2011年06月21日

フランスがエルサレム家屋拡大で「懸念」

外務省は、Ramat Shlomoの2,000家屋に部屋増築を許可する国家承認の計画を「違法」と語り、イスラエルとパレスチナに交渉再開を促す

AFP
2011年06月20日

フランスが、東エルサレムに建てられた2,000家屋の増築のイスラエルの許可に関し、深く懸念すると、フランス外務省は、月曜日、語った。

「わたしたちの姿勢は不変だ:入植地建設は、西岸でと同様東エルサレムでも、国際法に照らして違法である」と、外務省報道官、Bernard Valeroは語った。

内務省の計画・建設委員会は、日曜日、各家屋が一部屋加えるのを許可する、Ramat Shlomo地区の2,000家屋の増築を承認した。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:欧州議会:東エルサレムはパレスチナ首都であるべき(06月16日)


posted by mizya at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがヤーファのホテルに道を開くためムスリムの遺骨を動かす

2011年06月20日

images_News_2011_06_20_bones_300_0.jpg

ナザレ、(PIC)-- イスラエル遺物当局(IAA)は、パレスチナ港湾都市、ヤーファのグランド・モスク近くのムスリム墓地跡に観光ホテルを建設する地元企業と作業してきたと、アル-アクサー・イスラーム遺産財団は、日曜日に声明で述べた。

財団は、IAAが、そこに埋葬されたムスリムの遺骨を、隠れて輸送するため、墓地近くのバンカーに置かれた段ボール箱に集めたと述べた。何十もの多くの遺骨が、墓地を通して点在するとアル-アクサー財団は述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:イスラエル占領がカシャラ墓地跡にホテル建設(01月16日)

先行関連記事:「イスラエル占領がイスラームのウマイヤド宮殿ユダヤ化」The Palestinian Information Center

2011年06月17日

被占領エルサレム、(PIC) アクサー寄金・遺産財団 (AFEH) は、イスラエル占領が、モスク周辺を聖書的公園に変える計画の一部として、アクサーモスクの南のウマイヤド宮殿をユダヤ化するため時間と競争していると、警告した。

(略)
posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。