2011年07月24日

ネタニアフが入植者家屋の破壊を強いられるかも

Matthew Kalman in Jerusalem
2011年07月23日土曜日

ラマッラ近くの丘の上の前哨基地に、許可なしに建設された住宅3棟を破壊する裁判所の最終期限が明日切れるのを前に、ベンヤミン・ネタニアフ政権は、西岸でイスラエル入植者らとの最初の主要な衝突の過程にある。

イスラエル高裁は、先月、殆どが移動住宅に住む48家族の前哨基地、ミグロンの常置の居所3棟の45日以内の破壊を命じた。

居所は、パレスチナ人による所有の土地に、違法に建設された。仮に政府が応じると、イスラエル警察との暴力的衝突の引き金となったアモナ前哨基地で住宅9戸をブルドーザで均した2006年以来、イスラエルが常置の入植者建物を破壊する最初となるだろう。

イスラエルの法の下でさえ違法にも拘らず、ミグロンは、イスラエル住宅省により、100万ドル (61万2000ポンド) 以上を与えられ、道路、水、電話回線、電気、常置の軍パトロールを持っている。高裁は、3年以上前に閉鎖を命じた。

ネタニアフ氏支配のリクード党の著名なメンバーを含む、コミュニティ指導者や政治家らは、入植者らに支持を公約した。

原文:The Independent

 パレスチナ人の家屋破壊が行われない日はない。イスラエル占領軍が、パレスチナ人の住居建設を許可することは殆どないが、自らの土地に建てた家屋だ。引き換え、パレスチナ人の土地に建てられたユダヤ人入植者の住居が破壊されることは稀だ。狂った国だ。


posted by mizya at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者らが西岸のあちこちで放火

2011年07月22日

ベツレヘム (Ma’an) -- パレスチナ消防士たちは、イスラエル入植者らが、木曜日夜、複数場所の土地に放火して、西岸中で火事と戦ってきた。

金曜日早い報告は、入植者らが、西岸都市ナブルスのブリン村近くの農地に放火したと述べた。

「村に隣接するイツハル入植地の入植者何人かが、村南部の地域に放火し、現場から逃げ去った」と、ブリン村議会議長、アリ・イアドはMa'anに語った。

村の住民、何百人もが、現場に到着、消火を手伝い、消防士たちの鎮火に7時間、クフル・カリールあたりの樹木200本を滅ぼした。

ナブルス、サルフィト、ツルカレム、エルサレム北部の地区で、入植者らにより起こされた火事の報告もまた出現した。

(略:ナブルス北部の被害、土地150ドナムとオリーヴ樹、消火に9時間)

(略:ブリン被害、樹木5,000本、オリーヴ樹150本)

消防士たちはまた、イスラエル兵士らがオリーヴ樹を根こそぎにしたとの情報を受け、エルサレム北部、ベイトイクサ村の火事に急行した。

サルフィトの火事もまた、草原150ドナムを滅ぼし、オリーヴ樹90本を破壊した後、消された。

(略:まだまだ続くけれど)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「イスラエル兵士らがエルサレム地域の村でオリーヴ樹100本根こそぎ」WAFA
2011年07月23日

エルサレム、2011年7月23日 (WAFA) - イスラエル兵士らは、地元住人によると、土曜日、エルサレム北西の村、ベイトイクサの完全な成木のオリーヴ樹100本以上を根こそぎにし、それらを何処ともしれぬ場所に持っていった。

地元活動家、ナビル・ハバベは、イスラエル兵士らが、樹木を根こそぎにした後、やったことを隠すため整地したと語った。

彼は、軍ブルドーザがまた、井戸を掘り、村とユダヤ人入植地、Ramot近くの間に障壁を築くとの口実で、村の農地の広大な地域を破壊していたと語った。

イスラエル兵士らが、ムハマド・ハバベ、21歳を、イスラエル・ブルドーザによる、彼の家族所有のオリーヴ樹42本、彼らの唯一の生計源の根こそぎに抗議したので、逮捕したと、彼は語った。

イスラエル兵士らはまた、さらなるオリーヴ樹を根こそぎにするブルドーザを止めようとしたパレスチナ人たちを強打した。
posted by mizya at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

