2011年07月18日

国防官僚:死をもたらしたガザ小艦隊襲撃でイスラエルはトルコへの謝罪を考えている

2011年07月17日

周到な謝罪は、トルコ組織によるイスラエル国防軍士官に対する訴訟の可能性を止め、事件の終了をもたらすかもしれない。
Amos Harel

防衛体制は、エルサレムによるアンカラへの謝罪の相当な代償を支払ってさえ、マヴィ・マルマラ事件に続くイスラエルとトルコ間の危機を解決するため、増大する支持を示している。

過去数週間にわたる防衛官僚と法務省官僚の間の国内的議論は、周到な謝罪が、トルコ組織によるイスラエル国防軍士官に対する訴訟の可能性を止め、事件の終了をもたらすかもしれないと示した。

(略)

外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンは、最近、イスラエルを辱しめ、国家的自尊心への打撃として機能すると彼が語った、謝罪に公然と反対を表明した。防衛官僚は、現在の謝罪が、士官や兵士らの後の法的問題を防ぐだろうと反撃する。

襲撃に関わったイスラエル国防軍隊員の何人かの写真が、インターネットに掲示されており、現在、ヨーロッパの左派やイスラーム集団の手にある。防衛・法務官僚らは、これら集団が、イスラエル上級官僚の英国入りをかなりしばしば妨げた、英国親-パレスチナ集団のものと同様の方法を採るとの懸念を表明した。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ネタニアフ: 「イスラエルは小艦隊犠牲者の家族に賠償しないつもりだ」(2010年12月15日)


posted by mizya at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活動家はイスラエル海軍がガザ船を沈めようとしたと語る

2011年07月17日

ガザ市 (Ma’an) -- 連帯活動家たちがクルーの船は、土曜日、海上封鎖を破り、ガザ海岸から3マイル以上離れて航行しようと試みた時、攻撃を受けた。

オリヴァ船の目的は、ガザ海域でパレスチナ漁師を護ってみることだ。

乗船していたヨーロッパ人女性は、彼女が漁師を手伝っていると水兵らに知らせた時、彼らのひとりが、「例え全EUがやって来ようとも、彼らは通れないだろうし、イスラエルの決定を無視もできない。決定は、海上封鎖を破ろうとする船は沈められるというものだ」と語ったと、Ma'anに語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:CPS GAZAがイスラエル海軍の攻撃、殺人脅迫に応答(07月17日)
posted by mizya at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:イスラエル国防軍士官が入植者と軍隊の対立を警告

2011年07月15日

エルサレム (Ma’an) -- イスラエル軍司令官は、西岸での入植者らと軍隊の間の武装対立の危険を警告したと、イスラエル日刊紙、Maarivは金曜日に報じた。

「2011年末までに起こるだろうMetzeh Yetzaharの前哨基地を撤退する時、入植者が、兵士らに発砲することは、想像でなく、キングのトーラの本の危険は、理論的論議であるばかりでなく、起こり得る」と、Netsan Arlenは、伝えられるところによれば、西岸状況に関する軍会合で警告した。

Arlenは「この本は、それらの人びとにとって理論上存在するのでなく、地域に大火を放つだろう結果となるモスク放火で、明確だ」と語り、「キングのトーラ」といった極端論者の宗教テキストに非常に批判的だった。

Arlenは、パレスチナ西岸の違法前哨基地撤退での彼の役割のため、そのポストから退けられるのを見たいイスラエルの右翼団体に攻撃されたことがある。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの会社がボイコットを求めるものに対し新法使用の準備

The Irish Times
2011年07月16日土曜日

ハリエット・シャーウッド、エルサレム

イスラエル新聞の報道によれば、西岸のイスラエル入植地に拠点を置く企業が、彼らを支持する論議を呼んだ法の通過に続き、その製品のボイコットを求める個人や組織に対する訴訟着手を準備している。

エルサレムに近い小さなブドウ園のマネジャー、Yaakov Bergは、法発効後直ちに、訴訟に使用する資料を集めていると、Yedioth Ahranoth紙に語った。

彼が受けるどんな補償も、入植地を耕すだろうと彼は語った。

(略)

全文:Irishtimes.com

アーカイヴ:米国がイスラエルのボイコット法に:異議申し立ての自由は民主的権利の基本(07月15日)
posted by mizya at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。