2011年08月27日

EU外交官:パレスチナへの援助が問題に

ユーロ圏を苦しめる財政危機で、圏が長期的にパレスチナ自治政府へのその支援を維持できるのかどうか、いくつかの諸国に考えさせる
Associated Press
2011年08月25日

ヨーロッパ財政危機が、何百万ものパレスチナ支援を、圏が続けることができるかどうか、ヨーロッパ連合議員何人かに疑問を引き起こしていると、木曜日、EU外交官は語った。

EUは、将来の国家の施設を建設し給料を支払うため、年に5億ユーロ(7億2000万ドル)ほど寄付する、単独でパレスチナへの最大のドナーだ。

パレスチナ自治政府首相、サラーム・ファイヤドの下で、パレスチナは、9月までの独立の準備で、2009年に2年の国家建設計画に乗り出した。

しかし和平会談が行き詰まり、外交官は、EU議員何人かが、パレスチナ国家出現に懐疑的と語った。パレスチナは、今、主要に象徴的国家承認のため、国連に向け仕事を始めている。

外交官は、問題の微妙な性格のため匿名で話した。

最短で、EUは、次の7年間の予算が始まる2014年に支援を削減するだろう。

(略)

全文:Ynet news.com

 ナチスドイツが、ヨーロッパ文明の鬼子だったとしても、ヨーロッパを席巻した反-ユダヤ主義が、ユダヤ人の国家への願望をつのらせ、ヨーロッパは体よくユダヤ人を、アジア、パレスチナに追い払った。パレスチナから土地家屋・資源を奪い建設が続く人口国家のツケをパレスチナ人が支払わされている。支援などいらない、領土と資源、文化を返せ!ということだろう。ふざけるな!EU外交官。


posted by mizya at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イスラエル旗を破り捨てたエジプト人が報賞」

カイロのイスラエル大使館から旗を引き抜いた抗議者が、州知事から、仕事、新家屋、報賞盾を受けると、地方紙が伝える
Reuters
2011年08月25日

エジプト州知事が、カイロでイスラエル大使館の旗を引き裂いた抗議者に、仕事、新家屋、報賞盾を与えたと、木曜日、新聞は報じた。

土曜日夜、大使館の外で何百人もがデモンストレーションしたとき、アフマド・アッシャハトは、高いビルによじ登り、イスラエル旗を取り外してエジプトのナショナル・カラーに取り替え、名声を博した。

彼が登ったとき、何千人もがシャハトに喝采を送り元気づけ、そして彼がポールから旗をはぎ取ったとき、歓喜で覆われた。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:イスラエルが大使館の旗を取り外したエジプト人の起訴を求める(08月24日)

 ムバラク政権崩壊から何年も経ったかのようだ。今年のことだなんて、とても思えない。ムバラクがいなくなって(病院にいるらしいけれど)エジプトは民主主義を愉しんでいるようだ。
 21階を昇る間に、何百人かが何千人になったのかしら、Reutersのニュースのいい加減な数字だから、まあ、気にしないということで...
posted by mizya at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。