2011年10月19日

囚人交換、対称とガザのイスラエルによる包囲

2011年10月17日月曜日
Michael Warschawski
Alternative Information Center (AIC)

解放されるだろうパレスチナ政治犯、女たちと男たちはすべて、イスラエル植民地占領に対する闘いで、その政治的・道徳的義務を果たした自由の戦士たちだ。他方ギラード・シャーリトは、兵士、日常的に国際法を犯し、常に戦争犯罪を犯すイスラエル植民地占領軍の兵士だった。

2日で、わたしたちは、パレスチナ政治犯1037人とイスラエル兵、ギラード・シャーリトの帰宅を祝うことができる。間もなく愛する者に会うだろう、パレスチナの何千家族のため、わたしは幸福だし、シャーリト一家のためにもまた、わたしは幸福だ。しかしながら、解放に関する幸福を越えて、対称は存在しない:解放されるだろうパレスチナ政治犯、女たちと男たちすべては、イスラエル植民地占領に対する闘いで、政治的・道徳的義務を果たした自由の戦士たちだ。他方ギラード・シャーリトは、兵士、日常的に国際法を犯し、常に戦争犯罪を犯すイスラエル植民地占領軍の兵士だった。彼の前で、イスラエル人何百人もによりなされたように、シャーリトは、彼はしなかったが、この戦争への参加を拒絶すべきだった。

イスラエルで、ギラード・シャーリトの「誘拐犯」と呼ばれたものたちは、実際、捕虜を取り、わたしたちの処理の証言すべてによれば、彼はそのように扱われた。パレスチナ政治犯は他方、シャーリトが受けたと同様の扱いを受ける夢をみてみることさえない。

(略)

問題のひとつは未決のままだ:イスラエルのガザ包囲は終るのか? これは、ハマースとの合意の一部と言われているが、ネタニアフは合意を破ることに困難を感じない;既に今、イスラエルの約束にも拘らず、女囚のすべてが解放されるとは限らないと明らかになっている。さらに、ガザ包囲の言い訳が、ギラード・シャーリト捕囚だった。イスラエルは今、新しい言い訳に何を考え出すだろう?

全文:The Alternative Information Center


posted by mizya at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマース:イスラエルがシャーリト交換取り引きの一部としてガザ封鎖解除を誓約

2011年10月18日

シャーリト取り引きでのハマース交渉団メンバー、マフムード・ザハルは、イスラエルが、ドイツ仲裁者との会談で、取り引きの一部としての封鎖解除をかなり前に合意したと、Haaretzに語った。
Amos Harel and Avi Issacharoff

ガザのハマース指導者のひとりで、シャーリト取り引きでのハマース交渉団メンバー、マフムード・ザハルによれば、ガザ回廊封鎖終結は、ギラード・シャーリト返還のための、ハマース、エジプト、イスラエル間の合意の一部だ。

イスラエルはかなり前、ドイツ仲裁者との会談でこれに同意し、それはまだ合意の一部であると、ザハルは、月曜日にHaaretzに告げた。

火曜日に解放の囚人たちに挨拶するハマース官僚のひとりであろう、ザハルは、両党派が、取り引きの一部として同意したいくつかの他の問題があると語った。ひとつは、ガザの家族が、イスラエル刑務所に収監の近親者訪問を許されるだろう。シャーリト誘拐以来、そうした家族訪問は禁止されてきた。

加えて、シャーリト解放に関する合意到達のため、ハマースへの圧力を高める目論みで、イスラエルは、パレスチナ囚人から一定の権利をはぎ取り、その指導者たちの多くを独房監禁に置いてきた。これらの措置が今や撤回されるだろうと、ザハルは語った。

最後に、イスラエルが、ガザ封鎖緩和に合意したと、ザハルは語った。

イスラエル防衛当局は、シャーリト合意が、イスラエルとハマース間の関係転機を記すと認めた。彼らは、ハマースとイスラエル間の非公式停戦の一部としてこの数か月、ガザ封鎖を緩和する様々な措置が既に取られてきたと語った。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解放された拘束者すべてが今ガザとラマッラ

2011年10月18日(火)
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエルとハマース運動間の囚人交換取り引き第1段階で解放されたパレスチナ人拘束者すべては、エジプトに送られた者たちを除き、今、安全にガザとラマッラにいる。この記事は、ラマッラのマフムード・アッバス大統領と、彼の隣りに立つ、ハマース指導者、ハサン・ユーセフのスピーチを含む。

gaza_cermony.png
ガザ回廊 - 拘束者歓迎祝賀 - Still from Al Jazeera

マフムード・アッバス大統領に率いられるラマッラのパレスチナ自治政府は、拘束者の帰宅を歓迎する会議を開催し、彼らを「神と国の自由戦士」と表現した。

アッバスは、イスラエル刑務所の拘束者すべてが解放され、帰宅できるだろうことを望むと語った。

大統領はさらに、拘束者の苦痛と不屈は決して無駄にされないだろうと述べた。

(略)

アッバスの隣りに立って、ハマース指導者、ハサン・ユーセフは、アッバスのスピーチに続き、「まだイスラエル刑務所に収監される兄弟姉妹がいるので、拘束者の解放の幸福と同じだけ、わたしたちは苦しんでもいる」と述べ、パレスチナ人民は、拘束者すべての解放のため常に行動するだろうと付け加えた。

(略)

ガザで、ハマースのイスマイル・ハニーエと、運動と他の党派の政治・軍事指導者それぞれは、ガザに送られた拘束者たちを歓迎し、人民解放のための抵抗闘争と勝利達成を断言した。

一方カイロは、イスラエルが解放合意で要求したので、解放された拘束者40人が、トルコ、カタール、シリアに運ばれるため、カイロ国際空港で非常事態を宣言した。

ラマッラに繋がるBetunia検問所で、イスラエル軍が検問所を封鎖した後、住民何千人もが拘束者の帰宅を歓迎してそこに集まり、衝突が報告されたことは、言及する価値がある。

軍は、赤十字を現場から追い出した直後、住民を立ち去らせるため、廃水砲と催涙ガスを使用した。

イスラエルによりまだ拘束されるおよそ5000人の拘束者がいる;20年かそれ以上拘束されてきた何十人もがいる。

全文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。