2011年10月21日

解放された囚人が刑務所で過ごした数十年を思い返す

2011年10月20日

151047_345x230.jpg
解放された囚人、イスラエル刑務所で、イスラエル兵、ギラード・シャーリトとの取引で解放された他のパレスチナ人の誰より長い33年服役した、ナエル・バルグーティ、53歳が、ラマッラに近いコバル村で、やはり解放されたファクリ・バルグーティア(中央)と子どもに挨拶する、10月19日。(Reuters//Mohamad Torokman)

ラマッラ (Reuters) -- イスラエル刑務所で33年以上を過ごし、火曜日に解放されたナエル・バルグーティは、解放される希望を捨てなかったと語った。

「拘束された最初の日から、わたしは常に、ある日、誰かがわたしを解放するために働くだろうと、解放されると期待した。政治は、わたしたちの解放に失敗したが、他の政策が、わたしたちの解放を実現した」と、バルグーティは、水曜日、Reuters Televisionに語った。

他のパレスチナ人誰より長く服役した、バルグーティは、イスラエルとの捕虜交換で解放され、ラマッラに近いコバル村の彼の家族と再会した。

(略)

自由の最初の夜を思案して、バルグーティは、刑務所での長い年月、彼に与えられなかった単純な喜び、彼が夜空にのみ込まれたと語った。

「わたしは、鉄条網越しでなく、空を見ることができた。わたしは月と星を見た。そのようなものを見たいと望むのが、人間の願望だ。わたしが何年も失った喜びだ」と、バルグーティは語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 解放された政治犯の、このような多くの物語が届いているが、それは多分、翻訳しないだろう。ナエル・バルグーティ、投獄中、2004年に父親が、2005年に母親が死んだ、彼のこの物語で、代表させるということで... 他の記事も多いので。


posted by mizya at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東エルサレムでの住宅活動は国際法違反:日本

2011年10月20日木曜日

東京- (PanOrient News) 日本政府は、今日、東エルサレム、Givat Hamatosに、新住宅2,610戸を建設する、イスラエル政府計画を遺憾に思い、そのような入植活動は、国際法違反であると語った。

東京の外務省により発表された声明は、「国際社会が、イスラエル・パレスチナ両党派に、和平のための直接交渉を再開するよう促している時に、イスラエル政府が、未だ入植地建設を進めている事実が、国際社会による進行中の努力に反する」と述べた。

(略)

全文:PanOrient News

 昨夜の「報道ステーション」が、カッダフィ大佐の捕獲、あるいは死亡の不確実を伝えていたとき、朝日新聞の解説員だろうか、コメンテータが、カッダフィの、外国人傭兵に自国民を殺戮させた所業に言及した。この言葉に直結してわたしがイメージしたのは、ニッポン政府の棄民政策、ことさら、フクシマの避難地区を解除して、そこに人びとを戻そうとしていることだ。

 ニッポンメディアで、例えば中国の高速鉄道事故の報道が含む、経済成長を急ぐあまりの無理に対する「侮蔑」のニュアンス、ニッポンは違う、と言わんばかりのニュアンスを見過ごすことはできない。本当に、ニッポンは違うのだろうか。外国で、ニッポンがどのように報道されているか、想像してみたことはあるだろうか。ドイツメディアが、東京電力のフクシマ原発事故で働く作業員を取材した番組がある。ニッポンメディアでは何故報道されないのだろう。ニッポンは、中国を「嗤う」ことができるだろうか。


sievert311

 ところで、ニッポン外務省、アジアの一国として、蹂躙されるアジア、ヨーロッパの「ユダヤ人問題」の、いわば「捨て場」とされたアジアの一国(あるいはアジアの「大国」)として、ヨーロッパや米国の言葉をなぞったようなイスラエル批判しかないのだろうか。内実がないのだ。
posted by mizya at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

ハマース官僚が交換取り引きは「イスラエルによるガザ包囲解除と前-囚人を追求しないことを含む」と主張

2011年10月19日水曜日

イスラーム抵抗運動(ハマース)の政治局副局長は、イスラエルと合意した捕虜交換取り引きが「ガザ包囲解除と前-囚人を追求せず起訴しないことを含む」と語った。ムーサ・アブマルズークは、地元報道機関「Palestine」にコメントした。

