2011年07月25日

ノルウェーの青年たちは攻撃の前パレスチナについて議論した

金曜日の大虐殺の48時間前、与党のユース・キャンプに参加する十代は、ノルウェー外務大臣に会った。何人かは、イスラエルのボイコットを求めた

Ynet
2011年07月24日

Utoya島でのノルウェー与党のユース・キャンプに参加したティーンエイジャーは、彼らの多くを死なせた致命的なテロ攻撃の2日前、水曜日、外務大臣、Jonas Gahr Stoereに会い、パレスチナを承認するよう要求した。

Gahr Stoereは、パレスチナ人民が彼ら自身の国を受けるに足り、占領は終わらなければならないと青年たちに告げたと、ノルウェーのウェブサイト、Politiskは報じた。若者何人かが、「ボイコット・イスラエル」とあるサインを掲げた。

今週早く、パレスチナ大統領、マフムード・アッバスは、ノルウェーを訪問、オスロがパレスチナを承認するだろうと告げられたが、まだとてもでない。

Untitled-4_wa.jpg
攻撃前の与党ユース・キャンプ

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ノルウェー運動がパレスチナ国家承認を求める(03月20日)

 移民排斥の国粋主義者は人種差別主義者に他ならない。しかし歴史を振り返るなら、人種の純血などあり得ない。ユダヤ人排斥に血道を上げたヒットラーのDNAにユダヤ人のDNAが混じる。米国南部、アフリカ系の排斥に今も邁進する、一見、白人に見えるひとたちも、どこでアフリカ系の血が混じっているかもしれず、いつ暴かれるかもしれない恐怖が、ことさらアフリカ系排斥に拍車をかけるという。人種主義はことほどさように狂っている。


posted by mizya at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。