2011年09月05日

報告:イスラエルが8月に親-パレスチナ活動家15人を逮捕、30人を強制送還

2011年09月03日

パリ、(PIC)-- 親-パレスチナ活動家に反対する煽動の波で、先月、15人ほどの活動家が逮捕され、30人が強制送還されたと、フランス人権集団は、8月末を締めくくる報告で述べた。

報告は、過激派イスラエルグループが、ヨーロッパの反-アラブ、反-ムスリム組織から支持を受ける、シオニストロビーにより主導される「煽動キャンペーン」と呼ぶものの陰にあると述べる。

報告は、先月「小艦隊」に加わった親-パレスチナ(活動家)が、テルアヴィヴで逮捕されたばかりでなく、また、彼らの仕事から解雇され、彼らの写真が「これらは敵… 反-ユダヤ主義の支持者」のコメントと共にフェイスブックに掲載されたと付け加える。

シオニストロビーとイスラエル外務省は、親-パレスチナ活動を禁止するよう、多くの国に圧力をかけてきたと、声明は述べ、イスラエル軍が、先月のみで、外国人活動家15人を別々の場所で逮捕し、彼らを厳しい状況の尋問下に置き、彼らが被占領パレスチナ領域に入るのを阻んだと指摘する。

それ(イスラエル)はまた、エルサレムや西岸のいたるところで逮捕され、彼らが安全への脅威を引き起こしたと語り、領域(被占領地)に入るのを妨げられた、活動家30人を強制送還した。

組織は、親-パレスチナ活動家に対する危険な増大に関して、それがパレスチナ人を孤立させ、彼らに非人道的政策を課す企てと呼び、深く懸念されると述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ小艦隊:トルコがイスラエルを国連法廷に

2011年09月03日

トルコは、国際司法法廷 (ICJ) で、イスラエルのガザ封鎖に異議を申し立てると語った。

それは、昨年の、トルコ人9人が殺された、ガザに向けた船に対するイスラエルの行為以来、国家間緊張の最新のあらわれである。

Ahmet Davutoglu外務大臣は、イスラエルのガザ封鎖を合法的安全措置とした国連報告の調査結果を、トルコは受け入れないと語った。

(略)

「裏書きされない」報告書

国立Turkish TVで話して、Davutoglu氏は、元ニュージーランド首相、ジョフリー・パーマーと元コロンビア大統領、アルバロ・ウリベにより作成された国連報告が、国連によって裏書きされておらず、したがって、拘束されないと語った。

「拘束力があるのは、ICJだ」と彼は続けた。 「これは、わたしたちが言っていることだ:ICJに決めさせよう」。

(略)

イスラエル外務副大臣、Danny Ayalonは、彼の国が謝罪することは何もないし、トルコとの危機を回避するためできることをすべてしたと主張した。

(略)

「不当な」武力

(略:既掲載記事参照)

国連調査(パーマー報告:訳注)は、イスラエルの海上封鎖が「海によるガザへの搬入から武器を妨げるため、合法的安全措置として課し、その実現は国際法の要件に従う」と認めた。

それ(パーマー報告:訳注)は、イスラエル軍が「乗客の一集団から、著しい組織された暴力的抵抗」に直面し、したがって、彼らの自衛のため武力行使しなければならなかったと述べた。

しかしまた、それ(パーマー報告:訳注)は、「封鎖区域から遠く離れ、乗船直前の最終警告なしに、そうした相当の武力で」船に入るイスラエルの決定を「過度で不当」と述べた。

報告は「死去した殆どが、後部、あるいは近距離を含み、複数回撃たれたことを示す法的証拠」に言及した。

全文:BBC
posted by mizya at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連小艦隊報告がガザで怒りの反応を引き起こす

2011年09月03日土曜日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ行き支援小艦隊へのイスラエルの致命的爆撃の国連報告は、ガザ回廊で怒りの反応を引き起こした。

木曜日に公表された報告は、イスラエルのガザの海上封鎖を合法としたが、市民9人が殺された2010年5月の事件で、特攻隊が過度の武力を行使したと認めた。

(略:既掲載記事参照)

ガザ住人、ジャマル・ザーラは、ガザ回廊の非武装住民のように包囲された人びとは世界にいなかったと、Ma'anに語った。

「病院に薬を持たず、移動が制限されるのに、封鎖がどうして合法であり得るのか?」

(略)

一方、封鎖に反対する民衆委員会報道官、アリ・ナズリは、国際法とは「ガザの人びと170万人を封鎖し飢えさせ、彼らから薬品や人道的必需品を奪うことを許すのだろうか?」と、尋ねた。

(略)

ガザの政治評論家、タラル・ウカルは、報告が「政治的で、専門性を欠き、国際法に反し、ガザへの封鎖を違法とした国連職員による以前の言明に矛盾する」と語った。

パレスチナ人権センター所長、ハムディ・シャクーラは、パーマー報告が「政治的動機から生じたもので価値はない」と語る。

「わたしたちが関心を持つのは、封鎖が違法で、パレスチナ住民に対する集団懲罰とした国連人権理事会のもの」と、シャクーラは付け加えた。

(略:アムネスティ・インタナショナルと、イスラエル組織、移動の自由のGisha Legal Center)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。