2011年07月26日

テロ攻撃に直面してこの病める歓喜

2011年07月25日月曜日
Yossi Gurvitz

イスラエル人の多くが、他の誰かに起こる限り、恐るべき攻撃に「教育的」価値を見出す

ノルウェーでのテロリスト攻撃に続き、イスラエルメディアが、それが実際、ノルウェー人ネオ-ナチにより遂行されたといやいやながら認めなければならなかった前(そして昨日、報道監視、7th Eyeは、メディアが、Haaretzは別として、殺人者の親-イスラエル・アジェンダについて、その読者に隠したと言及した)、インターネットサイトのコメント欄は、恐怖と悲しみの表現で満たされたのではなく、ムスリムとイスラームへの悪意に満ちた攻撃と、奇妙で恐ろしい類いの歓喜で満たされたのだった。実際、殺人者がAnders Breivikと判明してさえ、イスラエルのウェブサイトにコメントした読者の多くが(ここにサンプル:ヘブライ語なのでリンク省略)彼の行為を正当化した。

実際、ネオ-ナチがイスラエルを支持するのは、驚くべきことでない。(略)

しかし、歓喜はどこから来たのか? それは新しくはない。9/11攻撃に続く衝撃の間、歓喜の強い底流は現れた。イスラエル人4人が、燃えるタワーの前で踊っていて、ニューヨークで実際に逮捕された。彼らは、米国から追い出される前、かなりの時間を拘留されて過ごした。

その多くが「テロリスト攻撃の後、今や、彼らは、我々がいかに生活するか理解し、そして、我々は彼らがそれにどう対処するか見るだろう;自殺攻撃を被った後、彼らが我々に説教するのを見よう」という感覚による。この類の感情は、全く右翼に限らない:Doron Rosenbloom、概して鋭い左翼風刺家は、ロンドンとパリの攻撃のこの幻想に基づく、彼の貧相なコラム(ヘブライ語)のひとつを書いた。3年後、ロンドンの7/7攻撃に続き、Ha’aretzはそのコラム(ヘブライ語)を再録した。

もちろん、ロンドンへの攻撃は、イスラエル人が望んだようには終わらなかった:ロンドン市民は、19世紀後半のFenian「地下ダイナマイター」から北アイルランドのTroublesまで、テロに抵抗する長い歴史を持つ。ブレア政権は、イスラエル人が期待したように、攻撃に反応しなかった。ヒステリックがなかった。(略)

全文:+972

関連記事:「ノルウェーに『イスラームテロ』を見て - オクラホマの過ちから学ぶことなく」FAIR(米国報道告発記事:翻訳省略)


posted by mizya at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バラクがミグロン破壊を遅らせようとする

国防相が、暴力を避ける努力で、高等裁判所の前哨基地破壊延期の承認を求めて調整

Yair Altman
2011年07月24日

ベンヤミン・ネタニアフ首相とエフード・バラク国防相は、高等裁判所に、西岸違法前哨基地、ミグロンの常置の構造物3棟の破壊を延期するよう求めると予測されると、イスラエルのChannel 2は、日曜日、明かした。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ネタニアフが入植者家屋の破壊を強いられるかも(07月24日)

「暴力を避ける」のが目的なら、パレスチナ人の家屋破壊(自らの土地に建設されたものであるところが、パレスチナ人の土地に平気で建てる入植者らと違うところだけれど)に使う手、自ら破壊させればいい。さもなければ莫大な破壊費用が請求される。イスラエルの十八番じゃないか。
posted by mizya at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。