2011年11月13日

アル-マリキ:アメリカの介入が安保理での9票獲得を妨げた

2011年11月10日
PNN

パレスチナ外務大臣、リヤド・アル-マリキ博士は、木曜日、アメリカの介入がパレスチナの国家申請で国連安全保障理事会の9票獲得を止め、金曜日の投票を追求しないだろうと語った。

アル-マリキは、ロンドン拠点の新聞、Al-Hayatに、「わたしたちは、パレスチナの申請に関して、安全保障理事会に異なる意見が存在することに驚かなかったが、わたしたちの9票獲得を、アメリカの強制が拒んだことに驚いた」と語った。

(略)

アル-マリキは、「わたしたちは安全保障理事会から9票獲得を予測していたが、投票になった場合、アメリカの抵抗がそれらの獲得を妨害するだろうことは明らかだ」と語った。

彼は、アメリカ介入の例のひとつが、アル-マリキ訪問の翌日の、アメリカ代表ボスニア・ヘルツェゴヴィナへの訪問であると語った。

「わたしたちは、国連への道が容易い仕事でないと知っていた、それは戦いだ」と彼は語った。「わたしたちは、得るまで何度でもやるだろう」。

(略)

全文:Palestine News Network

 小国を恫喝する大国、まあ、初めてのことではないから驚かないけど、ボスニア・ヘルツェゴヴィナは恫喝されたのだなあ、と、世界市民は考えるのだから、ボスニア・ヘルツェゴヴィナにとっても名誉なことでない。


posted by mizya at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィデオ:マイケル・コールマンを解放せよ!ガザを解放せよ!

2011年11月11日金曜日

パレスチナ人権支援者たちは、ガザへの人道支援航行の試み、最近のガザへの「自由の波」に参加した、オーストラリア人、マイケル・コールマンのイスラエル当局による逮捕に関するオーストラリア政府の沈黙に抗議するため、11月10日、シドニーに集まった。


peterboyle53

原文:Green Left

 反体制派だって税金を納めている。わたしも、ニッポン政府に。税金だけとって仕事をしない政府は困る。反体制派のためには仕事したくないから税金も徴収しないというのならともかく。
posted by mizya at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがまだ外国連帯活動家21人を拘束

2011年11月10日

被占領エルサレム、(PIC) -- イスラエルがまだ、ガザへの航海を試みて、イスラエル海軍船により、アシュドッド港に船2隻と共に連れて行かれたカナダ人、アイルランド人、アメリカ人連帯活動家21人を拘束していると、ヘブライ語報道機関は、木曜日に述べた。

Ha'aretzは、活動家、アイルランド人14人、カナダ人7人、アメリカ人ふたりが、ガザへの航海を再び試みないとの誓約への署名を拒絶していると述べた。

それは、彼らが、イスラエル海軍の行為を拉致と評し、公海上からアシュドッドに、武器で脅されて連れてこられたとする彼らの姿勢を譲らないと述べ、刑務所で彼らの何人かが語ったと伝えた。

新聞は、彼ら何人かが航空券購入を拒絶し、彼らの解放と、乗船していた船に戻すよう求めていると述べた。活動家たちは、彼らの国の大使たちが問題を解決するよう要求する。

原文:The Palestinian Information Center

 帰国したカナダ人活動家たちは、アイルランド大使館が自国民解放のため努力するのを見るにつけ、カナダ政府の沈黙に失望を隠せない、と、いったものかどうか、まあ、カナダ政府に期待していないに違いないから、アイルランド大使館と比較してカナダ政府を批判しているといったところ、米国活動家からの情報はまだ届いていないけれど、カナダ政府同様、何もしていないだろう、と、思う、断言してもいいのだけれど...
posted by mizya at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。