2011年09月18日

占領当局が入植地拡張のため西岸の土地没収

2011年09月16日

ナザレ (PIC) -- Peace Now運動は、金曜日、占領当局が、西岸北部で、入植地二つのため、100ヘクタール以上を没収したと発表した。

占有当局は、ラマッラの北、アル-マズラ、アル-ジャネイア、カルユートの村々が所有するその土地が、占領支配下の公有地となる命令を発行した。

(Peace Now)運動は、占領当局の措置が、行き当たりばったりの入植地、HarishaとHaovilの解体を裁判所に求めた、運動によりなされた申請への否認を目的とすると語った。

Peace Nowの入植地監視プロジェクトの代表、Hagit Ofranによれば、耕作に適していないとの口実での土地没収は、入植地、HarishaとHavoilに合法性を与える企てであると語った。

Peace Nowによれば、2001年以後、西岸で、占領当局の許可なしで100を超える入植地が建設された。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナの土地に建設された入植地住宅を遡って承認

2011年09月16日

国は、最大の西岸入植地のひとつ、Ofraの建設に反対するパレスチナ人による訴えに、入植地管轄権を法的に定義する計画立案を命じることで、応答した。

Chaim Levinson

イスラエルは、木曜日、西岸入植地最大のひとつで、パレスチナの個人の土地に建設された構造物を遡って合法化するだろう自治体計画開始を発表した。

西岸最大の入植地、Ofraに3種類の土地がある:入植地原型区画の土地;ヨルダンにより接収された土地;そして、もっぱら公的構造物建設のため選定されたイスラエルにより接収された土地。

Ofraの構造物の58%以上は、実際潜在的建設計画を遅らせた、パレスチナの個人の土地に建設される。

しかしながら、Ofraにさらなる建設をさせる企てで、国は、木曜日、パレスチナの個人の土地であろうと、過去の建設計画に遡って承認するだろう法的趣旨の、Ofraのための管轄権計画を立案していると、高等裁判所に告げた。

(略)

私有地へのさらなる建設に反対する法廷闘争で、パレスチナ家族を支援するDror Etkesは、動きは「入植者らと国が、Ofraが建設された土地に関して何年も維持しようと企ててきた煙幕を、直ちに取り除いた」と語った。

「入植者らが支配を取った何千ドゥナムのうち、数十ドゥナムばかりが実際に購入されたことは明らかだ。残りは、まさしくその所有者から略奪された」と、Etkesは付け加えた。

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。