イスラエル占領当局が被占領エルサレムの土地136ドナムを没収

2011年07月22日

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル占領当局 (IOA) は、被占領エルサレムのパレスチナの土地、136ドナムを没収する意図を宣言した。

IOA-支配エルサレム自治体の組織・建設委員会は、102ドナムが、ラス・アル-アムードとワディ・カッドゥーム地域で収用されると語った。

委員会は、他の34ドナムが、シルワンの町南部で没収されると語った。

治安部隊に護衛された自治体チームは、それら地区の家々に、その趣旨の命令を貼付けた。

原文:The Palestinian Information Center

 アトリエでアベリアの剪定をしている。東京電力がばらまいた放射能をたっぷり浴びている筈だから、例年になくかなり短く剪定している。切った枝にハチが巣を作っていたらしく、いつまでも切り離された枝の近くを飛び回っていた。巣を探してたった1匹。
posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティビが「ナクバ否定者」法案に関して高等裁判所に訴える

クネセトメンバーは、「ナクバ」を否定するグループから資金を引き上げるよう提案する法案の討論を退ける、クネセト最高会議幹部会決定への説明を要求する

Aviad Glickman
2011年07月21日

クネセトメンバー、アフマド・ティビは、木曜日、彼が口火を切った「ナクバ」を否認するグループへの資金を否定するよう提案する法案のクネセトの討議退けに関し、クネセト議長、Reuven Rivlinに説明を要求する訴状を、高等司法裁判所に提出した。

アダラ組織の支援で提出された訴状は、決定が、クネセト最高会議幹部会の裁量権を根本的に超えていると主張する。

(略)

ティビは、法案がクネセトにより承認される機会はないと認めたが、クネセトメンバーとして、彼の役割の欠くことのできない部分と見なすと語った。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ナクバ法とナクバ地図がナクバの夢を提示する(03月30日)
posted by mizya at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

イスラエルメディアが上級閣僚に対する国際的訴訟増大を警告

2011年07月21日木曜日

イスラエルのメディア筋は、パレスチナ民衆に対する戦争犯罪告発で、イスラエル士官や閣僚を追求する、国際的な法的キャンペーンの増大を警告した。Channel 10 TVによれば、新たな訴訟3件が、最近、2010年の自由小艦隊参加者により、イスラエル上級閣僚らに対して、スペインの裁判所に起こされた。先だって書類が提出された、イスラエル海軍司令官と他の多くの政権大臣同様、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフ、外務大臣、アヴィグドール・リーバーマン、国防大臣、エフード・バラクすべてが訴訟に直面する。

(略)

エフード・バラクと前幕僚長、ガビ・アシュケナジは、ベルギー、フランス、ギリシア、南アフリカを含む、多くの国で同様の訴訟に直面する。小艦隊襲撃に関して2人の役員に対して起こされる告発は、殺人、拘束、誘拐、強制送還、拷問、強盗、国際協定不履行を含む。

法務省筋は、これら訴訟行為と戦うため、特別チームが招集されたと認めた。彼らはまた、イスラエル閣僚のそこでの逮捕をもたらし得るイギリス裁判所に提出される同様の訴訟の可能性に関する容易ならざる懸念があることを仄めかした。

全文:Middle East Monitor
posted by mizya at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EWASH:ガザ上下水基盤破壊は停止すべき

2011年07月19日

ガザ – PNN - 緊急上下水衛生集団 (EWASH) は、ガザ回廊の上下水基盤に損傷をもたらした最近のイスラエルによる空爆を非難した。

welldestroyed.jpg

EWASH、パレスチナ領域で活動する30の際立つ人道組織の連合は、今日、プレスリリースで、日曜日のある特定の空爆でもたらされた損害を詳述した。空爆は、その過程で子ども4人、女3人を負傷させ、ベイトハヌーンの農業用井戸を破壊した。井戸は、アッザアニン家と農地39ドナムに水を供給した。

同じ攻撃はまた、5世帯59人に供給する水槽9基に損害をもたらした。EWASHは、欠くことのできない市民の基本的施設に対するそのような攻撃を非難する。

今年始め、3月、イスラエルの空爆は、フザア自治体の倉庫に命中、6万ドル相当の欠かすことのできない上下水道資材を破壊した。同様に4月、ガザ市、アル-クバ地区のアル-ミンタル貯水池に対する攻撃は、3万人を3日間水なしで置き去りにした。

