2011年07月13日

「フライティラ」活動家たちがハンガーストライキ

2011年07月11日月曜日

国際活動家たちは、被占領パレスチナ領域に入る試みで、テルアヴィヴ政権により逮捕された後、イスラエルの拘置所2カ所で、ハンガーストライキを構えた。

「パレスチナへようこそ」活動家何十人もが、月曜日、イスラエル刑務所の厳しい状態の下での投獄に抗議してハンガーストライキに入ったと、Press TV通信員は報じた。

(略)

パレスチナ領域へのイスラエルによる封鎖を破る努力のガザ回廊への航行を、ギリシアにより妨げられているフロッティラ(小艦隊)船団の抗議で、「フライティラ」は組織された。

医療的制約のある未成年者や年配者が、伝えられるところによれば活動家たちに含まれる。

ドイツ、ロストックのヒクマト・アッサブティ、57歳は例えば、非常に必要とされる医薬品を断たれており、そして、彼の妻は直接彼と話すことを許されてこなかった。

活動家は現在、イスラエル南部のベールシェヴァと、テルアヴィヴ近くのラムレの刑務所に囚われている。

(略)

全文:Press TV

 パレスチナの政治囚たちもかなり頻繁にハンガーストライキを構える。ハンガーストライキで稀に勝利を勝ち取ることもあるが、例えば治療ネグレクトなど殆ど改善されていない。投獄は恐らく緩慢なる処刑に違いない。


posted by mizya at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトがイスラエル大使館へのコシェル・フード輸送を拘束

タバ国境警備が、外交協定に反し、カイロのイスラエル外交官に食糧輸送する車を捜査

Ronen Medzini
2011年07月10日

タバ国境に配置されたエジプト国境警備が、カイロ大使館に駐在するイスラエル外交職員にコシェル・フードを輸送する車輌を拘束した後、エジプトとのイスラエルの緊張関係は、最近さらに痛められたと、Ynetは日曜日に知った。

(略)

過去、外交車輌として外交特権を享受し、食品輸送を載せるイスラエル車輌は、タバ検問所の即座の通過が許された。

(略)

Ynetは、エルサレムが現在、エジプト大使の公的説明を要求するか考慮中で;また、2国間関係のデリケートな性格を仮定するなら、動きは棚上げされるかもしれないと知った。

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウリ・アヴネリ、ボイコット法は、あなたに入植地ボイコットの呼びかけを止めさせるだろうか?

2011年07月11日

「ボイコット法は、入植者独裁をイスラエル法の基本に据える」
Jonathan Lis

イスラエルの最も著名な左翼活動家のひとりで、グシュ・シャローム平和運動の創設者、ウリ・アヴネリは、いわゆる「ボイコット法」の最も能弁な批判者のひとりだ。政府の支持を得るこの法案は、一般にイスラエルの、ことさら入植地の、経済的、文化的あるいは学術的ボイコットを公的に求めるいかなる個人や組織にも、様々な制裁を課すだろう。(略)

ウリ・アヴネリ、ボイコット法は、入植地製品ボイコットの呼びかけを、あなたに止めさせるだろうか?

「ボイコット法は精巧な法だ。それは、入植地のボイコットを求める誰かに刑事罰を科さない。仮に刑事罰を科されるなら、わたしたちは少しも問題ない;わたしたちは刑務所に行くだろう。代わりにこの法は、入植地ボイコットを呼びかける誰にも、入植者らへの補償で何百万シェケルもの支払い責任を課す。

「それ(その損害)を証明する必要さえなく、損害賠償として、入植者がわたしたちに要求できる合計の制限はない。仮にわたしが、イツハル生産物をボイコットするよう呼びかけたなら、イツハルの住民すべてが、補償で何百万シェケルでもわたしを訴えることができるだろう。これは天文学的金額になりうる。わたしは、これが、世界の他のどこにも前例のない動きと考える。」

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。