2011年10月27日

パレスチナ自治政府:イスラエルの怠惰が入植者暴力を助長する

2011年10月25日

ラマッラ (Ma'an) -- パレスチナ自治政府は、月曜日、イスラエル政府が、暴力犯罪の責任を取らせ損なうことにより、「暴力沙汰を継続するよう暗黙に入植者らを促している」と語った。

「パレスチナ人、その資産と生計に対する、イスラエルの暴力は、イスラエル当局が、法の支配下で人びとに責任を取らせる行動を殆どしないため増加し続ける」と、政府声明は述べた。

パレスチナ自治政府は、カルキリヤ、ナブルス、サルフィト、ラマッラでのパレスチナのオリーヴ収穫に対する、イスラエル人入植者らの進行中の攻撃を批判し、そして、入植者らが、金曜日、ナブルスに近いジャルードでオリーヴを収穫する村人たちを撃ち、12歳の少年を含む4人を負傷させたと語った。

ラマッラ本拠の政府はまた、9月に西岸北部で、33歳のイッサム・カマル・オデを殺した兵士が、逮捕されていないことに言及した。

兵士の司令官が、いくつかの作戦上・訓練上の事件に続き、降格されたが軍に残るだろうと、パレスチナ自治政府は言及した。

オデは、入植者らが、ナブルス近くのクスラを襲撃したのに続き、イスラエル軍により射殺された。軍調査が、入植者襲撃に応じた発砲は判断ミスだったと語ったと、イスラエルのニュース・サイト、Ynetは報じ、司令官を移動する決定が、多くの異なる事件に続いたと付け加えた。

7人の子どもの父親、オデの殺害に関し、それ以上の行動はとられなかった。

(略)

全文(一応の警告:原文にはオデの遺体の画像):Ma'an News Agency

 もちろん、イスラエル政府は、ギャングに等しい入植者らを占領地に放つことで、更なる略奪を企んでいるとしか見えない。「入植者襲撃に応じた発砲」が、襲撃者でなく襲撃されたパレスチナ人を殺戮しているのだから、イスラエル軍もまた、入植者集団と変わらない。などと、書いてみたくなるのは、Ma'anの記事の後に続くコメント、シオニストはマメというか、ヒマというか、小遣い稼ぎなのか(コメント1件につき1シェケルぐらい払っているシオニスト団体があると思う)、説得力のない暴言を書き連ねているからなのだ。コメントは読まないように、と、自らに言い聞かせている。


posted by mizya at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4歳が撃たれて「危篤」

2011年10月26日

152071_345x230.jpg
パレスチナ政府関係者は、少女が撃たれて危篤と語った

ベツレヘム (Ma'an) -- 幼いパレスチナ少女は、火曜日遅く、被占領エルサレム、アナタ地区に近いイスラエル分離壁近くの事故で撃たれたと、パレスチナとイスラエルの職員は、水曜日、語った。

発砲の状況はまだ明らかになっていない。家族はイスラエル軍を非難したが、イスラエル軍幹部は、少女の負傷への関与を否定した。

軍は「これに関与していない」と、軍報道官は、Ma'anに語った。彼は、射撃が「イスラエル国防軍関連でない」と語った。

アシル・アララ、4歳は、遊んでいて、実弾で首を撃たれマカッシド病院に運ばれ、手術を受けたが危篤状態と、パレスチナ政府関係者は語った。

ベドゥイン・コミュニティの少女一家は、イスラエル軍キャンプに近いアナタ地区に住むと、パレスチナ自治政府報道センターは、水曜日、声明で述べた。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。