2011年09月28日

イスラエル人口が新年祭前夜780万

2011年09月26日

およそユダヤ人590万人、アラブ人160万人が、来るユダヤ暦新年に向けイスラエル人口の大多数を構成する。
Moti Bassok

ユダヤ暦5772年新年前夜、イスラエル人口は、7,797,400人、ユダヤ人5,874,300人、アラブ人1,600,100人、他に帰属の民族(その殆どはユダヤ人として登録されない旧ソ連からの移民)323,000人、と、日曜日、イスラエル中央統計局により公表の調査は示した。

(略)

2010年、ユダヤ人人口成長率1.7%、アラブ人コミュニティ2.5%、他に帰属の民族1.7%だった。ムスリムコミュニティの成長率は2.7%、クリスチャンコミュニティ0.9%、ドゥルーズコミュニティは1.8%だった。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国がイスラエル入植地停止を会談の条件とすることに反対

2011年09月27日
出所:Reuters // Reuters

エルサレム、9月27日 (Reuters) - イスラエル駐在米国大使は、和平交渉再開前に、イスラエル入植地建設停止を求めるパレスチナへのワシントンの反対を、火曜日、イスラエルに再断言した。

(略)

全文:AlertNet

 また、ヤコヴ・ラブキン教授、「たとえば、あなたと私が、1枚のピザを分け合う交渉をしているとしましょう。交渉のまっ最中に、私はそのピザを食べ続けている。あなたの取り分は、ほとんど残らない。今は、ちょうどそんな状況です。」NHKのインタヴュに応えて。
 イスラエルが食べ続けて、残らないピザを分ける交渉にどんな意味があろう。
posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Associated Pressがアッバス演説の事実照合をしくじる

2011年09月26日月曜日
Roi Maor

APは、国連でのアッバス演説の事実照合を試み、イスラエルの議論点への不十分な支持で、彼を非難して終えた一方、AP自身、一連の当惑させる事実誤認をしている

一般的にわたしは、こう尋ねる人たちに共鳴する:「すべての話が『事実照合』の話であるべきとは限らないのではないか?」それでもなお、イスラエル・ジャーナリズムの頻繁な読者として、小さな支持を感謝し、英語メディアのジャンルの存在を評価すべきだ。しかし、事実を調査しないより悪い唯一のことは、自身誤っているのに、あえてそうすることである。それが、マフムード・アッバスの国連演説の事実照合を試みて、Associated Pressに起こったことだ。

前置きは控えめに言っても不運だった。APは、アッバスが「イスラエルにより異議を唱えられる語りを提出した」と主張した。通信社はそして、彼の主張のいくつかに「反論」を提示した。事実照合者は最低限、「事実」の定義を理解すべきである。事実は、論争する党派すべてに支持される主張でもなく(さもなければ、事実照合自体、不必要となろう)、また、反論なしの論争でもない(同上)。それは真実とする主張に過ぎない。APが、イスラエルの「語り」は常に真実と含意するのでないなら(ネタニアフ演説の相当する事実照合の脱落により、支えられた印象)。

驚かないが、彼らの主張に反し、APは、アッバス演説に、ひとつとして「事実として正しくない」声明を見つけることができなかった一方、彼ら自身の道半ば、かなり多数の「事実として正しくない」主張をしている。

占領:アッバスは、パレスチナ人が「世界で唯一の占領」下で生きると語った。APは、他の集団も、彼らが占領されていると語ると主張する。それら集団すべてはしかしながら、その圧制者により、公式に併合された領域に住み、また、彼らの生活を支配する国家の市民である。パレスチナ人は他方、軍令下に生き、市民権を持っていない。イスラエルは、彼らに責任を持つことも支配を手放すことも拒絶する。それが、世界で唯一の占領とするものである。

囚人:アッバスは、イスラエルにより捕われるパレスチナ人を「良心の囚人たち」と看做す。APは、その異様な方法に従い、これら囚人を暴力的危険人物とするイスラエルの視点に言及することにより、これに「反駁する」。しかし、事実は何か?(略:政治囚についての記事はboycottilでかなりの数、取上げているので)

聖地とガザへのユダヤ人コネクション:APは、基本的に、イスラエルの議論点をおうむ返しに言わなかったとアッバスを非難し、彼が語った不正確を何ひとつ見いだせない。

和平会談:アッバスは、パレスチナ人が「平和を信じる」と語った。APは、パレスチナが2つのイスラエル和平提案を拒絶したと述べる。それだけでそれは、出来事の非常に不正確な記述であるが、大丈夫:驚くことに、APは、2008年、同じ交渉で、イスラエルもまた、アッバスの提案を拒絶したと述べることを怠る。

入植地:APは、アッバスが語ったことに何も反駁せず、結局実際、彼の視点を強化する。

全文:+972

 APはさておき、イスラエル国内を含め多くの批評家、ライターが、ネタニアフ国連演説がどれほど嘘で塗り固められたものか書いている。APは逆に、アッバスのそれがない、と考えたのだろう。通信社としては見苦しい「思いつき」、しかしAPなんて所詮こんなもの、ニッポンの新聞は頻繁にAP伝を伝えるが、わたしは信用しない。
posted by mizya at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。