2011年06月17日

真夜中、自転車を盗まれた少年の寂しげな顔

2011年06月14日

Vicky Orwel - PNN独占 - あなたの隣人があなたの自転車を盗み、この上なく幸福そうに通りを乗り回し、それを楽しんでいるのを見るなら、あなたはどうする? それを取り戻しに行く? 仮にあなたがパレスチナに住んでいるのでなく、あなたの隣人が入植者でなかったなら。これは、彼がいつもしていたように、夜寝る前、正面玄関の外に自転車を残し、朝起きて、それがなくなっているのを見出したテル・ルメイダに住む少年の場合だった。

Hebonbikstory.JPG.jpg

もちろん、誰かがお気に入りのおもちゃを奪ったなら、8歳なら誰でもなるように彼は不機嫌だ。しかしながら、誰がどうして自転車を盗ったのか、正確に彼が知った時の気分を想像してみて欲しい。パレスチナ人同士の窃盗がまれな、ことさら誰もが、起こったこと、誰が突如新しい自転車を手にしたか即座に知ることになるこれら状況下、ヘブロン旧市街のこの小さな地区で、誰もが互いを知っている。

自転車が盗られたところの家族の家は、入植地の、すなわち、1984年に建設されたラマト・イシャイ入植地のすぐ下に位置する。少年の家族にとって、自転車を盗んだのが入植者ということは、直ちに明確となり、起こったようなこうした事件は初めてでもなかった。それどころかこれは、ユダヤ人入植者社会が、単にここに住む、そしてユダヤ人でないので、アラブ住民を虐めて処罰する単に手法のひとつである。彼らに言わせれば、ユダヤ人の土地で領域、トーラに書かれた神からユダヤ人への約束、そしてこれが、アラブ人が、所有してきた、戻り得るかぎり遡って財産権を辿ることができる家屋や土地から追い立てられる(られてきた、そしてまだ、られている)べき、唯一の理由だ。

(略)

全文:Palestine News Network

 同じセム系、アラブとアブラ、アブラの無音のHが有音化してハブラ、ヘブロンは(バビロン幽閉から解放された)ヘブライ人の一部が流入してつくられた集落だったろう。ユダヤ教徒だったヘブライ人は、キリスト教が起こるとキリスト教に改宗し、イスラーム教が起こるとイスラーム教に改宗した。優遇税制があったから。ヘブロンに住むパレスチナ人の多くが、真正のセム系ヘブライ人、パレスチナを訪ねたことのあるひとは「彼はヘブロン出身だからね、商売に長けている」と、誰かが言うのを聞いたことがあるだろう。シオニズムを叫んでヨーロッパから移住してきたユダヤ人たちがセム系かどうかは定かでない。


posted by mizya at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤十字が備蓄医薬品をガザの病院に寄付

2011年06月14日火曜日

37330_345x230.jpg

ガザ市 (Ma'an) -- ガザの赤十字は、火曜日、健康活動分野が不足の危機に取り残されたので、赤十字が地元倉庫の医薬品すべてを、公立のガザの病院に寄付したと発表した。

(略)

パレスチナ人権センター (PCHR) は、月曜日、ガザ住民の健康状況の、ことさら医薬品にアクセスできない慢性病の「壊滅的悪化」を警告した。

PCHRは、ガザ回廊が、2月以来いかなる医療品も受けておらず、過去2週間、不足は「荒廃の危機」に繋がってきたと語った。

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「赤十字:ガザの医薬危機は手当が必要」Ma'an News Agency

2011年06月15日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザの医薬危機は、 解決を見るため「甚大で、集中的努力を要する」と、赤十字職員、Omer Ferryは、水曜日に語った。

(略)

アーカイヴ:省:不足のためガザで手術が取りやめられた(06月14日)
posted by mizya at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。