2011年06月28日

報告:ガザ小艦隊がエル-アリーシュで積荷を荷下ろしできるとイスラエル・エジプトが合意

2011年06月27日

小艦隊が、調べられた後陸路ガザに輸送される、エジプトのエル-アリーシュ港での積荷の荷下ろしを許されるだろうと、Israel Radioは伝えた。
Haaretz

イスラエルとエジプトが、ガザ小艦隊に参加する船団が、調べられた後、陸路ガザ回廊に輸送されるだろうエジプトのエル-アリーシュ港で、その積荷を荷下ろしするのを許されるだろうとの理解に達したと、Israel Radioは月曜日、報じた。

(略:う〜ん、疑わしい、つい最近の、マレーシア船の塩化ヴィニールパイプはガザに届いたろうか?)

治安当局と外務省代表は、イスラエルが、テロリストあるいはテロ集団と提携する誰かが小艦隊に加わわる計画をしていると示唆する情報を持っていないと内閣に知らせたと、政府筋は語った。それにも拘らず、イスラエル軍と乗船のアラブ人活動家たちの間に衝突があるかもしれない。

(略)

500人ほどが、現在ギリシアに停泊する6隻か7隻の船を含むだろう小艦隊に乗船すると予想される; いつ出航するかは不明だ。ギリシア当局は、イスラエルと合衆国に、できる限り長く小艦隊を保持するよう求められてきた。船がギリシアから出航するなら、それらは、スペインとフランスから既に出航した2隻か3隻と会い、ガザ海岸に向かって続くだろう。

小艦隊に参加しないとの、トルコ集団、IHHの2週間前の発表は、予期された抵抗に関する防衛機関の見解を変えた。IHHメンバーは、2010年5月の小艦隊でのマヴィ・マルマラ号の海軍による拿捕に暴力的に抵抗し、彼らの9人が衝突で殺戮された。さらに、マヴィ・マルマラ号がこの小艦隊に加わらないので、イスラエルが引き返させるため乗り込む必要のない可能性を広げ、より小さい船団だけが含まれるだろう。

(略:イスラエル海軍はつまり、小さな舟なら問題ないが大きな船は怖いので暴力的になるということだろうか)

全文:Haarez.com

 さすがはイスラエル紙、イスラエル軍の発表を鵜呑みにしている。というわけで、マヴィ・マルマラ号襲撃の記事をいくつか、あまりにたくさんありすぎて...

アーカイヴ:国連:「マヴィ・マルマラ」で殺戮されたふたりは撃たれた時カメラを持っていた(2010年09月28日)
     :小艦隊船は弾痕を隠すため「塗装された」(2010年08月09日)
     :小艦隊ジャーナリストがイスラエルを告訴(2010年07月16日)


posted by mizya at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ小艦隊活動家:わたしたちの船のひとつが破壊された

2011年06月27日

イスラエル活動家は、ギリシアのピレウス港に停泊していた彼の船が、破壊の計画的企てと思われる、プロペラ・シャフトが壊されたのがみつかったと語る。
アミラ・ハス

ガザ小艦隊に参加することになっている船のひとつが、ギリシアのピレウス港に停泊されている間、計画的にいじられたと、ガザ小艦隊活動家は、月曜日、Haaretzに語った。

ギリシア・ノルウェー・スウェーデンの乗客をガザに運ぶことになっていた船は、プロペラ・シャフトが壊されて見つけられたと、船のスポークスマン、イスラエル人活動家、 Dror FeilerはHaaretzに語った。

毎日船を調べるスキューバダイバーは、月曜日、船内のトランスミッションを直接プロペラに接続する、船のプロペラ・シャフトが切られたと発見した。

Feilerによると、行為は、彼がまた、ギリシア主権への違反と考える破壊の計画的企てあることに疑いない。

問題を修理できるとしても、ことさら、最近宣言された火曜日と水曜日のギリシアのゼネストで、どれくらいかかるかはまだ不明だ。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:イスラエル諜報員とおぼしきものらが自由小艦IIの船のエンジン破壊を試みる(06月26日)
posted by mizya at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイルランド外務大臣がイスラエルにガザ小艦隊への暴力的拿捕に反対する警告

2011年06月26日

Eamon Gilmoreは、ガザ封鎖が「不当で、反生産的」と、アイルランドの姿勢を繰り返すが、アイルランド国民に、アイルランド船 MV(発動機船)Saoirseを含む小艦隊に加わるよう勧告しない。
Danna Harman

第2次「ガザ自由小艦隊」が今週出航する準備が整い、アイルランド外務大臣、Eamon Gilmoreは、輸送船団に対する昨年の行為のあらゆる反復を避けるようイスラエルに促したと、アイルランドメディアは、日曜日に報じた。

「イスラエルは、その海上封鎖維持を試みるなら、可能な抑制のすべてを果たし、いかなる軍事力行使も避けなければならない」と、通産大臣もまた兼務するGilmoreは、ダブリン駐在イスラエル大使、Boaz Modaとの会談の後語った。

3393573239.jpg
2011年6月25日、新たな親-パレスチナ支援小艦隊に加わるためフランスの地中海島、コルシカを出航する「Dignitי - Al Karama」(尊厳 - アル-カラマ)号
Photo by: AFP

「殊に、わたしは、船団のいかなる拿捕も平和な仕方で行われ、わたしたちの市民や他の参加者たちの安全を危険にさらさないと期待するだろう」と、彼は付け加え、ガザ封鎖が「不当で反生産的」であり、昨年の小艦隊冒険を標した暴力は「完全に受け入れ不可能で正当化できない」と、国の姿勢を繰り返した。

同時にギルモアは、彼の言葉が、小艦隊に加わる誰かへの勧告と解釈されるべきでないと語った。「海上封鎖を破ろうとすることで、潜在的に危険に連れ込む冒険に参加するアイルランド国民の誰にであれ、わたしが勧告できないと明確にした」と、Gilmoreは語った。

外務大臣声明は、アイルランド-パレスチナ連帯運動 (IPSC) により、彼が、アイルランド船、MV Saoirseを含む第2次小艦隊の安全な航海を求めるよう促された後、現れた。

「アイルランドを含むヨーロッパ連合加盟国が、被占領パレスチナ領域の保護される人びと、ことさらガザの人びとに向けてその責任を果たさないできたということが、わたしたちの信念だ」と、IPSC 議長、Freda Hughesは、Gilmoreへの手紙で述べた。

元/現国会議員やヨーロッパ議会議員、組合指導者、元アイルランド・ラグビー国際選手、トレバー・ホーガンを含むアイルランド人参加者25人ほどが、Saoirseで出航すると思われる乗船者の中にいる。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。