2011年07月06日

ガザ封鎖終結ヨーロッパ・キャンペーンがフランス船「尊厳」号の出航確認

2011年07月05日

ブリュッセル - PNN - ガザ封鎖終結ヨーロッパ・キャンペーン (ECESG) は、火曜日、小艦隊の他の船が、航行を禁止され、アテネに止められたままの一方、自由小艦隊 IIの一部、フランス船「尊厳」号が、実際、封鎖のガザ回廊に出航したと認めた。

今日発行のプレスリリースで、ECESGの報道官、ラミ・アブドは、フランス船「尊厳」号、あるいはアラビア語で「カラマ」号が、フランス港、コルシカを発ち、現在、ガザ回廊に向け公海を航行中と述べた。

「尊厳」号は、クルー6人で、ガザに支援物資を運ぶ。過去数週間、フランスの親-イスラエル集団によりキャンペーンが開始され、船は出立を許されなかった。ECESGは、船の発信を親-イスラエルキャンペーンに対する勝利と考えている。

船の乗客は、フランスの新左派党のトップ、Olivier Besancenot、フランスの政治家で欧州議会メンバー、Nicole Kiil-Nilsen、および他のよく知られるフランスの著名人たちを含む。

(略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラ逮捕の二重基準

guardian.co.uk
2011年07月04日月曜日

この行為が「公益に資する」(6月30日、パレスチナ人の英国入国禁止後の質問)との理由で、ラーイド・サラが強制送還の脅威下にあると知り、わたしは深く乱された。反対に、少なくとも公益が、問題の自由で開かれた討論の奨励と解釈されるなら、それは公益に非常に有害だろう。イスラエルで最も重要なアラブ・タウン、ウンム・アルファムの元市長、サラ首長は、国内的にも国際的にも、アラブ共同体の代表として大変重要な役割を果たしてきた。彼は、権利と正義を擁護する尊重される声、西側諸国で最も確実に聞かれるべき声である。わたしは、政府のこの決定が廃止され、即刻彼が拘留を解かれ、イギリスで会談と議論を続行できると信じている。

ノーム・チョムスキィ
ケンブリッジ、マサチューセッツ

ラーイド・サラ首長を英国から禁止する要求をした同じMike Freer議員はまた、すべきだったが実際、イスラエル戦争犯罪容疑者のこの国への入国を支持したことは、何とも興味深い。(略)

ガーダ・カルミ
ロンドン

全文:guardian.co.uk
posted by mizya at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ行き船がギリシアから逃れる試み後損傷

CNN Wire Staff
2011年07月04日

アテネ、ギリシア (CNN) -- ギリシアに妨げられたガザ行き小艦隊の船の1隻が、月曜日、逃れようとして、ギリシア沿岸警備隊により止められた。

ギリシアは船長の現行犯逮捕を求めたが、船上の主催者たちは、船長はもはやいないと主張した。

ツイッターで、主催者たちは、カナダ船、タフリール号に「極度の損傷」をもたらしたと述べた。「ギリシア沿岸警備隊により徴発され、牽引された時、コンクリート壁にぶつけられた」と、ツイッターは述べ、船が「水びたし」になったと付け加えた。

(略)

「タフリールは、クレタの港を発つつもりで、わたしたちは、今や、ギリシアの港まで拡張されたイスラエルのガザ封鎖を突破しようとしている」と、主催者、David Heapは、声明で述べた。

船のツイッター配信は、乗船のジャーナリスト、ジム・ランキンのツイートでなされ、カヤック乗りたちが、沿岸警備隊を妨げていたと述べ、そして、カナダ船は港を出た。

何分か後、「わたしたちは、海岸から5km (3.1マイル) ほど離れた。ギリシア当局は、船を拿捕し、港に向け戻っているように見える」と、船はさえずった。

(略)

全文(と米国船拿捕の時のCNNニュースヴィデオ3分ほど):CNN

ジム・ランキンのツイッター

関連記事:「妨害されたカナダ船に『船長30人』」Ma'an News Agency

2011年07月05日

136207_345x230.jpg
パレスチナ人がガザ行き小艦隊を支持する集会で、ガザ市の港で舟に乗る [AFP/Mahmud Hams, File]

Ella Ide

アテネ、ギリシア (AFP) -- 月曜日、禁止を破ってギリシア港(を離れること)から止められた、ガザに向かうカナダ船上の親-パレスチナ活動家、30人皆が、船の統率を務めたと主張して当局に挑んだ。

(略)

タフリール号の報道官、フワイダ・アラフによると、期限切れの船長免許を持つ元ベルギー上院議員、乗客のJoseph Dubeは、船を操縦し、完全な法的責任を取るのに同意した。

当局が船に乗り込み、船長と話すことを要求した時、乗客30人ほどが「自分が船長と主張した」と、彼女は語った。

(略)

    :「ガザ行きタフリール号クルーが船は危険かもしれないと警告される」Haaretz.com
2011年07月05日

ギリシア当局により止められたカナダ船運営委員会は、Haaretzに、船になされたいかなる損害もギリシア当局に責任があると語り、安全のリスクの警告を受けたと語った。
アミラ・ハス

(略)

タフリール号運営クルーは、Haaretzに、埠頭で不寝番しているギリシア人支持者たちが、乗客たちに、彼らの安全がリスクに晒されるかもしれないと報せたと、声明で述べた。声明は、船が破壊されるなら、クルーは、ギリシア当局に責任を負わせると付け加えた。

カナダ船は、現在、電力がなく、順調に作動する発電機の再開を許可されてこなかった。電力の欠落は、タフリール号に乗船するものたちに、衛生設備や冷蔵の使用を妨げ、そして、安全のための照明もないまま取り残されている。

(略)

 ガザ小艦隊はなかなかガザに到達できないけれど、このプロセスのひとつひとつが闘いだから、現在はガザ小艦隊に集中して翻訳している。もちろんこの間にもイスラエルが、土地を強奪し、被占領エルサレムに何百棟もの入植住宅建設を許可し、入植者たちがパレスチナ住民を襲い、オリーヴ畑に火を放ち、さらなる土地強奪を目論むニュースは、日々、休むことなく届いている。
posted by mizya at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。