2011年09月26日

ネタニアフは平和を回避する機会を逃さない

2011年09月23日

ビビ(ネタニアフ)の最も華々しいスピーチさえ、彼が皆をだまそうとしているという苦い事実を変えないだろうし、彼が支配する国はまだロープに追いつめられたままだ。
Yoel Marcus

イスラエル政治家、Abba Ebanによる、パレスチナは機会を逸する機会を決して逸しない、とのコメントは非常にポピュラーで - イスラエルでばかりでなく - 米国国務長官、ヘンリー・キッシンジャーさえしばしば引用した。今やそのジョークは、我々の上にある。イスラエルは、合意の機会を逸する機会を逸しない。ほぼ2年前、Bar-Ilan演説で、ベンヤミン・ネタニアフ首相は、2つの民族のための2国家を宣言した。しかしそれ以来、彼は、その実現のため、指一本動かしてこなかった。現実を変えることができる、策略もなければスピーチもなければ操縦もない:彼は、議会の最大の支持で首相であり、クネセトで彼が通過できない妥協の決定はなかった。

彼は、困難と障害にも拘らず、そのようになし得た合意に到達したかったか。しかし、彼には、大イスラエルを放棄することを許さない100歳の父親、合意への道を取らせない妻、そして領域放棄を伴う決定に反対する政治的環境がある。

(略)

パレスチナの操縦は空から落ちなかった。それは、あまりに遅くなる前に、扱うことができたかもしれない。我々が、世界で起こる我々に対する革命に気づかなかったなんてありえるだろうか? パレスチナ自治政府議長、アブ・マゼン(マフムード・アッバス)が、我々を壁に追いつめ、そして今ワシントンで、彼はまだその銃身に弾丸の半分を持っていると、我々が気づかなかったなんてありえるだろうか? 我々が防毒マスク配布に忙しく、テルアヴィヴにも降りかかるかもしれないミサイルの可能性に準備をしている間、ラマッラで彼らは、通常の市民生活を準備をしている。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプト外相:イスラエルは終わりなき交渉を望む

2011年09月25日

アリ・アムルが、「パレスチナ国家設立は、二国家に基づく公正な和平を達成する唯一の道」と語り、パレスチナ国家承認を求める。
Shlomo Shamir

エジプト外務大臣、モハメド・カメル・アリ・アムルは、土曜日、国連総会へのスピーチで、世界の国々にパレスチナ国家を承認するよう求め、イスラエルを攻撃した。

(略)

彼は「わたしはここ、みなさんの前に、新エジプト、新時代を選んだエジプトの代表として立っています」と語り、スピーチを始めた。しかしながら、エジプト大臣は素早く、反-イスラエルのレトリックに切り替えた。

アリ・アムルは、「パレスチナ国家設立は、二国家に基づく公正な和平を達成する唯一の道です」と語り、国連加盟国すべてに、パレスチナ国家を承認するよう求めた。彼はそして、彼によれば、国際社会を無視し、入植地拡張政策を継続し、ガザへの封鎖を容赦なく継続し、暴力的に民間人を攻撃し、継続的に国際法を犯すイスラエル攻撃に移った。

彼は、イスラエルが東エルサレムと西岸に建設を続ける一方で、和平を交渉するのは道理に反すると付け加えた。

アリ・アムルは、「独立、自由、1967年ラインに基づく聖なるエルサレムを首都とする主権国家を含む、その権利を未だ否定される」パレスチナ人民へのエジプトの支持を表明した。彼はそして、果てしない交渉に私心あるとイスラエルを非難した。彼は、エジプトが「すべての論争問題」に最終合意を見いだす努力で、イスラエル占領に終止符を打つため、作業し続けるだろうと主張した。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。