2011年10月22日

ギラード・シャーリトに起こらなかったこと

2011年10月20日

おおプリーズ。CNNは、新たに解放された囚人の日常生活に順応する困難に関して、1967年以来、イスラエルによって拘束されたパレスチナ人75万人の誰かについて、かつてこのような記事を掲載したことがあったろうか? 

青白く、痩せて情緒的に見える、ギラード・シャーリトは、囚われて5年以上後、火曜日、家族と再開した。今、彼は、自由の生活に順応するありそうな当惑の数日、数週間、数ヵ月に直面する。

彼が経たことを、まだ誰も正確に知らない一方、他の捕虜の経験が、彼のありそうな精神状態の洞察を与える -- そして、彼は自由を得たが、他の挑戦が前方に横たわると示唆する...

ここに展望をいくつか。「彼が経たことを、まだ誰も正確に知らない」ことは、真実かもしれないが、イスラエル医師団による素早いおおまか調べで、彼が自由に歩くことができる単なる事実は、彼が経なかったことのいくつかのかなりいい考えをわたしたちに与える。

例えば、わたしたちは、彼が捕獲者により縛り上げられなかったこと、こう丸を摘出しなければならないことになるほど、ひどく邪険に打たれなかったことを知る。ベナン・オーデは、第一次インティファーダで、投石で彼を非難したイスラエル兵士らの手で、それが彼に降りかかったとき、15歳だった:。

(略:イスラエルによる拘束で、立ち直れない障害を負ったり死亡したパレスチナ人拘束者たちへの拷問の記事の数々)

それで、ギラード・シャーリトの「挑戦が前方に横たわる」ものが何であれ、その誰も、かつてCNNから同情的回顧を得ることのなかった、ベナン・オーデ、アブダッサマド・ハリザト、ルワイー・アスカルのようなパレスチナ人何千人もが直面したそれらと同様の巨大な挑戦では全くないと、わたしたちは確信することができる。彼が囚われの身に耐え忍んだものが何であれ、ギラード・シャーリトは少なくとも、ハマースの手の中でイスラエル兵士として耐え忍んだのであり、イスラエルでのパレスチナ囚人としてではなかったのだから。

全文:Lawrence of Cyberia


posted by mizya at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがヘブロン知事の旧市街入域を妨害

2011年10月20日
PNN

木曜日、イスラエル部隊は、コルドバ(クルトゥバ:以前の記事で)女子校の教師と生徒何人か同様、ヘブロン知事、カメル・ハミードが、学校の位置する旧市街に入るのを止めた。

HebronCheckpoint.jpg
イスラエル兵が、パレスチナ支配のH1と他方ユダヤ人入植地のH2にヘブロンを分断する検問所に配備される (Brendan Work, PNN)

ハミード知事は、イスラエル軍手順は「絶対に受け入れがたく」国際法および人権に反するとPNNに語った。

イスラエル軍は、1週間前、パレスチナの教師と生徒たちのコルドバ女子校到達を妨げ始めた。教師たちは、ヘブロンのH1とH2地区を分断する検問所の外で授業をすることで訴えてきた。H2は、完全にイスラエル軍により支配される。

(略)

全文:Palestine News Network

関連記事:「入植者と兵士らがヘブロン校への攻撃継続」WAFA
2011年10月20日

ヘブロン、2011年10月20日 (WAFA) – 過激派ユダヤ人入植者集団とイスラエル兵らは、木曜日、地元筋によれば、西岸南部、ヘブロンのクルトゥバ校とスシヤ校の生徒と教師たちに対し、攻撃を継続した。

クルトゥバ校長、イブティサム・アル-ジョンディは、Anat Cohen入植地の過激派入植者集団が、学校から帰る生徒たちを攻撃したと語った。副校長、フェリアル・アブハイカルが、パレスチナ住民何人かの支援を得て、生徒たちを入植者らから離そうと試みた。

イスラエル兵らが介入し、彼女(副校長)に手錠し、彼女ともう一人の住民を逮捕した。

(略)

WAFAの記者は、イスラエル兵らが、入植者らが生徒たちをその家まで全部の道のりあとをつけ、殴ったり攻撃したりすると言及して、記者たちの接近を妨げようとしたと語った。

ヤッタの民衆委員会調整官、ラテブ・アル-ジャブールによれば、兵士らはまた、ヘブロンのヤッタの東、スシヤ校を攻撃し、教師や生徒たちに立ち去るよう強いた。

(占領軍)民事行政職員らを伴ったイスラエル兵らが、学校を襲撃し、生徒の何人かを殴り、教師、生徒、修理作業をしていた労働者たちに、立ち去るよう強いたと、彼はWAFAに語った。

アーカイヴ:クルトゥバ校の教師たちは抗議を継続(10月18日)
posted by mizya at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがヘブロン地区のスペイン資金提供のソーラー発電所破壊準備

2011年10月20日木曜日
Mikaela Levin
The Alternative Information Center (AIC)

イスラエルが、ヘブロン地区、ムネイゼル町の地域ソーラー発電所の破壊を計画している。発電所は、イスラエル入植地に囲まれるこの町に電力を供給する唯一のもので、300,000ユーロほどがスペイン政府により資金提供された。イスラエルがその破壊命令を実施した場合、スペイン政府は賠償を要求するだろうか?

ヘブロンの南、70キロメートルほどの小さなパレスチナの町、ムネイゼルは、この2年半、談話、学習、夜の食事、TV映画や漫画、冷蔵庫で食糧を保存する奇跡を享受し、そして、多数の雇用可能性は、電力により開かれた。彼らは以前、このすべてを享受することができたが、オスロ合意に従って、イスラエルによる完全支配のエリアCに住むことになり、イスラエル当局は、この本質的事業を彼らに許さなかった。今、イスラエル当局は、この小さく貧しい、入植地に囲まれた、忘れられた町に、またしてもこの基本的権利を取り上げるため戻ってきた。10月11日、いわゆる軍事占領民事行政のイスラエル当局者らは、地域ソーラー発電所、バッテリーを格納する小さな建物、および近隣地元住民家屋3棟の破壊命令を発行した。

「彼らが、発電所とバッテリー建物を破壊するなら、町は電力接続のすべてを失う。これは家庭用電源を意味するばかりでなく、去年開始された、診療所、学校、小さな事業のいくつかの閉鎖を意味する」と、プロジェクトに従事するスペイン活動家、イグナシオはAICに説明した。全ソーラー発電所は、パレスチナ人個人の土地に建設され、また、バッテリーと各家庭への設置を含む建設費、300,000ユーロ近くは、スペイン政府により資金提供された。

(略)

全文:The Alternative Information Center
posted by mizya at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。