2011年09月03日

アメリカ人納税者が米国より優勢のイスラエルに助成する

2011年09月01日木曜日

Alison Weir

イスラエルの繁栄はアメリカ人の犠牲で伸びる

イスラエルのJerusalem Post紙は、最近、世界中の若年層にとって、イスラエルを「新黄金国」と呼ぶ記事を掲載した。それは、イスラエルが、絶えず増加するGDP、強い通貨、「米国より低い失業率」を誇ると報じる。

記事は、アメリカ人納税者が、長年、イスラエルに与えてきた1年あたり30億ドル以上の源泉ついても、アメリカの失業率に加えて、アメリカの仕事何千をも犠牲にし、この金の部分が、米国企業と競合する産業発展に使用された事実についても言及しない。

物語はまた、いわんや、米国経済に害を与えて、イスラエルが周期的に米国技術を盗んできた事実を省き、イスラエル支援が、アメリカ人に3-6兆ドルの範囲を費やさせ、これらコストが、エスカレートし続けていることに言及しない。


記事は、若いユダヤ系アメリカ人シングルの多くが「彼らの未来はイスラエルにあると気づいている。2002年以来、北アメリカやイギリスから、彼らと共に技能をもたらし... 学生や若い専門家7,000人以上が、アーリヤー(イスラエル市民権の「座にのぼる」)を果たしてきた... 」と報じる。

(略)

全文:CNI

 しかしながら、J14が示すごとく、イスラエルの物価高。イスラエルでの生活が困難で、50万人は米国に住んでいる。2002年以来、7000人以上が「アーリヤー」(いや、市民権を取れないユダヤ系も多いと思う、母親でなく父親がユダヤ人だったりして)を果たしたとしても、イスラエルを離れるユダヤ人の方が多いと、わたしは思う。


posted by mizya at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの抗議要求にパレスチナの権利不在



TheRealNews
2011年08月31日

J14として知られるイスラエル社会大規模抗議行動の抗議者たちは、イスラエルのパレスチナ市民を除いて、要求の非公式リストを発表する。
=====
先週、抗議者たちの非公式集団が、メディアに、要求リスト、11ページの文書を発表した。記者会見は、7月14日に始まった運動の一部として、イスラエルの社会的抗議行動、5週間後に開催された。文書が、住宅、教育、健康管理、税制改革同様、民営化政策終結を記載した一方、それは、人口の5分の1を構成するイスラエルのパレスチナ市民の権利に関する、先立って議論された事項を含まなかった。Real NewsのLia Tarachanskyは、Ha'aretzの記者、David Sheenとチームを組み、先週土曜日の抗議で、社会正義のための闘いで、何故彼らが、パレスチナ領域の占領は言うまでもなく、イスラエル市民すべての平等の権利について話すのを避けるのか、デモンストレーターたちと話した。Tarachanskyはまた、+972 Magazineのジョゼフ・ダナと、イスラエル人-パレスチナ人混成都市、ヤーファに抗議テントを設置したJ14運動の一部を担う活動家、ムハマド・ジャバリにインタヴュした。
posted by mizya at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ大統領:イスラエル使節追放は最初の一歩に過ぎない

2011年09月02日

アブドゥラー・ギュルのコメントは、2010年のガザ行き小艦隊への襲撃でのトルコ国民9人の死を謝罪することへのイスラエルの拒絶に関し、トルコ外務大臣が、トルコ-イスラエル結びつきの格下げを発表した後に現れる。
Barak Ravid and Jack Khoury

(本文翻訳省略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「イスラエル:我々はトルコとの結びつき改善を望むがガザ小艦隊を謝罪するつもりはない」Haaretz.com
2011年09月02日

総理府の上級情報筋は、IDF(イスラエル国防軍)兵士らが小艦隊活動家を殺すつもりはなかったし、死亡を遺憾とするが、謝罪しないと主張した。
Barak Ravid

(本文翻訳省略)