「これは、ドイツ仲裁者との議論で明らかにされた」とアブマルズーク氏は語った。「わたしたちが封鎖解除に関して話したとき、それは、ギラード・シャーリト解放の文脈の中で強調された」。彼はまた、被占領西岸に解放の前-囚人たちの何人かが、まだ、定期的に地方警察署で署名しなければならないといった、彼らに課される安全条件下にあると指摘した。イスラエルとの合意の一部は、そのような前-拘束者たちが、過去にやったかもしれないいかなることでも、再び、再逮捕や起訴されないだろうということだ。

(略)

全文:Middle East Monitor

関連記事:「イスラエルが西岸の解放された囚人を取り戻すと脅す」The Palestinian Information Center

2011年10月19日

ラマッラ、(PIC) -- イスラエル占領当局 (IOA) は、解放されたパレスチナ囚たちに厳しい安全措置を課しており、彼らがその命令に従わなかったとの事件で、新たに逮捕すると脅した。

ヘブライ語日刊紙、Yediot Ahronotは、水曜日、イスラエル治安当局筋が、西岸の解放された囚人の殆ど半分は、彼らの解放前、誓約に署名したと語ったと伝えた。

これら誓約は、彼らの何人かに、故郷に何年も留まることを強要し、一方他の者たちは、少なくとも月に一度、軍調整・連絡管理職に出頭することを強いられたと、情報筋は付け加えた。

彼らは、解放の囚人たちが応じなければ、彼らは逮捕され、終身刑だったとしても、完全な服役に戻されるだろうと語った。

一方、Tadamun人権財団は、IOAが、解放された囚人の妻が、カタールに追放された中の夫に会うため、ヨルダンに発つのを妨げたと語った。

ナブルスの東、ベイトダジャン村のアブドゥル・ハキム・ハニーニの妻が、彼女の夫の両親と彼女の子ども3人が認められた一方、ヨルダンに渡ることを許されなかったと、人権財団は語った。
posted by mizya at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連がパレスチナ人拘束者の運命に懸念

2011年10月18日火曜

ジュネーヴ (Reuters) -- 国連は、火曜日、イスラエル兵、ギラード・シャーリトと交換で解放されたパレスチナ人拘束者の何人かが、違法な強制移送を構成する、行く場所のいかなる選択も与えられなかったことに、懸念を表明した。

国連人権高等弁務官、Navi Pillay事務所は、解放を歓迎したが、西岸のパレスチナ囚の何人かが、ハマース支配のガザ回廊か外国に解放されるとの報道に言及した。

国際人道法の下、戦争拘束者を強制的に移送したり、彼らの意志に反して他の国に追放することは違法である。

イスラエル兵、シャーリトは、捕虜の5年後、火曜日、全国的喜びの発露の中、帰宅し、彼と交換のパレスチナ囚、何百人かが、ガザ回廊で、ハマース指導者たちからキスで迎えられた。

「囚人交換合意のニュースを受け取ったことは、大きな安堵の感覚だった。わたしたちはしかしながら、西岸のパレスチナ囚、何百人もが、ガザ回廊か外国に解放されるとの報道に関し、懸念を持っている」と、Pillayの報道官、Rupert Colvilleは、質問に応じReutersに語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解放のパレスチナ囚たちが捕虜交換後トルコ・カタール到着

2011年10月19日水曜日

640x392_10811_172568.jpg
エジプト、カイロから、国外追放で住むためトルコに運ばれた元パレスチナ囚たちは、アンカラのEsenboga国際空港に到着してアスファルトにキスする。 (Photo by Reuters)

AL ARABIYA WITH AGENCIES
ドバイ/アンカラ/ドーハ

他のパレスチナ囚15人が、カタールの首都に着いた頃、1000人対1人囚人交換の部分として、水曜日早く、トルコに到着したパレスチナ人11人が、ヴィクトリーサインのVをつくったのを、TV画像は映し出した。

イスラエル兵、ギラード・シャーリトと、パレスチナ人何百人かが、火曜日、両党派間でのそうした交換で最大のひとつの交換で、反対の方向にイスラエル国境を横断した。

民間機が、男10人女ひとりを、カイロから、アンカラ駐在パレスチナ大使、ナビル・マールーフとトルコ外務省職員たちにEsenboga空港で出迎えられた、トルコの首都、アンカラに運んだ。

(略)

メディア報道は、11人がその夜をアンカラで過ごすとしたが、保安上の理由からどこかは明かされなかった。

(略)

