引き起こした催涙ガス爆弾を撃つ一方、パレスチナ人抗議者たちを激しく殴り、ベツレヘム地域、没収されたEin Jweza到達に向け移動する行進を妨げたと、WAFAに語った。

(略)
posted by mizya at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルガリアがパレスチナ国家への支持を確認

2011年06月05日

ソフィア、2011年6月5日 (WAFA) - ブルガリア外務大臣、Nikolay Mladenovは、パレスチナ民衆が独立を手にし、二国家解決の実現を支持する姿勢を確認した。

(略)

全文:WAFA

アーカイヴ:スペインが9月以前にパレスチナ国家承認(05月31日)
posted by mizya at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナの森林70.7%が損傷とPCBS語る

2011年06月05日

ラマッラ、2011年6月5日 (WAFA) - パレスチナ中央統計局 (PCBS) は、日曜日発表の報告で、西岸とガザ回廊のパレスチナ森林地域の70.7%が損傷地域と述べた。

日曜日の世界環境の日 (WED) を記念した報告は、パレスチナ人がナクサの日と呼ぶ1967年戦争、6月5日と一致した。

1967年に続き、パレスチナ領域の殆どを覆っていた森林の多くが、パレスチナの領土と環境に対するイスラエルによる攻撃と、パレスチナ人による過剰使用の結果、荒野となったと、報告は述べた。

(略)

全文:WAFA

 イスラエルが「砂漠を森に変えた」と宣伝するのとは裏腹に、「森は砂漠に変えられている」。そもそも森を壊して入植地を建設しているのだから。森林が破壊されるなら雨量は減少し、パレスチナは間もなく住めなくなるだろう。
posted by mizya at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。