    :「トルコがイスラエルに対する訴訟を誓う」YAHOO! news
Reuters

Louis Charbonneau
2011年09月02日金曜日

国連 (Reuters) – トルコは、金曜日、2010年5月、トルコ人9人を殺したガザ回廊に向かう船へのイスラエル襲撃で、犯された犯罪に責任あるイスラエル人すべての起訴を求めるつもりと語った。

(略)

脅威は、イスラエルによるガザの海上封鎖を合法と認めたが、イスラエルが、襲撃で不当な武力を使用したと述べた国連報告に続く。トルコとイスラエル、両方が、いわゆるパーマー報告書の結論のいくつかに異議を唱えた。

(略)

木曜日リークされた、国連報告の全文は、金曜日、事務総長、バン・キムンの事務所に届けられ、すぐ公式に発表されるだろうと、国連報道官、Eduardo del Bueyは、記者団に語った。

Del Bueyは、元ニュージーランド首相、ジョフリー・パーマー率いる国連調査を課した目的のひとつが、イスラエルとトルコをより近づけることにあったと語ったが、公式発表前、報告書の中身についてコメントしなかった。

しかしながら、トルコのイスラエル外交官追放と訴訟追求の決断は、パーマー報告が、アンカラとそのかつての同盟国の間の隔絶を深めただけと示唆した。

(略)

全文:YAHOO! newsはすぐ消えてなくなる恐れがあるので、以下にペースト:

Turkey vows to take legal action against Israel

UNITED NATIONS (Reuters) – Turkey said on Friday it will seek to prosecute all Israelis responsible for crimes committed during an Israeli raid on a ship bound for the Gaza Strip that killed nine Turks in May 2010.

"Turkey will take legal actions against the Israeli soldiers and all other officials responsible for the crimes committed and pursue the matter resolutely," Turkey's embassy in Washington said in a statement.

The threat follows a U.N. report that confirmed the legality of Israel's naval blockade of Gaza but said Israel had used unreasonable force in the raid. Both Turkey and Israel disputed some of the conclusions of the so-called Palmer Report.

The names of the Israeli marines involved in the raid have not been released, so only ranking commanders overseeing the operation could be identified if Turkey follows through with the legal action.

The full text of the U.N. report, which was leaked on Thursday, was delivered to Secretary-General Ban Ki-moon's office on Friday and will soon be officially published, U.N. spokesman Eduardo del Buey told reporters.

Del Buey would not comment on the contents of the report before its official release, though he said one purpose of setting up the U.N. inquiry headed by former New Zealand Prime Minister Geoffrey Palmer was to bring Israel and Turkey closer together.

However, Turkey's expulsion of Israeli diplomats and determination to pursue legal action suggested that the Palmer Report has only deepened the divide between Ankara and its one-time ally.

"Turkey challenges certain conclusions of the Palmer Report, which we believe will not serve the goal of stability and peace, particularly in our region," Turkey's embassy said.

"Turkey also reaffirms that relations between Turkey and Israel will not normalize as long as Israel does not apologize and refuses to pay compensation for what it has done."

The statement reiterated Ankara's view that the Israeli blockade of Gaza was illegal.

Israel rejects the conclusion that the Israeli military used excessive force during the raid on the Mavi Marmara, the largest in a flotilla of six ships that the crew said were delivering aid to Palestinians in Gaza.

The report's release had been delayed repeatedly to allow for ultimately fruitless rapprochement talks between Israel and Turkey, whose relations were chilled by the incident on May 31 last year.

The report was originally expected to be completed in February. But Turkey and Israel were never able to agree on what happened and what the conclusions of the report should be, diplomats and U.N. officials said. As a result, one U.N. official said, the report is not a "consensus document."

 やはり、パーマー報告書は、事件の調査報告としては、初めからその正当性を疑われてしかるべきものだったらしい。

アーカイヴ:Free Gaza:速報(09月02日)

関連記事:「イスラエルが小艦隊攻撃への訴訟と戦うチーム形成」Occupied Palestine
2011年09月02日
OCCUPIEDPALESTINE

被占領エルサレム、 (PIC)– イスラエルは、国際犯罪法廷で、その軍事参謀に対する訴訟の可能性と戦う特別弁護団形成を決定した。

(略)
posted by mizya at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。