ガザに課している封鎖故にイスラエルは、パレスチナ人が欠かせない供給へのアクセスを持つことを確実にしなければならない。これはパレスチナ人が国際法で保証される権利である。

(略)

全文:Palestine News Network

 イスラエルは、東北を襲った大震災、家屋や基盤整備の破壊、食糧や飲み水の欠如、生計喪失を、空爆や封鎖で、漁業海域の縮小で、故意に、創出している。それらを隠蔽するために、是が非でもニッポンの被災地で「支援活動」に従事したかった。南三陸町に滞在した同じ頃、ガザの貯水池を破壊していた。
posted by mizya at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

イスラエルが非-暴力を除外:ネタニアフの狂気の方式

Jonathan Cook - ナザレ

先週、イスラエルや被占領地のその入植地へのボイコット呼びかけを違法とするボイコット法案を可決した時、イスラエル議会に、最も有効なコメントをしたのは、アラブ議員だった。アフマド・ティビは尋ねた:「平和活動家やパレスチナ人が、占領に反対するためすることが許されるのは何か? あなた方が同意できる何かあるのか?」

(略:長い)

ベンヤミン・ネタニアフ政権により支持されたボイコット法は、2つの点でこの立法襲撃で転機を記す。

第一に、自由な発言の権利:いかなる民主的システムのかなめ石も破壊する。 新法は、強奪されたパレスチナの土地に住むユダヤ人入植者50万人のとどまるところを知らない支配力を打ち返すために、イスラエル人とパレスチナ人にとって、非-暴力の政治的プログラム - ボイコット - を提唱することを、違法とする。

(略)

等しく重要なのは、法が、刑事犯罪というよりむしろ新型民事犯罪を創出することだ。国家が、告訴を開始することはないだろう。代わりに、ボイコット法を実施する仕事は、入植者とその弁護士に外注されている。ボイコットを支持する誰もが、 - またしても比類なき - 彼らが実際に被った損害を証明する必要のない、入植者自身により賠償で訴えられ得る。

(略)

人権弁護士たちは、このような法は、民主主義世界の何処にもないと指摘する。議会の本来保守的法律顧問、Eyal Yinonでさえ、法の目的を「40年以上、イスラエルでの政治的討論の中心だった議論」を止めると評価した。しかし、イスラエル人の半数以上が、これを支持し、31パーセントのみが反対する。

ボイコット法を引き出した、妄想的、自己を哀れむ世界観は、支持された短いヴィデオ「広告」で、今月、巧妙に説明され、ことによると、イスラエルのハズバッラ、あるいはプロパガンダ省により資金提供された。相応しいことに、それは精神科医の診察室で起こる。

若い、精神的外傷を負う女が、有名なロールシャッハテストで隠されたイメージを解読する。(略:ヴィデオの説明は病めるイスラエルの説明に通じている、長い)

ヴィデオの女の狂った情緒を反映して、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、多数の小艦隊を「イスラエルの生存権を否定」し、その安全を脅かすと糾弾した。

(略)

ネタニアフのコメントは、妄想的に聞こえるが、ボイコット法のような措置や小艦隊へのヒステリックな過剰反応の狂気への方式があるかもしれない。

これらのイニシアティヴは、ティビが指摘するように、占領に非-暴力で反対する余地を残さない。受賞のインド作家、アルンダティ・ロイは、非-暴力は本質的に「一遍の劇場作品、聴衆を必要とする。聴衆がいないなら何ができよう?」と述べた。

ネタニアフとイスラエル右派は、この点を理解している。彼らは慎重に、反体制のイスラエル人、パレスチナ人、国際活動家たちが、彼らの抗議を上演しようと望むあらゆる演壇を解体している。彼らは、ボイコットの形態であれ連帯の訪問であれ、平和的で非-暴力の抵抗の繋がる組織を不可能にしている。開いて残されている唯一の道は、暴力である。

(略:長いので飽きてしまった)

全文:The Palestine Chronicle
posted by mizya at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。