2011年08月24日

WFTUがパレスチナ承認のための国際キャンペーンを発表

2011年08月22日

ベツレヘム – PNN – 世界労働組合連盟 (WFTU) は、今日、1967年境界でのパレスチナ国家承認のための国際キャンペーンを発表した。

組織により発表された声明は、「イスラエルの占領とイスラエル軍の蛮行の終結」を求めた。

(略)

全文:Palestine News Network

 世界労働組合連盟、というからには、ニッポン労働組合も、と、いうことかしら...


posted by mizya at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが大使館の旗を取り外したエジプト人の起訴を求める

2011年08月22日

カイロ、(PIC)-- イスラエルは、エジプト司法長官に、カイロのイスラエルの建物のイスラエル旗を引き裂いてヒーローとなったエジプト人、アフメド・アッシャハトに対する告訴を提出した。

(略)

シャハトが、イスラエル大使館と並ぶ21階建ての建物を昇り、エジプトとパレスチナのに取り替えて、イスラエル旗を燃やすと、エジプト人何千人もが、喜びにどよめいた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証拠はテロリストがガザ住民だったとの政府の主張を浸食する

2011年08月22日月曜日
Yossi Gurvitz

防衛大臣と首相は、先週のテロリスト攻撃がガザから来たと主張する。彼らはまだいかなる証拠も提供していない - そして、証拠はいかがわしく見える

知られざる集団が、シナイからイスラエルに、多くの標的を襲う、結合された攻撃を遂行した。イスラエル民間人6人が殺害され、兵士2人が殺された;テロリスト7人と多くのエジプト警備隊員もそうだった(殺された)。攻撃が遂行された一方、防衛大臣、エフード・バラクは、責任あるのはガザ回廊の民衆抵抗委員会と、即座に大衆に告げ;数時間以内に、イスラエル空軍は、回廊の家屋を攻撃し、そのリーダー数人を殺した。その日遅く、ネタニアフ首相は、攻撃に責任ある人々が殺されたと語った。(略)

しかしながらイスラエルは、攻撃が実際に、ガザ回廊由来とするいかなる証拠も提供しなかった。PRC(民衆抵抗委員会)は、攻撃への関わりを否定してきた。(略)

週末、ニュースウェブサイト、Real Newsは、イスラエル国防軍の国際メディアとの報道官を担当する、イスラエル国防軍上級報道官士官、Avital Leibovitz中佐にインタヴュした。 Leibovitzは、首相が語ったことに、彼女は責任ないと語り、イスラエル国防軍のPRC攻撃との関連を否定したが、彼らがカラシニコフ襲撃ライフルを使用していたという事実を証拠に挙げて、攻撃者がガザから来たと主張した。わたしは、Leibovitz中佐がどうしてそう言えるのか知らないが、カラシニコフは、世界で最も一般的軽襲撃ライフル - 消滅したソ連の供給され続ける贈り物 - で、中東すべてで入手しやすい。

(略:何しろ長い)

全文:+972
posted by mizya at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペインがパレスチナ承認支持表明

2011年08月22日

ベツレヘム (Ma'an) -- スペイン外務大臣は、日曜日、EUがパレスチナ国家承認の努力を押し進めることを望むと語ったと、イスラエルニュースサイト、Ynetが報じた。

この9月2日のヨーロッパ連合外務大臣間会議が、パレスチナ国家支持を示す機会と、Trinidad Jimenezは語った。

「国家が現実になり得るという希望をパレスチナに与えるため、今が何かする時との意見がある」と、日曜日、Jimenezは、スペインのEl Pais新聞とのインタヴュで語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

特別情報筋:ラファ近くでのイスラエル空爆でエジプト人士官7人が殺される

2011年08月19日

カイロ (PIC)-- 特別情報筋は、カイロのPIC特派員に、ラファ近くへのイスラエル空爆で殺されたエジプト軍士官の数が7名に昇り、加えて多くが負傷したと報せた。

匿名を求めた情報筋は、殺された士官の中に、シナイ特殊部隊を率いる傑出した軍高官、准将ふたりが含まれると語った。

PIC特派員はまた、革命青年が、エジプト人士官殺害に抗議する、カイロのイスラエル大使館前での金曜日のデモンストレーションを準備していると語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがガザで致命的空爆を繰り返す

2011年08月19日金曜日

ガザ市 (Ma’an) -- 南イスラエルでの一連の致命的攻撃以来、沿岸飛び地での死者数を24時間で11人とする、イスラエル空爆と砲撃で、金曜日、ガザ回廊で4人が殺戮されたと医療関係者は語った。

金曜日遅く、ガザ回廊中央のブレイジ難民キャンプ近くへの空襲で、パレスチナ人2人が殺戮されたと、医療職員は語り、この日のガザでの死者数は4人となった。

より早く、北部でオートバイに乗っていて、空爆で、サメド・アブドゥル・ムティ・アベドが殺されたと、医療関係者は語った。

22歳のムハマド・エナイエと特定された、もうひとりのパレスチナ人は、別の攻撃で殺された。彼の遺体と他の負傷者は、ガザ市のシーファ病院に運ばれたと、医療関係者は語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何千人もがPRCメンバーと子どもの葬列に出席

2011年08月19日

141621_345x230.jpg

ガザ市 (Ma’an) -- 何千人もが、ガザの民衆抵抗委員会 (PRC) リーダーを標的とした、木曜日の空爆で殺戮された7人の葬儀に加わった。

ラファで、PRC代表を含むパレスチナ人6人の葬儀の出席者は、アンナジャル病院から始まり、犠牲者の家々、次に墓地に行進した。

PRC報道官、アブムジャヘドは、エイラートの攻撃への関与を否定した。

ガザ市で、別の一連の空爆の夜通しの発砲で殺された、13歳のマフムード・アブサムラのすし詰めの葬列が開催された。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。