2011年10月23日

Oxfam:入植者らが農夫たちにこの収穫で500,000ドル以上失わせる

2011年10月20日木曜

151056_345x230.jpg
ナブルスに近いユダヤ人入植地、イタマルに囲い込まれてオリーヴ畑が外になったアワルタ村のパレスチナ農夫たちを護衛するイスラエル国境警官にユダヤ人入植者らが叫ぶ 10月9日 (Reuters/Abed Omar Qusini)

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエル入植者らは、西岸でオリーヴ樹を破壊し、今年、パレスチナ農夫たちに、500,000ドル以上失わせたと、Oxfamと地元組織は、木曜日、警告した。

農業委員会連合、Oxfamとパレスチナ農業救援委員会は、今年集められたオリーヴが、2010年収穫の油の半分に留まるだろうと見積もると、Oxfamの声明は述べた。

「オリーヴを燃やすことは、農夫の銀行口座を燃やすに等しい」と、Oxfam所長、ジェレミー・ホッブズは語った。

「パレスチナの100,000を越える家族が、収穫期の収入に依存する。不作なだけに、ことさらオリーヴすべてに値打ちがある」。

Oxfamは、9月だけで、オリーヴ樹2,500本以上、今年に入って7,500本が破壊されたと語る。1967年以来、オリーヴ樹、800,000本が根こそぎにされてきて、パレスチナ経済に、およそ5500万ドルの損失を与えたと、国際組織は見積もる。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 わたしはパレスチナ農業救援委員会 (PARC) のオリーヴオイルを使っている。オリーヴオイルとレモン果汁にそばつゆ、トマトを刻んで、バジル、これにゆずこしょうを加えていただくそうめんは、わたしの夏の定番。


posted by mizya at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなの息子

ウリ・アヴネリのコラム
2011年10月22日

最も分別ある - わたしは殆ど「唯一分別ある」と書いた - センテンスは、今週、5歳の少年の唇から発せられた。

囚人交換の後、利口ぶったTVリポータのひとりが彼に尋ねた:「なぜわたしたちは、ひとりのイスラエル兵士のため、アラブ人1027人を解放したのかな?」 彼はもちろん、通常の答え:イスラエル人ひとりはアラブ人1000人に値する、を期待した。

小さな少年は答えた:「ぼくたちが彼らをいっぱい捕まえて、彼らはひとりしか捕まえなかったから」。

一週間以上、イスラエル全体が興奮状態だった。ギラード・シャーリトは確かに、国を統治した(Shalitは「統治者」を意味する)。彼の写真は、北朝鮮のキム同志のように、至る所に貼られた。

(略:長いので大幅に飛ばして面白いところだけ)

今週、解放された囚人たちは、「パレスチナ戦士」、あるいは「闘士」、あるいは単に「パレスチナ人」とさえ呼ばれなかった。エリート主義のHaaretzから最も未開なタブロイドまで、すべてのあらゆる新聞とTV番組は、もっぱら「殺人者たち」、あるいはそのうえ、「下劣な殺人者ら」と呼んだ。

(略)

ギラードが、みんなの息子のように見えることは助けになった。彼は、捕獲前のスチールやヴィデオで見ることができた、愛敬のある笑顔の内気な若者だ。彼は若く見え、痩せて気取らなかった。5年後の今週、彼は、とても青白いことを除けばまだ同じに見えた。

(略)

彼の解放で、彼が、健康で鋭敏でよい状態であるように見えるのを発見して、イスラエル人は安堵した。エジプトでの途中、彼が口にした僅かなセンテンスから、彼にはラジオとTVが提供され、両親の努力について知っていた。

彼がイスラエルの地に足を踏み入れた瞬間から、彼がどのように扱われたかなど、殆ど何もでてこなかった。どこに保たれたのか? 食べ物はどうだったか? 捕らえた人は彼と話したのか? 彼らをどう思ったか? アラビア語を学んだか? 今までのところ、それについての一言もないのは恐らく、ハマースにある種肯定的光を投げかけるかもしれないから。彼は話すことを許可される前、確実に徹底的に指示を与えられるだろう。

(略)

全文:gush-shalom
posted by mizya at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。