2011年11月01日

ヨルダン農夫が資産損壊でイスラエル首相を訴える

2011年10月31日

アンマン、(PIC) -- ヨルダン渓谷農夫の長、アドナン・アル-ハッダムは、彼が、国境地帯の彼らの農地に起こった火災損害のため、イスラエル首相に対する訴訟を国際法廷に、もうひとつはアンマン駐在大使に対して地元で、提出するつもりと語った。

ヨルダン新聞、Assabilは、ヨルダン渓谷地域のイスラエル占領側でのイスラエル占領軍により引き起こされた故意の火災が、彼らの側に達し、彼らの資産、広大な区域の作物と樹木に損害を与えたと、ハッダムが語ったと伝えた。

「訴訟は、繰り返されるイスラエル火災のため、その樹木、作物、施設への損害で影響を受けた農夫たちへの金銭的損害賠償を得るために提出されるだろう」と、彼は述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

 キリストが洗礼を受けたことで名高いヨルダン川の川幅は飛び越えることができるのではないかと思えるほど狭い。以前、ヨルダン川の水量に関する記事で、わたしが撮ったヨルダン川の写真を貼付したことがある。ここ


posted by mizya at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PARC:入植者らが10月パレスチナのオリーヴ樹2600本を燃やす

2011年10月31日

ラマッラ (PIC) -- パレスチナ農業救援委員会 (PARC) は、ユダヤ人入植者らが、10月、パレスチナのオリーヴ樹、2600本を燃やし、結果、パレスチナ農夫たちの損害は、およそ156000ドルと査定すると語った。

委員会は、月曜日に発行の月報で、10月、焼却か破壊のいずれかで、パレスチナ人は毎時、平均3.5本のオリーヴ樹を失ったと述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アッバス:ユネスコへのパレスチナ加盟はわたしたちの国家権を支持する

2011年10月31日

アンマン/ヨルダン、2011年10月31日 (WAFA) - マフムード・アッバス大統領は、月曜日、WAFAに、ユネスコの完全な会員資格をもたらすパレスチナへの賛成投票は、「和平のためであり、わたしたちの国家権の最前線で、合法的国民の権利を支援する国際合意を表わす」と語った。

アッバスは、国連教育科学文化機関 (UNESCO) の、パレスチナの完全加盟に賛成票を投じた国々すべてに謝意を表した。

「この投票は、誰にも反対するものでなく、自由と公正のみを支持する」と、彼は強調した。

原文:WAFA
posted by mizya at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。