2011年11月06日

イスラエルはイランを攻撃しないだろう、終わり

2011年11月03日
ウリ・アヴネリ

誰でも学校での場面を覚えている:小さな少年が大きな少年と口論する。「ぼくを止めて!」と彼は仲間に叫ぶ「ぼくが彼の骨を折る前に!」

わたしたちの政府は、このように振る舞っているように見える。毎日、すべてのチャンネル経由で、イランの骨を折りに、今すぐにも飛び立つと叫ぶ。

イランは核爆弾を製造しようとしている。我々はこれを許せない。だから我々はそれらを粉みじんにしてやるんだ。

ベンヤミン・ネタニアフは、クネセトの冬期議会開会演説を含む、無数の演説の全部でそう言う。エフード・バラク同上。自尊心あるコメンテータすべて(誰か、自尊心のないコメンテータを見たことある?)は、それについて書く。メディアは響きと興奮を増幅する。

「Haaretz」は、3人が攻撃支持、4人が反対と示す、最重要大臣7人(「安全七重団」)の写真を、その一面に派手に使う。

ドイツの諺に曰く:「予告される革命は起こらない」。戦争もまたしかり。

(略)

重んぜられる長く務めた元モサド長官、Meir Daganは、今まで聞いた中で「最も愚かしい考え」と評し、攻撃に対し公然と警告してきた。彼は、ネタニアフとバラクの計画を考慮して、それに反対する警告を義務と考えたと説明した。

(略)

さて、しばらくまじめになろう。

イスラエルはイランを攻撃しないだろう、マル。

何人かは、わたしが孤立無援に向かおうとしていると思うかもしれない。わたしが少なくても「多分」とか「殆ど確実に」とか付け加えるべきではないか?

いや、そのつもりはない。わたしは断定的に繰り返す:イスラエルはイランを攻撃するつもりはない。

ドワイト・D・アイゼンハウアー大統領が、行動を止める最後通牒を伝えた、1956年のスエズ動乱以来、イスラエルは、アメリカの前もった同意を得ることなしに、いかなる重要な軍事作戦もとることはなかった。

(略:長い)

全文:The Palestine Chronicle

 アイゼンハウアーのような気骨ある大統領は、ここ何十年も、米国に現れていない。イスラエルが、米国大統領の気骨を「ちょっと試してみようか」と思わないとも限らない。「爆撃、爆撃、爆撃」と、政府が騒ぎ立て、メディアが煽り、イスラエル国民がすっかり「その気」なってしまえば、引っ込みがつかなくなることもあるだろう。


posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧市街で聖職者たちに対する超-正統派のつば吐き攻撃が日常となる

2011年11月04日

エルサレムのアルメニア教会聖職者たちは、年配の枢機卿から聖職学生まで、ハラスメントの被害者と語る;彼らが訴えても、警察は通常犯人を探さない。
Oz Rosenberg

超-正統派の若者たちは、エルサレム旧市街の通りで慣例的に、キリスト教聖職者たちを罵ったりつばを吐いたりする。殆どの場合、聖職者たちは攻撃を無視するが、時々、彼らは反撃する。先週、エルサレム下級裁判所は、つばを吐いた男にパンチを食らわせたアルメニア聖職学生に対する起訴を無効とした。

ヨハネス・マーターシアンは、2008年5月、若い超-正統派のユダヤ人が彼につばを吐いたとき、旧市街を歩いていた。マーターシアンは、スピッター(つば吐き男)の顔にパンチを食らわせ、出血させて、暴行で告発された。しかし、予測に反して起訴を無効としたDov Pollock判事は、彼の裁決で「教会のローブで歩き回る間、何年間もつばを吐かれる侮辱を被った後、彼の顔につばを吐いた男への1発の殴打で、被告を裁判に置くことは、公正と礼儀の原則への基本的違反である」と書いた。

