2011年10月12日

カルテットがイスラエル・パレスチナに数日中に会談するよう求める

2011年10月09日日曜

ベツレヘム (Ma'an) -- 中東カルテットは、交渉を復活させる計画について議論するためブリュッセルで会合した後、「この数日」中の会談のため、イスラエルとパレスチナを招待するだろうと、日曜日、使節は語った。

カルテット代表、トニー・ブレアは、集団からの記者声明によれば、日曜の会合が「9月声明で述べられた会談進行表へのカルテットの献身を示した」と語った。

外交カルテット -- 欧州連合、ロシア、米国、国連を含む -- は、9月23日、30日以内の会談への復帰、3か月での本質的問題に関する提案、2012年末までの和平協定を提案した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 結局カルテットは、イスラエルの入植地建設停止に言及しなかった。国際社会を装いながら、実のところ、カルテットは、イスラエルの入植地建設の時間稼ぎをしているだけではないのか。なぜ「カルテット」なのか。なぜ、米国、ロシアだけなのか。国際社会はもっと広いし、世界市民の殆どは、イスラエルの入植地建設にうんざりしている。なぜそれが反映されないのか。

アーカイヴ:ファタハ官僚:カルテットは入植地を非難すべき(10月10日)


posted by mizya at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャース:パレスチナが安全保障理事会の9票確保

2011年10月11日

ベツレヘム (Ma'an) -- ファタハ中央委員会メンバー、ナビル・シャースは、月曜日、安全保障理事会の9か国が、パレスチナの国連加盟努力支持を約束したと語った。

シャースはMa'anに、「わたしたちへの投票を確認し、その姿勢をわたしたちが疑わない9ヵ国は次の通り:ガボン、ボスニア、ブラジル、インド、レバノン、ナイジェリア、南アフリカ、中国、ロシア」と告げた。

安全保障理事会6ヵ国 -- ブラジル、中国、インド、レバノン、ロシア、南アフリカ -- が、パレスチナ努力のための支援を公的に示した。

(略)

9月23日、アッバスが国連事務局長、バン・キムンに正式に提出した国連加盟要請は、数週間のうちの投票が予測される、安全保障理事会15ヵ国により調べられている。

安全保障理事会は、加盟申請のため、35日の調査期間を持つ。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 1947年、「パレスチナ分割決議」が国連で裁決されるとき、「誰かの土地を奪って別のひとに手渡すなどということが正義であろう筈もない」と、反対のための熱弁を振るったフィリピン代表は、投票直前、本国から「賛成票」を投じるよう指示を受けた。米国の恫喝の結果だった。だからまだまだ気を許してはいけない。
posted by mizya at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナがユネスコ・キャンペーンの一部として遺産サイトのリスト編纂

2011年10月10日

大臣は、パレスチナ自治政府が、ベツレヘムとヘブロンを含む20の遺跡のために世界遺産地位を求めると語る。
Reuters

パレスチナは、ひとたび、国連文化機関が完全なメンバーとして認めるなら、イエス生誕地の世界遺産地位を求め、そして同じ状態にあるイスラエル占領地にある他の遺跡も指定するだろうと、閣僚が語った。

遺物・文化に対処するパレスチナ自治政府大臣、ハムダーン・タハは、ユネスコ加盟は、パレスチナの生得権と語った。彼は、合衆国を含むいくつかの政府の反対を「遺憾」と評した。

ユネスコ委員会は、先週、国連システムでの国家としての承認のための、イスラエルと合衆国により反対されるパレスチナ進撃の一部と見なされる、パレスチナ加盟申請を加盟国の投票に付すと決定した。

「ユネスコ加盟は、公正と権利のメッセージを伝える。なぜパレスチナが、国際的システムの外に取り残されなければならないのか?」と、タハは語った。「わたしはそれを、過去20年に渡る長い努力の完成と見なす」。ユネスコ加盟がなった暁に、パレスチナは、イエス生誕の地として崇敬される、ベツレヘムと生誕教会の世界遺産地位を確実とする努力を復活させるだろうと、彼は語った。指定は、パレスチナがユネスコの正式メンバーでなかったので、今年拒絶された。

「これは、世界すべての国に与えられるツールを用いて、パレスチナがいかにその文化遺産を保存することができないかのひとつの例に過ぎない」とタハは語った。「わたしたちは、この適用を活性化するように世界遺産委員会に求めるだろう」とタハは語った。「わたしたちは、ベツレヘムの後、他の遺跡が続くだろうと期待する」。

(略)

全文:Haaretz.com

 西岸に、心置きなく入植地を建設したいイスラエルと、イスラエルに心置きなく入植地を建設させたい米国は、それは反対するよね、世界遺産に指定されたら、入植地を建設するのは難しくなるから。イスラエルが生誕教会を攻撃していたときも、世界のキリスト教徒は沈黙していたものだけれど...

アーカイヴ:ユネスコのパレスチナ加盟は氷山の一角(10月09日)
posted by mizya at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。