2011年08月26日

イスラエル南部での攻撃を遂行したテロリストの身元に疑問が浮かぶ

2011年08月25日

ガザ住民は民衆抵抗委員会とその軍事組織の責任を疑う;エジプト新聞は、攻撃計画者3人をエジプト人と確認する。
アミラ・ハス

エイラート近くのテロ攻撃から1週間が過ぎ、先週木曜日、エジプト国境近くでのイスラエル国防軍 (IDF) の行為の結果、IDFにより殺された闘士の縁者たちの伝統的会葬者テントの兆しも、悲嘆にくれるガザ住民家族のどんな報道も、本当にない。埋葬のため、彼ら近親者の遺体を返すよう要求する家族の報告もない。長年の社会運動家は、Haaretzに、家族がその哀しみを隠すよう指図されたイヴェントであっても、そのようなニュースは回廊で隠し難いと語った。

会葬者テントの不在は、イスラエル防衛体制の主張に反し、攻撃犯がガザからでなかったとの回廊での一般的感覚を強める。ガザ住民はまた、民衆抵抗委員会とその軍事組織 (ナセル・サラハディン旅団)メンバーが、攻撃の陰にいたとするのを疑っている。この視点の支持を、エジプト公安部隊が、計画者3人をエジプト人と確認したとする、エジプト日刊紙、Al-Masry Al-Youmの月曜日の報道に見ることができる。PRC(民衆抵抗委員会)報道官は、組織が攻撃を「称賛する」が、それを計画しなかったと発表することにより、報道に応えた。

166282154.jpg
2011年8月24日早く、ガザ回廊で、イスラエルミサイルにより撃たれ、イスラム聖戦組織闘士が殺された車の残骸を見ているパレスチナ人。
Photo by: AP

攻撃から数時間のうちに、木曜日午後5時頃、IDFミサイル2発が、ラファ難民キャンプの男たちのひとりの家にいた、PRCチーフ、カマル・アンナイラブと軍事組織のメンバー3人を殺戮した。家主の2歳の息子もまた、ミサイル攻撃で死亡した。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍が西岸のパレスチナ人120人を拘束

2011年08月22日

ヘブロン (Ma'an) -- イスラエル軍が、土曜日夜通し、西岸南部で、殆どハマースの支持者のパレスチナ人120人を拘束したと、目撃者と職員は語った。

軍用ジープ100台以上が、2003年以来、市で最大の拘束キャンペーンで、3方向からヘブロンに乱入し、いくつかの地区に配置されたと、地元住民とパレスチナ治安当局は、Ma'anに語った。

ハマース議員、ムハマド・ムトゥリク・アブジュヘイシャは、兵士らが、周囲の町、ドゥラ、スリフ、ベイトウラ、ヌバ、ヤッタ、アッサムを襲撃し、地方中で拘束されたパレスチナ人、120人以上の中にいた。

「100人から120人が逮捕された」と、ヘブロンのハマース議員、サミラ・ハライカは、AFPに語った。「規模に関して、今までヘブロン地域で、この規模の逮捕作戦はなかった」。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。