「ローブを着ている被告につばを吐くことが、嘆かわしい犯罪であることは言うまでもない」と、判事は述べた。

Narek Garabedianが、半年前、エルサレムのアルメニア神学校で学ぶためイスラエル(さすがイスラエル紙、東エルサレムは国際法上、被占領地であってイスラエルではない- mizya)に来た時、旧市街の通りで、超-正統派ユダヤ人により日々被るだろう侮辱行為、罵りやつば吐きを、彼は予測しなかった。

「通りで、超-正統派の男がぼくの方にやってくるのを見ると、ぼくはいつも、彼がぼくにつばを吐くかどうか自分に尋ねる」と、アルメニア系カナダ人、Narekは、今週語る。ひと月ほど前、旧市街で食料を買う途中、超-正統派の男2人が、彼につばを吐いた。つばは、彼の足でなく身体にかかった。元サッカー選手、Narekは、もう一方の頬を出さないと決めた。

「ぼくは酷く怒った。彼ら2人を壁に押し付け『どうしてこんなことをするんだ?』と尋ねた。彼らが怯えて『ごめんなさい、ごめんなさい』と言ったから、彼らを行かせた。しかし、いつもそんな風とは限らない。時々、スピッターは背中を狙う」と彼は語る。

エルサレムのアルメニア教会の他の聖職者たちは、年配の枢機卿から聖職学生まで彼らすべてが、ハラスメントの被害者と語る。殆ど、彼らはこれら事件を無視する。彼らが訴えても、警察は通常、犯人を探さない。

(略:まだ半分ほど残っているけれど)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたしたちは渓谷で建設を続ける

2011年11月03日木曜日

至る所(フランス、イングランド、アイルランド、スコットランド、コロンビア、合衆国、スペイン、...そしてもちろん、パレスチナ)からの多くのヴォランティアが、建築に加わってきた。

ヴォランティアは、夏の間、泥レンガ作りに時間の多くをさいた。今それは、強い壁とアーチを備えた、まさに大建築になっている。

このコミュニティーセンターか、あるいは他の建物建設に加わりに来てください! 占領に挑戦するすべての手は歓迎されます!

307291_185225948224093_100002100663509_439325_1893644798_n.jpg.red.jpg

原文と画像6点:Jordan Valley Solidarity
posted by mizya at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ空爆がオリーヴ林を破壊

Ruqaya Izzidien
2011年11月04日金曜日

ガザへのイスラエル攻撃のメディア報道は、被った直接的損害に焦点を当てる傾向にある。先週、爆撃は、季節がやってきたパレスチナ農夫の生計を脅かす多数のオリーヴ樹に火を放った。

ガザで先週、ガザの境界を挟んだ3日に渡る一連の攻撃で、パレスチナ人12人、イスラエル人1人が殺された。生命の損失を越えて、イスラエルの空爆はまた、オリーヴ栽培に依存するパレスチナ人の生計に、長い永続する損害の影響を与えた。10月30日日曜日、午前3時、F-16が、ガザ北部、ベイト・ハヌーンのオリーヴ林を砲撃し、40本以上を破壊し、深さ5メートル、直径10メートルの砲弾穴を残した。その家族が、50年以上農場を所有してきたスフィアン・ムーサは、説明した:「それは農場が地震に襲われたようで、今や何もない;農場も、収穫も、意味も」。

アイマン・イスマイール・ハマドは、オリーヴ林の隣りに住む。彼は「とても怖かった」と語り、家族が経験した恐怖を描写した。子どもたちと女たちは、叫び泣き始めた。何が起こったのか確かめようと見回したとき、わたしたちは、すべてが完全に破壊されたのを見いだした。F-16は何もとっておかなかった...」

(略)

全文:alakhbar english

関連記事(画像12点):「ガザオリーヴ油物語」alakhbar

フォトブログ:Ruqaya Izzidien

Olives_Blog_pic_6_0.jpg
(Photo: Ruqaya Izzidien)

ガザのオリーヴ油は、世界で最も贅沢なオリーヴ油のひとつと看做されたものだった。今日、封鎖と農地への攻撃が、量的にも質的にも油をおとしめ、以前の地位に影を落とす。(略)
posted by mizya at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。