2011年07月11日

親-パレスチナ英国人12人がイスラエルで「拘束」

2011年07月09日

キャンペーン関係者によると、英国人12人が、西岸の町、ベツレヘムを訪ねようとして、イスラエルに捕らえられている。

訪問を主催したスコットランド・パレスチナ連帯キャンペーンは、具体的罪は不明瞭と語った。

世界中の親-パレスチナ活動家およそ700人が、ベツレヘムを訪問するつもりだった。

外務省は、テルアヴィヴの空港で拘束された英国人の報告を受け取ったと語った。

訪問の英国人部門を調整してきたスコットランド・パレスチナ連帯キャンペーンは、その議長、大学教官、ミック・ネイピア、64歳が、金曜日、イスラエルのベングリオン空港で逮捕されたメンバー4人の中にいたと語った。

イングランド人5人、ウェールズ人3人もまたフライトした。

キャンペーンのイギリス拠点代表、Sofiah Macleodは、逮捕は「全く荒っぽかった」と告げた領事館員と話したと語った。

彼女は語った:「彼らはみな、手錠をかけられ、自由を奪われ、かなり長い時間その辺に立たされた後、車輌に詰め込まれた。そして、彼らの多くが退職者と、彼らの年齢から知ることができる」。

(略)

全文:BBC


posted by mizya at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空会社:わたしたちはイスラエル入国を拒否された親-パレスチナ活動家たちを戻せない

2011年07月09日

ヨーロッパからの政治的旅行者100人以上が、留置施設で強制送還を待っている。
Zohar Blumenkrantz

イスラエルに運行する外国航空会社は、入国を拒否された親-パレスチナ活動家の大集団を、彼ら生来の到着地に飛び戻るのに苦労すると語る。

大きなヨーロッパの航空のひとつの高官は、「航空会社は、イスラエルが強制送還したがっている親-パレスチナ活動家大集団を同時に扱うことに苦労するだろう」と、土曜日、Haaretzに語った。

「わたしたちは、夏の旅行シーズンのピーク、フライトが満席ということを話している。わたしたちは適宜に行動し、異なる準備をしなければならないが、しかしまず、わたしたちは、活動家たちの強制送還のため、イスラエルの航空当局トップからの指示を受けなければならないだろう」と、彼は語った。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。