一方、もう15人のパレスチナ囚が、水曜日にカタールの首都に到着したと、職員は語った。

解放の囚人たちは、カタールの特別チャーター機で、午前3.00(標準時 0000)、ドーハに到着し、副総理、アフマド・アブドッラ・マフムードの挨拶を受けたと、パレスチナ外務官僚は、AFPに語った。

匿名を条件に話して官僚は、パレスチナ人15人はホテルに連れられ、水曜日遅く、健康診断を受けると予測されると語った。

全文:AL ARABIYA
posted by mizya at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

囚人交換、対称とガザのイスラエルによる包囲

2011年10月17日月曜日
Michael Warschawski
Alternative Information Center (AIC)

解放されるだろうパレスチナ政治犯、女たちと男たちはすべて、イスラエル植民地占領に対する闘いで、その政治的・道徳的義務を果たした自由の戦士たちだ。他方ギラード・シャーリトは、兵士、日常的に国際法を犯し、常に戦争犯罪を犯すイスラエル植民地占領軍の兵士だった。

2日で、わたしたちは、パレスチナ政治犯1037人とイスラエル兵、ギラード・シャーリトの帰宅を祝うことができる。間もなく愛する者に会うだろう、パレスチナの何千家族のため、わたしは幸福だし、シャーリト一家のためにもまた、わたしは幸福だ。しかしながら、解放に関する幸福を越えて、対称は存在しない:解放されるだろうパレスチナ政治犯、女たちと男たちすべては、イスラエル植民地占領に対する闘いで、政治的・道徳的義務を果たした自由の戦士たちだ。他方ギラード・シャーリトは、兵士、日常的に国際法を犯し、常に戦争犯罪を犯すイスラエル植民地占領軍の兵士だった。彼の前で、イスラエル人何百人もによりなされたように、シャーリトは、彼はしなかったが、この戦争への参加を拒絶すべきだった。

イスラエルで、ギラード・シャーリトの「誘拐犯」と呼ばれたものたちは、実際、捕虜を取り、わたしたちの処理の証言すべてによれば、彼はそのように扱われた。パレスチナ政治犯は他方、シャーリトが受けたと同様の扱いを受ける夢をみてみることさえない。

(略)

問題のひとつは未決のままだ:イスラエルのガザ包囲は終るのか? これは、ハマースとの合意の一部と言われているが、ネタニアフは合意を破ることに困難を感じない;既に今、イスラエルの約束にも拘らず、女囚のすべてが解放されるとは限らないと明らかになっている。さらに、ガザ包囲の言い訳が、ギラード・シャーリト捕囚だった。イスラエルは今、新しい言い訳に何を考え出すだろう?

全文:The Alternative Information Center
posted by mizya at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマース:イスラエルがシャーリト交換取り引きの一部としてガザ封鎖解除を誓約

2011年10月18日

シャーリト取り引きでのハマース交渉団メンバー、マフムード・ザハルは、イスラエルが、ドイツ仲裁者との会談で、取り引きの一部としての封鎖解除をかなり前に合意したと、Haaretzに語った。
Amos Harel and Avi Issacharoff

ガザのハマース指導者のひとりで、シャーリト取り引きでのハマース交渉団メンバー、マフムード・ザハルによれば、ガザ回廊封鎖終結は、ギラード・シャーリト返還のための、ハマース、エジプト、イスラエル間の合意の一部だ。

イスラエルはかなり前、ドイツ仲裁者との会談でこれに同意し、それはまだ合意の一部であると、ザハルは、月曜日にHaaretzに告げた。

火曜日に解放の囚人たちに挨拶するハマース官僚のひとりであろう、ザハルは、両党派が、取り引きの一部として同意したいくつかの他の問題があると語った。ひとつは、ガザの家族が、イスラエル刑務所に収監の近親者訪問を許されるだろう。シャーリト誘拐以来、そうした家族訪問は禁止されてきた。

加えて、シャーリト解放に関する合意到達のため、ハマースへの圧力を高める目論みで、イスラエルは、パレスチナ囚人から一定の権利をはぎ取り、その指導者たちの多くを独房監禁に置いてきた。これらの措置が今や撤回されるだろうと、ザハルは語った。

最後に、イスラエルが、ガザ封鎖緩和に合意したと、ザハルは語った。

イスラエル防衛当局は、シャーリト合意が、イスラエルとハマース間の関係転機を記すと認めた。彼らは、ハマースとイスラエル間の非公式停戦の一部としてこの数か月、ガザ封鎖を緩和する様々な措置が既に取られてきたと語った。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。