2011年09月01日

BDSキャンペーンは作用しているか?

Ynetnewsスペシャル:反-イスラエルボイコッターは、ユダヤ国家の経済締めつけでますます成功:ヨーロッパの13ヵ国20組織以上が、イスラエルの主な生花輸出業、Agrexcoのボイコット支持

Giulio Meotti
2011年08月31日

イスラエル農産物の多くが最近、イスラエル・ボイコット・キャンペーンで標的とされてきた:トマト、トウガラシ、柑橘類、にんじん、メロン、いちご、セロリ。 しかし生花は、イスラエル経済を締めつけることを望む資本引き上げ運動の主要な執念だった。

イスラエルの主な生花輸出業、Agrexcoは、報道のいくつかによれば、部分的にその産品のグローバルなボイコットのため、最近破産を宣告した。ヨーロッパの13ヵ国、20組織以上が、Agrexcoボイコットを支持した。

南アフリカのアパルトヘイト政権への国際圧力、ボイコットと制裁は、その権力終焉に大きな役割を果たした。(略)

昨年、ノルウェーオイル資金は、「入植地建設」へのそれらの関わりに言及し、Africa-IsraelとDanya Cebusから出資金を引き上げた。ごく最近、スウェーデン生協は、Soda Stream炭酸装置の購入すべてを終結させると決定した。一方、メソジスト教会は、「違法」入植地からの物品ボイコットを求める「反-イスラエル」動議を通過させた。イギリスのクエーカーもまた、イスラエル製品ボイコットに同意した。

他で、オランダの主要年金基金、合計で970億ユーロの投資を持つ、Pensioenfonds Zorg en Welzijnは、イスラエル企業殆どすべてから資本を引き上げた。(略)スウェーデンの大きな年金基金もまた、Elbitから資本を引き上げた。(略)

(略:長いリストなので)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ボイコット運動標的の企業が損失発表(08月09日)


posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ:イスラエル軍が自警団員らを武装・訓練

2011年08月31日水曜日
記事:Julie Webb-Pullman

イスラエル軍がパレスチナを抑えようと自警団員らを武装・訓練する:国連は何をするだろう?

By Julie Webb-Pullman In Gaza

イスラエル国家機関が任務に至っていないとの明白な自白と解釈されうることで、イスラエル国防軍 (IDF) は、「国連キャンペーンで突発するいかなる不安も扱う」ため、被占領パレスチナ領域の入植者らを訓練し、彼らを、スタン弾、催涙ガス、および他の兵器で武装させていると認めた。

イスラエル新聞、Haaretzは、その情報が、彼らが入手した軍事文書に含まれると報じた。

パレスチナ自身の領域内での発議された平和的パレスチナ人の抗議行動に対処するイスラエル国家による民間自警団員訓練は、けばけばしいパラノイアの過剰ばかりでなく、イスラエル政府が、それ自身の領域内であろうと、違法に占領する領域であろうと、平和を維持する国家器官の力量に信念を持たないとの、国際社会への紛れないサインである。

それはまた、非正規軍が残虐を遂行するとすれば、犯行後、刑事的・道徳的制裁を免れる企てで、政府が、彼らの汚い仕事を彼らのためにするよう、民間人を武装し訓練するラテンアメリカでより一般的に見いだせる戦術へのシニカルな動きを示す。

(略:長いので)

パレスチナ人とその資産に対する、イスラエル入植者らによる攻撃数 - 西岸のパレスチナ人に対する139件の攻撃、3,600本以上のオリーヴ樹とブドウ園の破壊が、6月単独で記録された - での、2011年の劇的増加で、わたしたちは、公的秩序維持の任務でそのようなグループを信用する賢明さを、そうするため彼らを死に至らしめる兵器で武装することは言うまでもなく、真剣に問いただすだけの理由を持つ。

わたしたちが、Ma'anが報じるように、イスラエル入植者犯罪に対するイスラエル警察調査の90%が起訴に至らないことを考慮するなら、わたしたちは、過去の最小規格でさえ、あるいは将来そうするだけの力量で、イスラエル機関の法統治を保証する力量を真剣に問いただすだけの理由を持つ。

知性の欠乏で、そして言外の自白の存在で、国家の適切な機能に必要な民事・軍事・政治制度を管理する、あるいは公的秩序維持のイスラエル国の無能の無視できない証拠で、失敗国家提供大量殺戮の脅威からパレスチナ人を保護するため、即座の国際的平和維持介入が必要とされることは明確だ。

国連を含む国際社会は、したがって、IDFとその入植者傭兵部隊両方から、そして来たる数週間にパレスチナ領土で大破壊を加える彼らの明確な意図から、パレスチナ民間人の安全を保証するため、即刻行動しなければならない。

全文:Scoop
posted by mizya at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナ国家の国連投票にペレスを送らないよう警告される

2011年08月30日

ニューヨークの親-イスラエル外交官らは、長老を送ることがパレスチナの一方的動きをより補強すると語る。
Shlomo Shamir

9月のパレスチナ国家投票で、国連総会にシモン・ペレス大統領を送ることが、イスラエルの利益を害するだけで、パレスチナの動きをより補強するだろうと、ニューヨークの親-イスラエル外交官らは、火曜日、警告した。

外交官らは、最高政府官僚、ペレスを送る考えが、ブーメラン効果を持ち、イスラエル政府が期待するのと反対の結果をもたらすと主張した。

総理府官僚が、最近、ベンヤミン・ネタニアフ首相は、今年の総会に出席しないが、イスラエルを代表してペレスを送るだろうと語った。

ニューヨーク外交官らは、イスラエル指導層が、長老、ペレスを国連に送ることにより、恐らく期待することと対照的に、イスラエル大統領は、国連でパレスチナ国家の圧倒的支持を減少させることができないと主張した。

これに反して、彼らは、パレスチナが一方的承認を求める国連のホールに、イスラエル大統領の出席は、パレスチナの動きを強化するのみで、その象徴的意義を強めると主張する。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍がパレスチナ抗議に備え入植者らを武装

国連承認のためのパレスチナ申請と同時に起こると予測される抗議の前に、西岸入植者らは訓練される

Harriet Sherwood in Jerusalem
guardian.co.uk
2011年8月30日火曜日

流出文書によると、イスラエル軍は、国連がパレスチナ国家承認を求められる頃、それ(イスラエル軍)が噴出すると予測する、パレスチナ人による大規模抗議に備え、西岸入植者らを武装し訓練している。

Haaretzにより入手された文書によれば、催涙ガスやスタン弾が分配され、訓練講習が入植地警備チームと開催されている。

軍隊はまた、部隊、警察、入植地警備チーフを手引きするため、パレスチナの村に近いユダヤ人入植地の周りの地図に線を引いた。最初の線を破る抗議者たちは、催涙ガスと群衆分散の他の手段を受けるだろう。2番目の「レッド・ライン」を横切るなら、兵士らは、抗議者たちの脚への発砲が許されるだろう。

イスラエル国防軍 (IDF) は、予測される抗議行動への軍の応答のコード名「夏の種子(Seedのもうひとつの意味、精液 - の方がイスラエル軍事作戦名としてはお似合い - mizya)作戦」に関し、入植者らと連絡をつけていたと認めた。しかしながら、パレスチナ指導者たちは、暴力的抗議計画を力強く否定し、そして、イスラエル国防大臣、エフード・バラクも、9月は静かに過ぎると思うと語った。

(略)

全文:guardian.co.uk

 最初の線も、2番目の「レッド・ライン」も、パレスチナ領土に引かれた線である。尤も入植地そのものがパレスチナ領土に建設されたものだけれど...
posted by mizya at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。