2011年10月04日

警官は活動家たちを攻撃した入植者の間で確認された

2011年10月03日月曜日
Yossi Gurvitz

Anatotの攻撃者らのひとりが、入植地に住む警察取調官、Yossi Ben Arushと確認された。警察:誰か訴えるなら、国内業務が調査するだろう

入植者大集団が、2つのケースで、パレスチナ・イスラエルの平和活動家を攻撃する、異常に暴力的事件が、先週末、Anatot入植地で起こった。暴力は、活動家たちにより、十分に記録された。最初の攻撃は日中、後のは、活動家たちが抗議のため入植地に戻った夜に起こった。二番目の攻撃で、この人は顕著だった:

(画像は原文で:転載禁止がかかっているのか掲載できない)
警官で入植者、Yossi Ben Arushが抗議者を攻撃する。 (Photo: Activestills)

(略)

全文:+972


posted by mizya at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者らがヘブロン近くで「羊150頭を盗む」

2011年10月01日

ヘブロン (Ma'an) -- 武装したイスラエル入植者らが、西岸南部、ヘブロンの南の羊飼いたちから、羊150頭を強奪したと、民衆委員会指導者は語った。

民衆委員会事務局長、アズミ・ソユーヒは、Ma'anに、アッダヒリーヤの東の入植地、Shimaの居住者たちが、ファリス・サマムラ所有の羊を盗んだと伝えた。

彼らは、羊飼い何人かを攻撃し、その領域に再び来るなら撃つと脅した後、羊をShima入植地に持っていったと、地域職員は語った。

一方、同じ入植地の他の居住者らが、ムーサ・サマムラ所有のオリーヴ樹10本を切り倒したと、ソユーヒは語り、入植者らが、木曜日、同じ現場で樹木45本を破壊したと付け加えた。

ソユーヒは、地元住民が、パレスチナ自治政府農務省南ヘブロン事務所所長、マジディ・アムルの参加を得て、羊の窃盗に抗議する集会を開催したと語った。

国際・イスラエル活動家たちが、集会に参加し、羊が盗まれたエリアに座り込みし、パレスチナ旗を振り、反-入植スローガンを繰り返した。抗議者たちは、その領域に入植者らにより敷設された水パイプラインを傷つけた(土地を盗むために入植者らは何を栽培するつもりだったのだろう - mizya)。

イスラエル警察と民事行政職員らが到着し、赤十字代表が介入した後、羊が解放されたとソユーヒは語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 赤十字代表の介入がなければ、「イスラエル警察と民事行政職員」が到着しただけでは羊は返ってこなかっただろう。被占領領域でこのような場合、逮捕されるのは加害者でなく被害者だ。

 先週、「報道ステーション」で「パレスチナのパレスチナとイスラエルを取材してきた」と、西岸の難民キャンプと入植地の映像を放映していた。難民キャンプの貧しさ、打って変わって入植地の縫製工場とそこで労働するパレスチナ人たち。入植地に依存して生きるパレスチナ人たち、と、視聴者の目には映ったのではないかと思う。その取材に決定的に欠けていたのは、入植地が、パレスチナ人からの強奪で建設されていることだ。にも拘らずご丁寧に、「我々がやって来たのでパレスチナ人たちも文化的になってきた」との、入植地に移り住んで30年ほどになるという入植者の、使い古されて垢染みた言葉を紹介していた。報道するなら問題を掘り下げて欲しいし、表面的報道しかできないなら、報道しない方がいい、と、わたしは思う。

 入植者らの文化というのは「盗み」の文化なのだ。
posted by mizya at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OCHA報告:「家屋倒壊が2011年2倍になった」

2011年10月01日(土)
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

被占領地国連人道問題調整事務所 (OCHA) は、パレスチナ家屋のイスラエルによる破壊が、2010年の数に比べ、2011年に2倍になったと報告した。

bulldozer_home_demolish.jpg

OCHAは、2010年の290棟に比べ、イスラエルが今年、パレスチナ家屋と構造物409棟を破壊した一方、去年の374人と比べ、今年、パレスチナ人804人が強制退去させられたと報告した。

報告書はさらに、昨年、入植者らにより遂行された同様の攻撃で、パレスチナ人74人が負傷させられたのに引き換え、今年始めからこの報告までに、イスラエル人入植者らにより遂行された別々の攻撃で、パレスチナ人139人が負傷させられたと指摘した。

また報告書は、昨年遂行された202件の攻撃と比べ、今年始めからこの報告日付までに、武装イスラエル人入植者らが、別々の負傷者と資産破壊に結びつく326件の攻撃を遂行したと明らかにした。

報告は、今年の始め以来、イスラエル軍により負傷させられたパレスチナ人の数が、昨年と同じ時間枠で負傷させられた194人と比べ、417人に達したと付け加えた。

2010年の最初の9か月で、パレスチナ人53人が殺された一方、イスラエル軍は、今年の始めからこの報告日付までに、パレスチナ人85人を撃ち殺した。

原文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。